Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Office2003

クリップアートについて

投稿日:2017年1月7日 更新日:

どんな文書でもちょっとイラストがあると、雰囲気が変わりますね。

手早く便利なクリップアートを使ってみましょう。

テキストの折り返し

WordやExcel、PowerPointなどで簡単に利用することができます。

初めて[クリップアートの挿入]ボタンをクリックすると、[オーガナイザにクリップを追加]ダイアログボックスが表示されます。

[今すぐ実行]のボタンをクリックすると、コンピュータ上で検索されるすべての図や写真などを登録することができます。

これは後で実行することもできますが、便利な機能ですのでぜひ活用してくださいね。

クリップアートについては、以下の記事でも解説しています。

背景画像の選択

クリップアートの図や写真などを背景として挿入した場合、いったん図形の選択を解除してしまうと、文字が手前にあって図形の選択が難しいときがありま ...

続きを見る

図を【行内】で挿入しないために既定の形式を変更

Wordでクリップアートやファイルから図を挿入する場合、貼り付ける形式は[行内]として挿入されます。 [行内]のままだと文書内に自由に図を動 ...

続きを見る

カレンダーの作り方(カレンダーウィザード)

Wordのテンプレートの中にある[カレンダーウィザード]を使うと、簡単に独自のカレンダーを作成することができます。 ウィザードなので、各質問 ...

続きを見る

予定表の作り方(A4サイズ縦向き)

Excelで、A4サイズの用紙に簡単な予定表を作成してみましょう。 印刷範囲の確認 まず、A4サイズの印刷範囲を確認しましょう。 標準ツール ...

