Windows 7 & Office 2010 Office 2010

上書きし忘れた(保存しなかった)ファイルの復元

投稿日:2017年1月7日 更新日:

編集後、上書きし忘れたことに気がついて慌てた経験はありませんか?

Office2010以降であれば、もしかすると復元することができるかもしれません。

ここでは、Excel2010で解説します。

まず、保存し損なったファイルを開きます。

Backstageビューの[バージョンの管理]

[ファイル]タブをクリックすると、[情報]タブが表示されると思います。

バージョンの管理]のところに[日時(保存しないで終了)]というファイルがあれば、復元できます。

バックステージビューの[情報]

参考Office2016以降は、以下のようにアプリケーションごとに異なります。

復元された未保存のファイル

バージョン管理に表示されたファイルをクリックすると、下のように情報バーが表示されます。

復元された未保存のファイル これは、コンピューターに一時的に保存されている、復元されたファイルです。

この情報バーの[元に戻す]ボタンをクリックすると、

情報バーの[元に戻す]ボタン

今度は、以下のメッセージウィンドウが表示されます。

前回保存したバージョンを選択したバージョンで上書きしようとしています。

[OK]ボタンをクリックします。

メッセージウィンドウ

参考新規ファイルに名前を付けて保存しなかった場合も回復することができます。また、保存時の設定についても以下の記事で解説しています。

保存されていないブック(文書、プレゼンテーション)の回復

Office2010では、未保存のファイルを回復することができます。 Backstageビューの[情報]にある[バージョンの管理]から操作し ...

続きを見る

また、削除してしまったファイルは、Windows7の復元機能を使って復元することができます。

上書きしてしまったファイルも復活させることができます。

削除したファイルの復元

Windows7で削除してしまったファイルを復元する方法です。 ファイルが保存されていたフォルダーを右クリックして[プロパティ]をクリックし ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Office 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.