リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

タブやカンマで区切られたテキストファイルをExcelで開く

投稿日:2018年5月5日 更新日:

Excelで外部データを開くには、テキストファイルウィザードを使います。

Excelでよく扱うテキストファイルは、txt形式のテキストファイルや、[,](カンマ)で区切ったCSV形式のテキストファイルです。

テキストファイル

TXT形式のテキストファイル

以下は、[サンプル1.txt]というテキストファイルをメモ帳で開いた状態です。
TXT形式のテキストファイル

CSV形式のテキストファイル

[サンプル2.csv]というCSVファイルをメモ帳で開いた状態です。
CSV形式のテキストファイル

ここでは、タブで区切ったtxt形式のテキストファイルを開く方法を解説します。

テキストファイルウィザード

[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示させて、目的のテキストファイルを指定します。

[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示

クイックアクセスツールバーの[開く]ボタンをクリックします。
クイックアクセスツールバーの[開く]ボタン

[開く]カテゴリーで[参照]をクリックします。
BackStageビューの[開く]

参考既定であれば、[ファイル]タブをクリックしたBackStageビューが表示されますが、[Excelのオプション]で設定すると直接[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示させることができます。

以下の記事で解説しています。

Ctrl+Oで【ファイルを開く】ダイアログボックスを開くには

Office2013では、開くダイアログボックスを開くためのショートカットキー[Ctrl]+[O]キーを押すと、[ファイルを開く]ダイアログ ...

続きを見る

ショートカットキーは、[Ctrl]+[O]ですね。

[ファイルを開く]ダイアログボックスの[すべてのExcelファイル]をクリックして、メニューの中から[テキストファイル]を選択します。
[ファイルを開く]ダイアログボックス

目的のテキストファイルを選択して、[開く]をクリックします。
テキストファイルの選択

参考CSVファイルは、上記の方法([ファイルを開く]ダイアログボックスを表示して指定)で開いても、テキストファイルウィザードは起動しません。すぐにCSVファイルのデータがExcelに取り込まれてしまいます。

重要先頭に[0]がつく場合は、数値として取り扱われるため、[0]が取り除かれてしまいます。また、[1-1]や[1/2]などと入力されたものは、日付と認識されてしまいます。取り込み元のテキストのデータに先頭に0がつく文字列がないか、[1-1]や[1/2]と入力されたものがないかを確認してください。

もし、上記に当てはまるデータであれば、[外部データの取り込み]機能を使って取り込んでください。

[外部データの取り込み]機能を使って、CSVファイルをテキストファイルウィザードで取り込む方法については、以下の記事で解説しています。

テキストファイルウィザードで外部データを取り込む

Excelでは、外部からいろいろな形式のデータを取り込むことができます。[データ]タブにある[外部データの取り込み]機能を使って、テキストフ ...

続きを見る

テキストファイル ウィザード - 1/3

[テキストファイルウィザード - 1/3]が表示されます。

[カンマやタブの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ]を選択します。既定で選択されていると思いますが、念のため確認してください。
テキストファイル ウィザード 1/3

参考言語が[932:日本語(シフトJIS)]になっていることも確認してください。ダイアログボックスの下方にあるプレビューで文字化けしている状態であれば、言語を選択し直す必要があります。

これは、原因はよくわかっていませんが、時々 下のように[ベトナム語]が自動で選択されていることがあります。
テキストファイル ウィザード 1/3

この現象については、【ベトナム語が自動選択された事例】として記しています。

テキストファイル ウィザード - 2/3

[テキストファイルウィザード - 2/3]が表示されます。

[区切り文字]で[タブ]が選択されていることを確認します。[次へ]のボタンをクリックします。
テキストファイル ウィザード 2/3

テキストファイル ウィザード - 3/3

[テキストファイルウィザード - 3/3]が表示されます。

ここでは、取り込み時のデータ形式を変更することができます。

重要先頭に[0]がつく場合は、数値として取り扱われるため、[0]が取り除かれてしまいます。また、[1-1]や[1/2]などと入力されたものは、日付と認識されてしまいます。

なので、[商品コード]と[商品番号]のデータ形式を[文字列]にします。

【操作】[データのプレビュー]で[商品コード]の[G/標準]の箇所をクリックして、[列のデータ形式]から[文字列]を選択します。同じように、[商品番号]の[G/標準]の箇所をクリックして、[列のデータ形式]から[文字列]を選択します。

[商品コード]と[商品番号]のデータ形式が[文字列]に変更されたことを確認したら、[完了]ボタンをクリックします。

この[テキストファイル ウィザード - 3/3]の説明も読んでおくといいですね。

[G/標準]を選択すると、数字は数値に、日付は日付形式の値に、その他の値は文字列に変換されます。

テキストファイルウィザード3/3

ちなみに、文字列を選択せずに取り込むと以下のようになります。
取り込み元のテキストのデータに先頭に0がつく文字列がないか、[1-1]や[1/2]などと入力されたものがないかを確認してください。
データ形式を指定せずに取り込んだ場合

取り込んだテキストファイル

以下のようにテキストファイルのデータが取り込まれます。[商品コード]と[商品番号]は、文字列になっています。
データ形式を指定して取り込んだデータ

タイトルバーを見ると、下のようになっています。
タイトルバー

元のテキストはそのままにしておきたい場合は、ファイルに名前を付けて保存してください。

ファイルを開かずにデータのみを取り込みたい場合は、[外部データの取り込み]機能を使って取り込んでください。

取り込み元のテキストファイルに変更があった場合も、すぐに反映させることができて便利です。

テキストファイルウィザードで外部データを取り込む

Excelでは、外部からいろいろな形式のデータを取り込むことができます。[データ]タブにある[外部データの取り込み]機能を使って、テキストフ ...

続きを見る

参考Accessのデータを取り込む方法も解説しています。

AccessのテーブルやクエリのデータをExcelに取り込む

Accessで作成されたテーブルやクエリのデータをExcelのワークシートに取り込む方法です。 Accessのデータを接続しないで取り込む方 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

シナリオの登録と管理でシミュレーション

Excelには、[What-If 分析]ツールというのがあり、複数の異なる値を入力して結果をシミュレーションすることができます。[データ]タ ...

Officeテーマ

Office2016のOfficeテーマは、[カラフル][濃い灰色][白]の3種類です。既定はカラフルです。 アカウントから変更 Offic ...

フォームに表示されている関連付けられたフィールドを別フォームで開く

単票フォームを開いているときに、その中のフィールドについて詳細を知りたいということがあります。例えば、売上の単票フォームがあって、その売上単 ...

ピボットテーブルのフィールドリストに検索ボックス

Excel2016では、ピボット テーブルのフィールドに[検索ボックス]が追加されました。フィールドが多数がある場合は、該当のフィールド名を ...

テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率アップ)

Excelのテーブルはとても便利なものです。通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分析 ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.