続きを見る

画像が重なったらや、クリップアートの画像をマイピクチャにも参考になると思います。

注意現在、Microsoftのクリックアートは終了しています。

クリップアート終了の波紋

無料素材を探すなら、無料イラストなら【イラストAC】がお勧めです。

クリップアート作業ウィンドウの表示

クリップアート作業ウィンドウを表示させる方法です。

[挿入]メニューから

メニューバーの[挿入]→[図]→[クリップアートの挿入]をクリックします。

挿入メニュー

図形描画ツールバーから

または、図形描画ツールバーの[クリップアートの挿入]ボタンをクリックします。

クリップアートの挿入

【1】図形描画ツールバーが表示されていない場合は、[標準]ツールバーの[図形描画]ボタンをクリックしてください。

図形描画ボタン

【2】あるいは、メニューバーの[表示]→[ツール]→[図形描画]をクリックします。

【3】または、ツールバーをもっと簡単に表示を参考にしてくださいね。

作業ウィンドウから

作業ウィンドウから[クリップアートの挿入]をクリックします。

作業ウィンドウが表示されていない場合は、上記の【2】や【3】の方法で表示させてください。

ショートカットキーは、[Ctrl]キーと[F1]キーです。

キーボードから操作してもいいですね。

クリップアートの挿入

キーワードで検索

いずれかの方法で右側の作業ウィンドウが、[クリップアートの挿入]作業ウィンドウに変わると思います。

[検索文字列]に検索したいクリップアートのキーワードを入力します。

[検索]ボタンをクリックします。

検索

下のように[顔]で検索されるクリップアートが表示されます。

インターネットに接続しておくとたくさん表示されます。

[結果:]の下のボタンボタンをクリックすると、横長に表示されます。

こちらのほうが見やすいかもしれませんね。 元に戻したいときは同じ場所にあるボタンボタンをクリックします。

検索するキーワードを変更したい場合は、[クリップアートの挿入]作業ウィンドウの下の方にある[変更]ボタンをクリックします。

変更

クリップアートの挿入

下は、Word2003の[クリップアート]作業ウィンドウです。

横長に表示するボタンや[変更]ボタンがありません。気をつけてくださいね。

2003クリップアート

クリップアートの挿入

[クリップアートの挿入]作業ウィンドウの右端のスクロールバーをスクロールして目的のクリップアートを探します。

目的のクリップアートが見つかったら、カーソルの位置を確認して、そのクリップアートをクリックします。それだけです。

カーソルの位置に挿入されますので、カーソルの位置は必ず確認してくださいね。

クリップアートを挿入する方法は、他にもあります。クリップアートの挿入方法も参考にしてください。

挿入されたクリップアートを選択します。(クリップアートでクリックします) [図]ツールバーが表示されます。

もし[図]ツールバーが表示されない場合は、クリップアートで右クリックしてショートカットメニューの中から[[図]ツールバーの表示]をクリックするといいです。

図ツールバーの表示

テキストの折り返し

[テキストの折り返し]を[四角]に

挿入したクリップアートをどこへでも好きな位置に自由に移動させるためには、[テキストの折り返し]で[行内]以外を選択します。

ここでは、[四角]を選択します。

クリップアートの周りに文字を配置させたい場合は、[四角]や[外周]を選択してください。

テキストの折り返しについてはテキストの折り返しで解説しています。

これは、Wordの場合です。

ExcelやPowerPointでは、周りが○の状態ですので、すぐに自由に移動させることができます。

四角を選択

クリップアートの周りが○に変わります。

これで自由に好きな位置に移動させることができます。

テキストの折り返し 四角

クリップアートの移動とサイズ調整

クリップアートをポイントするとマウスポインタが、マウスポインタこのような形になります。

このときにドラッグします。

また、大きさを変更したい場合は、周りの○にマウスポインタを合わせて下のような形になったときにドラッグして調整してください。

マウスポインタの形

参考[図]ツールバーの機能については、図ツールバーで紹介しています。

ExcelやPowerPointでは、クリップアートを挿入した時点では図ツールバーは非表示になっていますので、右クリックで表示させてください。

クリップアートで右クリックして、ショートカットメニューの中から[[図]ツールバーの表示]をクリックします。

クリップアートの分解

また、クリップアートは部品ごとに分解して自分の好みに変えることができます。

グループ化の解除をするのですが、これはできるものとできないものがあるようです。

[図]ツールバーの[テキストの折り返し]で[行内]以外の選択をします。

[テキストの折り返し]を[四角]にを参考にしてください。

クリップアートで右クリックして、ショートカットメニューの[グループ化]→[グループ解除]をクリックします。

この[グループ解除]のボタンが表示されるものはOKです。

グループ解除

メッセージボックスが表示されますので、[はい]をクリックします。

メッセージウィンドウ

下のように細かい部品の集まりになります。

ドラッグして位置を変えたりできますね。

クリップアートのグループ解除

クリップアート以外の場所で一度クリックして、再度 編集したい部分をクリックします。

その部分だけを選択できます。

中央の顔の口を回転ボタンを使って回してみました。

一部分選択

回転

各パーツで右クリックして[オートシェイプの書式設定]ダイアログボックスから、色を変更したりすることも可能です。

オートシェイプの書式設定

[オートシェイプの書式設定]ダイアログの[色と線]タブから、塗りつぶしの色を赤に変更しました。

色と線

編集してみました。

大きさを変更したいときは枠線上で右クリック。

[[描画キャンバス]ツールバーの表示]をクリックして描画キャンバスツールバーを表示させます。

描画キャンバスツールバーの表示

[描画のサイズ変更]ボタンで変更できるようになります。

描画サイズ変更

クリップアートのアニメーション

クリップアートのアニメーションも面白いものがたくさんありますよ。

[クリップアートの挿入]作業ウィンドウの下にある[変更]ボタンをクリックします。

クリップアートの挿入作業ウィンドウ 変更

[結果:]の[複数のメディア ファイル形式]から[アニメーション]を選択します。

検索文字列にキーワードを入力して、[検索]ボタンをクリックします。

アニメーションの選択

クリップアートをポイントして、右側に表示される▼をクリックします。

メニューの中の[プレビューとプロパティ]をクリックします。

プレビューとプロパティ

[プレビューとプロパティ]ダイアログボックスでアニメーションを確認できます。

また [<](前へ)と[>](後ろへ)のボタンをクリックして、アニメーションを次々に表示して楽しむことができます。

プレビューとプロパティダイアログボックス

Webページやメールなどで活用するといいですね。

アニメ挿入結果

アニメ挿入結果

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 Office2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.