リンクユニット

Windows8 & Office2013 Office2013

開く時にBackstageを表示したくない

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2013では、クイックアクセスツールバーの[開く]や[上書き保存]ボタンをクリックした時に、Backstageビューを表示しないように設定することができます。

Office2007やOffice2010では、クイックアクセスツールバーの[開く]、[上書き保存]ボタンをクリックすると、直接ダイアログボックスが開いていたので、Office2013で毎回Backstageビューが表示されるのは面倒に思う方も多いと思います。

クイックアクセスツールバーに[開く]ボタンを追加

まず、クイックアクセスツールバーに[開く]ボタンを表示するには、クイックアクセスツールバーの▼ボタンをクリックして、[開く]をクリックします。
クイックアクセスツールバー

クイックアクセスツールバーの[開く]をクリックすると、Backstageビューが開きます。
それから開く場所を指定して、[ファイルを開く]ダイアログボックスが表示されます。
Backstageビュー

[上書き保存]のボタンは既定で表示されています。
上書き保存

[上書き保存]ボタンもファイルに名前を付けていない場合、Backstageビューが開きます。
そして、名前を付けて保存する場所を指定して[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。
Backstageビュー

オプションの保存から設定

クイックアクセスツールバーの[開く]や[上書き保存]をクリックした時にBackstageビューを表示せずに、直接ダイアログボックスを表示する方法です。
[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。
オプション

[Wordのオプション]が表示されます。
[保存]カテゴリーにある[ファイルを開いたり保存したりするときにBackstageを表示しない]のチェックボックスをオンにします。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
Wordのオプション

これでクイックアクセスツールバーの[開く]や[上書き保存]をクリックした時に、Backstageは表示されずに[ファイルを開く]ダイアログボックスや[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されるようになります。

注意Wordで解説していますが、PowerPointやExcelも同じです。どれか1つのアプリケーションで設定すると、他のアプリケーションも同じ設定になります。

[名前を付けて保存]をクイックアクセスツールバーに登録

また、クイックアクセスツールバーに[名前を付けて保存]を登録することもできます。
このボタンは、上記のオプションの設定で[ファイルを開いたり保存したりするときにBackstageを表示しない]のチェックボックスはオフのままでも、[名前を付けて保存]ダイアログボックスが直接表示されます。

クイックアクセスツールバーの▼ボタンをクリックして、[その他のコマンド]をクリックします。
その他のコマンド

[コマンドの選択]から[基本的なコマンド]を選択して、一番下までスクロールします。
[名前を付けて保存]を選択して、中央にある[追加]ボタンをクリックします。右側に[名前を付けて保存]が表示されたことを確認して[OK]ボタンをクリックします。
注意これは、各アプリケーションごとの設定になります。
Wordのオプション

関連以下の記事でも解説しています。

Ctrl+Oで【ファイルを開く】ダイアログボックスを開くには

Office2013では、開くダイアログボックスを開くためのショートカットキー[Ctrl]+[O]キーを押すと、[ファイルを開く]ダイアログ ...

続きを見る

参考WordやExcelを起動したときにスタート画面を表示しないようにすることもできます。以下の記事で解説しています。

起動時に白紙文書や空白のブックを起動したい

関連以下は、Backstageビューについての関連記事です。

ExcelのBackstageビュー

Excel 2010 BackstageビューについてのMicrosoftの紹介ページです。 Backstageビューでは、ファイルを開く、 ...

続きを見る

Backstage View

[ファイル]タブをクリックして表示される画面を[Backstage View]と呼びます。 ファイルを開く、保存する、印刷する、保存と送信な ...

続きを見る

no image
Backstageビューとは

Office2010では、よく[バックステージビュー]という言葉を耳にされると思います。 [バックステージビューを開いて・・]と言われても、 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

Wordのマクロを全ての文書で使えるようにするには

Wordで作成したマクロを全ての文書で使えるようにする方法です。 マクロを作成した文書を表示 まず、マクロを作成した文書を開きます。そして[ ...

行を非表示のまま貼り付けるには

Excelで下のような表があって、[東京都]のデータのみを非表示にして、その表を別のシートへ貼り付けたい場合がありますね。その方法をExce ...

フォームのフィルター実行後のデータをレポートへ

Accessのフォームでフィルターを実行した後、そのフィルターのデータをそのままレポートへ出力する方法です。 分割フォームの作成 テーブルや ...

前回終了した位置から再開

Word2013で上書きした文書を開くと、右の垂直スクロールバーの横にメッセージが表示されます。Word2013の新機能です。 再開 前回終 ...

セルをダブルクリックして【検索と置換】ダイアログボックスを表示して検索

Excelでセルをダブルクリックして、[検索と置換]ダイアログボックスを表示して、そのセル内の文字列を検索するマクロです。 ワークシート名が ...

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.