リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

フォームで入力と検索

投稿日:2017年1月9日 更新日:

ExcelでもAccessの単票フォームのような形で入力したり、検索したりすることができます。
1レコードずつ表示することができ、検索も新規入力も編集も可能です。
横に長い表は入力や編集がしにくいですね。フォームに1レコードのすべてのデータが表示されていると便利です。
フォーム

クイックアクセスツールバーにフォームを登録

まず、クイックアクセスツールバーに[フォーム]ボタンを表示します。
クイックアクセスツールバーの▼をクリックして、[その他のコマンド]をクリックします。
クイックアクセスツールバー

[Excelのオプション]ダイアログボックスが表示されます。クイックアクセスツールバーの[コマンドの選択]の▼ボタンをクリックして[すべてのコマンド]をクリックします。[フォーム]を探して選択します。
Excelのオプション

中央の[追加]ボタンをクリックして、右側に[フォーム]が表示されたことを確認して[OK]ボタンをクリックして閉じます。
フォームを追加

フォームの表示

クイックアクセスツールバーに[フォーム]ボタンが追加されます。表内のセルをクリックして、このフォームボタンをクリックします。

注意フォームに表示できる項目数は、32列分までです。また、数式の編集はできません。

クイックアクセスツールバーのフォームボタン

これだけでフォームが表示されます。
タイトルには、シート名が表示され、表の見出しが並んでいます。
[次を検索]ボタンをクリックして、次のレコードに進むことができます。
次を検索

検索方法

検索するには、[検索条件]ボタンをクリックします。
検索条件ボタン

検索キーワードを入力して[次を検索]ボタンをクリックします。
参考キーワードは複数のテキストボックスに入力して検索することができます。
キーワードを入力

検索条件に合うのものが表示されます。

新規データの追加

[新規]ボタンをクリックして、新しいデータを入力することができます。

入力後、[閉じる]ボタンをクリックして、フォームを閉じます。

表の最終行に新しいデータが追加されています。

このフォーム機能については、ブログでも紹介しています。
フォームから入力

Excel2003の時は、[データ]メニューにありました。機能的には何も変わっていないようです。

フォームから入力

Accessのフォームのような形式でデータを入力する方法があります。 フォームの表示 リスト内であればどこでもいいですからクリックして、メニ ...

続きを見る

Excel2010でも紹介していました。(^^ゞ
フォームを使用する

フォームを使用する

Excel2003のときは、[データ]メニューの[フォーム]から起動できたフォームですが、Excel2010では[データ]タブの中に見つけら ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ファイルのパスをコピーする

Office2013では、ファイルのパスを簡単にコピーしたり、その保存場所を開くことができます。Office2010も、バックステージビュー ...

ワンクリックで行や列の挿入

Word2013では、ワンクリックで表の行や列の挿入ができるようになっています。 挿入マーク 列の場合 列を挿入したい位置の列の罫線にマウス ...

フォームを開く時に前回のフィルターの状態で開きたい

Accessの分割フォームでデータシートのフィルターを使って絞り込みを行います。 絞り込みの結果は下のようになります。 この絞り込んだ状態の ...

重複しないデータの個数を求める

Accessのフォームに重複しないデータの個数を表示する方法を紹介します。 下のようにフォームヘッダーのテキストに部署数の重複しない個数を表 ...

罫線なし罫線は便利

Wordの表には、[罫線なし]罫線というのがあります。これは知っておくと便利です。 たとえば、Word2013で下のような表を作成しました。 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.