リンクユニット

Windows8 & Office2013 Office2013

バージョン情報の確認

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2013のバージョンを確認する方法です。Office2010の時と異なるため、戸惑われる方も多いようです。
Wordで解説します。

[ファイル]タブをクリック

[ファイル]タブをクリックして、Backstageビューを表示します。
ファイルタブ

[アカウント]をクリック

メニューから[アカウント]をクリックします。
ファイルタブのメニュー

[バージョン情報]をクリック

[Wordのバージョン情報]をクリックします。
アカウント

ここでバージョンを確認することができます。
バージョン情報

参考以下の記事では、Office2003からOffice2016までのバージョンの確認方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

オフラインのヘルプはリボンのポップヒントと同じ

Office2013でオフラインでヘルプを参照する方法です。 Office2013では、Office2010のときには、Backstageビ ...

スクリーンショットにハイパーリンク

Office2010からの新機能のひとつに[スクリーンショット]という機能があります。 スクリーンショット(Office2010) [挿入] ...

ユーザー設定リストの編集

オートフィルとは、連続性のあるデータを複数のセルに一括して入力する機能のことです。オートフィルでは、独自に作成したデータをユーザー設定リスト ...

PowerPivotのスライサーの配置

Excel2010では、PowerPivotで作成したピボットテーブルには、フィールドリストに[垂直スライサー]と[水平スライサー]というの ...

ランダムな数字を生成するRandomGenerator

Excel2013以降では、無料のアドインを使用することができます。People Graphは、すでに紹介していますが、 今回はランダムな数 ...

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.