Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Office2013

画像のトリミング部分は削除して保存したほうがいい

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2013だけではないのですが、画像のトリミングをした後は、その画像を圧縮してトリミング部分を削除して保存することをお勧めします。

画像の圧縮

トリミングの方法

Wordの文書内に挿入した画像をトリミングするには、画像を選択して[図ツール]の[書式]タブの[サイズ]グループにある[トリミング]をクリックします。

トリミング

四方の隅に合わせて、または縦横の中央部分にある黒い線にマウスを合わせて、ドラッグしてトリミングします。

トリミング操作

目的の大きさになったら、[トリミング]を再度クリックします。

トリミングボタン

ここでは下のような大きさにトリミングしました。

トリミング後の画像

トリミング後の画像の保存

ここで、トリミング部分を削除しないまま画像を保存してみます。

画像を選択して右クリックのショートカットメニューから[図として保存]をクリックします。

図として保存

画像は元のサイズのまま保存されます。

画像の保存

トリミング部分の削除は画像の圧縮で

トリミング部分を削除するには、画像の圧縮をします。

その方法です。

トリミングした画像を選択して、[調整]グループにある[図の圧縮]をクリックします。

図の圧縮

[画像の圧縮]ダイアログボックスが表示されます。

図のトリミング部分を削除する]のチェックボックスがオンになっていることを確認して[OK]ボタンをクリックします。

挿入した画像が複数ある場合は、[この画像だけに適用する]のチェックボックスをオフにするといいです。

画像の圧縮

では、先ほどの同じように画像を[図として保存]してみます。

今度は、トリミングされた画像が保存されました。

画像の保存

上記はWord2013で解説していますが、他のバージョンやアプリケーションでも同じです。

参考Excelには、ショートカットメニューに[図として保存]はありません。

Excelで挿入した画像を保存するには、画像をコピーして、ペイントなどに貼り付けて保存します。

あるいは、[Webページとして保存]する方法があります。または、拡張子をzipに変更して取り出すこともできます。

参考PowerPointでは、トリミングした画像のまま保存することができますが、トリミング部分を削除しないままプレゼンテーションを保存すると、[図のリセット」で元の画像に戻すことができますので、注意が必要です。

画像を元に戻す方法(トリミング後に削除していない場合)

保存して閉じた後、ファイルを再起動してもトリミング部分の削除をしていなければ、[トリミング]ボタンをクリックして拡大することで、トリミング前の元の画像に戻すことができます。

参考ここでの画像は、Excel2013を使っています。

トリミングの再編集

トリミング操作をした後、[トリミング]ボタンをクリックして確定します。

トリミング操作

トリミングができました。

トリミング後

再度、トリミングボタンをクリックすると、元の画像を表示させることができます。

再度トリミングボタンをクリック

図のサイズとリセット

あるいは、[書式]タブの[調整]グループにある[図とサイズのリセット]ボタンをクリックすることでも元の画像に戻すことができます。

図のサイズとリセット

下のように元の画像を表示することができます。

図のトリミング部分を削除する]操作をしていない場合は、リセットすることができます。

図のリセット

もし、トリミング部分に表示されては困る内容などがあれば、必ず画像の圧縮(トリミング部分の削除)を行ってください。

忘れがちですが、気をつけたいですね。

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.