Windows 8 & Office 2013 Office 2013

ミニツールバーの非表示設定(右クリック時は表示される)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

ミニツールバーとは、小さいコマンドボタンが集まったもので、文字列を範囲選択したり、右クリックした時に上部に表示されます。

ミニツールバーでは、書式設定を簡単に行うことができます。ウィンドウの上部にあるリボンまでマウスを移動せずにすむので効率的です。

以下は、Word2013で文字列選択したときにミニツールバーです。

範囲選択ミニツールバー

以下は、Excel2013のセルで右クリックしたときのミニツールバーです。

このミニツールバーは、Excel2010の時と変わりません。

セルのミニツールバー

ミニツールバーの非表示設定


ミニツールバーは、非表示にすることもできます。

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。

[基本設定]にある[選択時にミニツールバーを表示する]のチェックボックスをオフにすると非表示にすることができます。

注意アプリケーションごとに設定が必要です。

Office2016とOffice2019にも同じ設定がありますが、オプションの[基本設定]は[全般]という表記になっています。

Excelのオプション

参考オプションからの設定ではなく、ミニツールバーを非表示にしたい場合は[Esc]キーを押します。

ただし、ショートカットメニューを表示している場合は、ショートカットメニューも非表示になります。

キーボード[Esc]

右クリック時のミニツールバーは非表示にならない

このオプションの[選択時にミニツールバーを表示する]の設定は、文字列を選択した場合に表示されるミニツールバーは非表示になりますが、右クリックしたときに表示されるミニツールバーは非表示になりません。

オプションの設定に書いてあるとおり、選択時の設定です。

文字列を選択した場合

Excelで選択時にミニツールバーを表示するのチェックボックスがオンの場合

文字列を選択すると、ミニツールバーが表示されます。

文字列選択時のミニツールバー

Excelで選択時にミニツールバーを表示するのチェックボックスがオフの場合

文字列を選択すると、ミニツールバーは非表示になります。

設定後に文字列選択をした状態

右クリックした場合

文字列を選択して右クリックしたり、セルを右クリックしたときに表示されるミニツールバーは非表示になりません。

下は、[選択時にミニツールバーを表示する]のチェックボックスをオフにして、文字列選択して右クリックした状態です。

ミニツールバーは表示されます。

文字列を選択して右クリック

下は、[選択時にミニツールバーを表示する]のチェックボックスをオフにして、セルを選択して右クリックした状態です。

ミニツールバーは表示されます。

セルを選択して右クリック

WordやPowerPointでも同じです。

この設定では、文字列を選択したときに表示されるミニツールバーは非表示の設定ができますが、右クリック時のミニツールバーは非表示にできません。

ミニツールバーは、Office2007からの機能です。

以下の記事でも解説しています。

ミニツールバーの非表示設定(Excel2007)

関連Word2013の表のミニツールバーはコマンドが増えています。

表のミニツールバーに[挿入]と[削除]のコマンドが追加

Word2013では、文字列を選択した時や、表内で右クリックして時に表示されるミニツールバーに[挿入]と[削除]のコマンドが追加されました。 ...

続きを見る

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Office 2013

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.