リンクユニット

Windows8 & Office2013 Office2013

Print Friendly, PDF & Email

バージョン情報の確認

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2013のバージョンを確認する方法です。Office2010の時と異なるため、戸惑われる方も多いようです。
Wordで解説します。

[ファイル]タブをクリックして、Backstageビューを表示します。
ファイルタブ

メニューから[アカウント]をクリックします。
ファイルタブのメニュー

[Wordのバージョン情報]をクリックします。
アカウント

ここでバージョンを確認することができます。
バージョン情報

参考以下の記事では、Office2003からOffice2016までのバージョンの確認方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

エクセルを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

テキストボックスを含むWeb保存

Excel2013でテキストボックスを含むシートを[Webページ]として保存すると、保存後のhtmファイルを開いても、テキストボックスの編集 ...

分類項目の設定

Office2013でメッセージの分類項目に色をつけて割り当てる方法です。 分類項目で色分けをしておくと、目的のメールを探しやすくなりますし ...

縦書き文書を右から左へ表示

Wordで複数ページを表示すると、既定では左から右へ表示されますが、縦書きの場合などは、右から左へ表示したいと思うことがあります。 例えば、 ...

オプションボタンのグループ化

Word2013でコントロールのオプションボタンを挿入した後、グループ化する方法です。 オプションボタンは[開発]タブにありますが、[開発] ...

透かしの挿入と設定

Wordでは、下のように文書の背景に透かし文字や画像を挿入することができます。 [デザイン]タブの[透かし] Word2013では、コマンド ...

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.