Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Word2013

表のミニツールバーにコマンドが追加

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2013では、文字列を選択した時や、表内で右クリックして時に表示されるミニツールバーに[挿入]と[削除]のコマンドが追加されました。

また、[インデントを減らす]、[インデントを増やす]のコマンドボタンが、[箇条書き]と[段落番号]になっています。

以下は文字列を選択した状態です。

文字列選択時のミニツールバー

以下は、ショートカットメニューとミニツールバーです。

ショートカットメニューとミニツールバー

Word2010と比較

下は、Word2010のミニツールバーです。

見ると、ショートカットメニューの項目も変化してますね。

Word2010のミニツールバー

ミニツールバーの[挿入]と[削除]

Word2013のミニツールバーの[挿入]をクリックした状態です。

挿入メニュー

Word2013のミニツールバーの[削除]をクリックした状態です。

削除メニュー

ショートカットメニューからの操作

また、従来通りショートカットメニューの[挿入]からも列や行の挿入ができます。

ショートカットメニューの挿入

削除も、ショートカットメニューの[表の行/列/セルの削除]をクリックして、

表の行/列/セルの削除

ダイアログボックスのメニューの中から目的の操作を選択することもできます。

表の行/列/セルの削除ダイアログボックス

ミニツールバーの非表示設定

[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリック、[Wordのオプション]ダイアログボックスを表示します。

[基本設定]タブにある[選択時にミニツールバーを表示する]のチェックボックスをオフにします。

ただし、文字列を選択したときのミニツールバーは非表示にできますが、右クリック時のミニツールバーは非表示にできません。

この設定は、ExcelやPowerPointでも同じです。

Wordのオプション

参考以下の記事でも解説しています。

ミニツールバーの非表示設定(右クリック時は表示される)

ミニツールバーとは、小さいコマンドボタンが集まったもので、範囲選択したり、右クリックした時に上部に表示されます。 ミニツールバーは、ウィンド ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.