Windows 7 & Office 2010 Office 2010

リアルタイムプレビューの無効化

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2007からリアルタイムプレビューという機能がありますが、古いパソコンなどでは動作が重くなるようです。

リアルタイムプレビューとは

リアルタイムプレビューは、下のようにフォントサイズなどを確定する前にマウスでポイントするだけで結果を確認できる機能です。

一覧の選択肢をポイントして、設定後の結果を確認できる機能を[リアルタイムプレビュー]といいます。

貼り付けオプションのリアルタイムプレビューで確定前に結果を確認

Office2010の貼り付けオプションは、リアルタイムプレビューという機能で貼り付けを確定する前に結果を確認することができます。 貼り付け ...

続きを見る

確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。

フォントサイズ変更 リアルタイムプレビュー

動画はExcel2007です。

音声はありません。

パフォーマンスが悪いなと思ったら、この機能をオフにして動作を確認してみてください。

リアルタイムプレビューの無効化

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。

または、キーボードから[Alt]→[T]→[O]の順に押して表示します。これは、Word、PowerPointなどでも使用できます。

キーボード[Alt]→[T]→[O]

[Excelのオプション]ダイアログボックスの場合です。

[基本設定]の[ユーザーインターフェイスのオプション]にある[リアルタイムのプレビュー表示機能を有効にする]のチェックボックスをオフにします。

[OK]ボタンをクリックします。

Office2016とOffice2019では、オプションの[基本設定]は[全般]という表記になっています。

Excelのオプション

リアルタイムプレビューの機能はなくなります。

注意アプリケーションごとに設定が必要です。

リアルタイムプレビューの無効化

参考Office2007の場合は、以下のページを参照してください。

リアルタイムプレビューを無効にする(Office2007)

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Office 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.