Windows10 & Office2016 Office2016

Print Friendly

直前の操作を繰り返す3つの方法

投稿日:2017年5月15日 更新日:

WordやExcel、PowerPointの操作中に操作を繰り返すことは多いと思います。直前の操作を繰り返す方法を3つ紹介します。

クイックアクセスツールバーの繰り返しボタン

WordやPowerPointには、クイックアクセスツールバーに[繰り返し]ボタンが既定で表示されていますので、それをクリックします。
繰り返し操作が行うことができる状態の時のみ有効になります。※Outlookにも[繰り返し]ボタンがあります。

下の画像はWord2016です。
Word2016のクイックアクセスツールバー

下の画像はPowerPoint2016です。
PowerPointのクイックアクセスツールバー

スポンサーリンク

Excelのクイックアクセスツールバーに繰り返しボタンを登録する方法

また、Excelの場合は、[Excelのオプション]からクイックアクセスツールバーに追加登録することができます。
クイックアクセスツールバーの[アクセスツールバーのユーザー設定]ボタンをクリックして、[その他のコマンド]をクリックします。
アクセスツールバーのユーザー設定

[Excelのオプション]にある[クイックアクセスツールバー]が表示されます。[コマンドの選択]が[基本的なコマンド]になっていることを確認して、その下のボックスから[繰り返し]を探します。見つけたら、それを選択して中央の[追加]ボタンをクリックします。右側のボックスに[繰り返し]が表示されたことを確認して[OK]ボタンをクリックします。
Excelのオプション

これでWordやPowerPointと同じように[繰り返し]ボタンを使えるようになります。
Excelのクイックアクセスツールバー

もし、ボタンの位置を変更したい場合は、再度 [Excelのオプション]にある[クイックアクセスツールバー]を表示して、右側のボックスに表示した[繰り返し]ボタンを選択して、右端にある▼▲ボタンをクリックして調整してください。画像は[繰り返し]ボタンを選択して▲ボタンを2回クリックして上へ移動させた状態です。
Excelのオプション

キーボードから[Ctrl]キーと[Y]キーを同時に押す

WordやExcel、PowerPointなどで使用できます。
キーボード

キーボードから[F4]キーを押す

WordやExcel、PowerPointなどで使用できます。
キーボード

ちなみに、MacのOfficeの場合は、[コマンド]キーと[Y]キーです。
また、Excel 2016 for Macにはクイックアクセスツールバーに[繰り返し]ボタンが既定で表示されています。
Office2016のMac版とWindows版との違いPart2

お勧め記事と広告

関連記事

差し込み印刷ウィザード

Wordで宛名ラベルを作成する方法は、宛名ラベル作成2010や宛名ラベル作成2007で動画で紹介していますが、Word2016ではウィザード ...

ダウンロードしたファイルの保存先の変更

Windows10のAnniversary Updateを実施すると、Edgeでダウンロードしたファイルの保存先を変更することができます。 ...

マクロを使ったコマンドボタンの作成

Accessで作成済みのフォームをボタンをクリックして開くようにする方法です。ここでは、マクロを作成してボタンに登録する方法です。起動時に開 ...

テキストボックス作成時にラベルを作成したくない

Accessのフォームのデザインビューでテキストボックスを作成すると、自動的にラベルも作成されてしまいます。これは、意外と面倒に思っていらっ ...

パスワードを入力してフォームを開くようにする

Accessでパスワードを入力して、パスワードが合えばフォームを開くようにする方法です。 注意ここでは、Accessのオプションでウィンドウ ...

-Windows10 & Office2016 Office2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.