Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Excel2003

入力規則でIMEの入力モードを設定

投稿日:2017年1月9日 更新日:

セルに文字や数字を入力する場合、IMEツールバーの入力モードを度々、切り替えるのは面倒ですね。

自動的に切り替わるように設定しましょう。

下のような表があります。

A列とC列、E列は、日本語入力システムがオフの状態に、B列、D列は日本語入力システムがオンの方が便利ですね。

今は、どのセルも日本語入力システムがオフの状態です。

表

データの入力規則を表示

では、列番号BとDを選択してメニューバーの[データ]→[入力規則]をクリックします。

離れた列の選択方法についてはこちらを参照してくださいね。

データメニュー

日本語入力の設定

[データの入力規則]ダイアログボックスの[日本語入力]タブをクリックします。

▼をクリックして、[オン]を選択して、日本語入力をオンに設定します。 [OK]ボタンをクリックします。

データの入力規則

同じようにA列とC列、およびE列は、日本語入力システムがオフの状態に設定します。

設定した表でアクティブセルの位置を移動させてみましょう。

A列とC列、E列は、日本語入力システムがオフの状態に、B列、D列は日本語入力システムがオンになります。

セル移動 言語バー

関連データの入力規則については、以下の記事でも解説しています。

ドロップダウンリストから入力

データの入力を簡単にするために、リストから選択して入力できるようにすることができます。 担当者や部署名など入力するデータが、決まってるいる場 ...

続きを見る

Excel2016では、より詳細に解説しています。

データの入力規則を使ってIMEの入力モードを自動切り替え

Excelでは、[入力規則]を使って入力時の日本語入力をオンにしたり、オフにしたりすることができます。 この設定を行っておくと、入力時にIM ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.