リンクユニット

Google検索

Windows10 & Office2016 Office2016

ワードアートの文字(テキスト)をドラッグで大きくする方法

投稿日:2019年4月15日 更新日:

ワードアートを使って、ドラッグで簡単に文字を大きくする方法です。通常は、ワードアートの文字列の大きさは、フォントサイズを変更しなければなりませんが、一工夫するとドラッグで文字(テキスト)も大きくすることができます。

ワードアートで文字も一緒に拡大/縮小

ここでは、A4サイズの用紙に縦書きの大きな2文字をワードアートで作成します。ドラッグで大きくする方法です。

Word2016で解説しますが、ExcelやPowerPointでも同様の操作を行うことができます。

ワードアートで作成した二文字

参考以前は、ワードアートはドラッグで文字も一緒に大きくすることができました。ExcelとPowerPointは2003まで、Wordは2007まで、ドラッグで拡大/縮小を行っていました。以下の記事内のワードアートを使う方法で解説しています。

大きな一文字を印刷

A4サイズの用紙一枚に大きな一文字を印刷したいと思ったことはないですか? たとえば、一枚に[禁]、一枚に[煙]と印刷して、二枚を貼り合わせた ...

続きを見る

ワードアートの挿入

[挿入]タブの[テキスト]グループにある[ワードアート]をクリックします。

ギャラリーの中から、任意のスタイルを選択します。スタイルは後で変更することができます。

ここでは[塗りつぶし: 黒、文字色1; 影]を選択します。

ワードアートの挿入

ウィンドウの幅が大きければ、上記のように[ワードアート]と表示されていますが、ウィンドウ幅が狭い場合は、下の画像のようになっていると思います。

ポップヒントには以下のように記されています。

ワードアートの挿入

ワードアートテキストボックスを使って、文書に装飾を加えます。

[挿入]タブの[ワードアートの挿入]

参考ポップヒントでも分かるかと思いますが、ワードアートはテキストボックス文字の効果を組み合わせたものです。ですから、テキストボックスを使用しても、ワードアートと同様の操作ができます。

ワードアートの挿入については、以下の記事でも解説しています。参考になると思います。

ワードアートの挿入

Wordでタイトルなどを少し目立たせたい、またはグラフィカルな文字にしたいということがありますね。 そういう時に使うと便利なのがワードアート ...

続きを見る

文字の入力

ワードアートがカーソルの位置に挿入されます。

ワードアートの挿入

[ここに文字を入力]が反転したまま(グレイの状態)、キーボードから文字を入力します。

ここでは[笑顔]と入力します。以下の画像のようになります。

ワードアートに文字入力

ワードアートを縦書きに変更

ワードアートを縦書きに変更します。

ワードアートを挿入すると、[描画ツール]タブが現れます。[書式]タブの[テキスト]グループにある[文字列の方向]をクリックして、[縦書き]をクリックします。

[文字列の方向]で[縦書き]を選択

[変形]から[四角]を選択

さて、このままサイズ変更ボタンをドラッグしても、ワードアートの枠が広がるだけです。文字の大きさは変わりません。

これをドラッグでワードアートの文字(テキスト)も大きくする方法を紹介します。

ワードアートのサイズ変更

[書式]タブの[ワードアートのスタイル]グループにある[文字の効果]をクリックします。

そして、[変更]の[形状]から[四角]を選択します。

[文字の効果]の[変形]から[四角]を選択

ワードアートは、下のようになります。枠いっぱいに文字が広がったと思います。

ワードアート

これで、ドラッグでテキストも一緒に拡大することができます。

ワードアートの右下のサイズ変更ボタンにマウスを合わせて、右下に向かってドラッグします。

サイズ変更ボタンをドラッグ

用紙いっぱいに拡大することができます。

拡大したワードアート

参考[変形]から形状を選択して利用した場合は、ドラッグでワードアートのサイズを変更すると文字も枠線に合わせて拡大/縮小します。

スタイルの変更

[書式]タブの[ワードアートのスタイル]グループにある[クイックスタイル]から任意のスタイルに変更できます。

ワードアートの[クイックスタイル]

[書式]タブの[ワードアートのスタイル]グループには、[文字の塗りつぶし]と[文字の輪郭]もあります。

[文字の塗りつぶし]と[文字の輪郭]

[文字の効果]には、反射や光彩などのさまざまな視覚効果があります。楽しんでくださいね。

[書式]タブの[文字の効果]

また、Wordであれば[ホーム]タブの[フォント]グループにある[文字の効果と体裁]からスタイルを設定することもできます。

[ホーム]タブの[文字の効果と体裁]

参考[文字の効果]はWord2010からの機能です。

文字の効果

文字列にも効果を適用できるようになりました。 Word2010の新機能です。 文字の効果 文字列を選択して、[ホーム]タブの[フォント]グル ...

続きを見る

ワードアートの一部の文字を大きくするには

ワードアート内の大きくしたい文字のみを選択して、

文字列を選択

フォントサイズを変更します。一部の文字のみスタイルを変更する場合も、文字を選択して行います。

フォントサイズ変更

注意ExcelとPowerPointでは、[形状]から[四角]を選択していると、文字のサイズの変更ができません。

[書式]タブの[ワードアートのスタイル]グループにある[文字の効果]をクリックして、[変形]の[変形なし]を選択してください。

一度[変形なし]を選択して、部分選択でフォントサイズを変更して、その後[形状]から[四角]を選択してください。

[変形]から[変形なし]を選択

参考大きな文字を入力する方法については、以下の記事でも解説しています。

A4用紙に大きな2文字を印刷

WordでA4サイズの用紙に大きな縦書き2文字を印刷して、貼り紙を作成したい時に役立つ方法です。 ページ設定(余白) まず、ページ設定をする ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Office2016

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.