Windows8 & Office2013 Office2013

Print Friendly, PDF & Email

バージョン情報の確認

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2013のバージョンを確認する方法です。Office2010の時と異なるため、戸惑われる方も多いようです。
Wordで解説します。

[ファイル]タブをクリックして、Backstageビューを表示します。
ファイルタブ

メニューから[アカウント]をクリックします。
ファイルタブのメニュー

[Wordのバージョン情報]をクリックします。
アカウント

ここでバージョンを確認することができます。
バージョン情報

参考以下の記事では、Office2003からOffice2016までのバージョンの確認方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

関連記事

タイムラインの挿入

Excel2013の新機能です。タイムラインを使うと、日付のフィルター処理を対話式に実行することができます。 まず、Excel2013でピボ ...

スパークラインのカスタマイズ

スパークラインとは、Excel2010からの新機能で、下の画像のように1つのセル内にグラフを表示して視覚的に簡単に傾向を知ることができます。 ...

コンボボックスでレコードの抽出

Accessの分割フォームのデータシートビューには、Excelのフィルターと同じようにフィルタボタンがあり、Excelの操作と同じように様々 ...

IE10で空白ページをホームページに設定するには

IE10で起動時に空白ページを表示する方法です。 インターネットオプションの表示 ウィンドウの右上にある[ツール]ボタンから[インターネット ...

開く時にBackstageを表示したくない

Office2013では、クイックアクセスツールバーの[開く]や[上書き保存]ボタンをクリックした時に、Backstageビューを表示しない ...

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.