リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

同じ数字が複数行に並ぶ連番(1.1.1.2.2.2)を入力するには

投稿日:2018年2月6日 更新日:

Excelで1つのセルに数字を入力して、オートフィルをかけると簡単に連番を入力することができます。オートフィルは元になるセルの■(フィルハンドル)をドラッグして、上下左右の隣り合ったセルにデータを入力します。
文字列や数値のコピーもできますし、数式を入力した場合も簡単にコピーできます。また、規則性のある連続したデータを自動的に入力できます。非常に便利な機能です。

以下の記事は、Excel2003での解説ですが基本的な操作についてはバージョンの違いはありません。

オートフィルによるデータの入力

オートフィルは元になるセルの■(フィルハンドル)をドラッグして、上下左右の隣り合ったセルにデータを入力します。 文字列や数値のコピーもできま ...

続きを見る

連続データの簡単入力

Excelで連続データを簡単に入力する方法です。いくつかの方法がありますので、目的にあった方法で入力してください。 フィルハンドルをドラッグ ...

続きを見る

ですが、下のように同じ数字が複数行に入力されている連番を入力するには、少し工夫が必要です。2個ずつ、3個ずつ、4個ずつでも同じ方法で入力することができます。

数式を使って入力する方法と、連続データを入力して昇順に並べ替える方法を紹介します。他にも方法はたくさんありますが、一例として参考にしてください。

同じ数字が複数行に入力されている連番

数式を使って入力

ここでは、同じ数字が3個ずつ並ぶ連番を入力する方法を解説します。

セル[A1]に[1]を入力します。そして、セル[A2]に[=A1]と入力します。
数式を入力

セル[A2]を選択した状態で、セル[A3]にドラッグして数式をコピーします。
ドラッグして数式をコピー

セル[A3]には、数式[=A2]と入力されます。
数式の確認

範囲選択してドラッグ

セル[A1]からセル[A3]までを範囲選択して、フィルハンドルを下方へドラッグします。
フィルハンドルをドラッグ

目的の数字になるまでドラッグします。
同じ数字が3行ずつ入力されている連番

数式の確認

数式を表示してみます。[数式]タブの[数式の表示]をクリックします。参考[数式の表示]をクリックするときは、範囲選択する必要はありません。
[数式]タブの[数式の表示]

数式は下のようになっています。
数式の表示

数式を値に変更

数式のままでは、困ることもあるかと思いますので、値に変更します。
[数式]タブの[数式の表示]をクリックして、数式の表示をオフにします。

範囲選択してコピーします。
セル範囲をコピー

そして、[ホーム]タブの[貼り付け]ボタンの▼をクリックして、[値の貼り付け]から[値]をクリックします。
値の貼り付け

参考開始番号が[1]ではなく、他の数字でも同様に同じ数字が並んだ連続データを入力することができます。また、2個ずつ、4個ずつの場合は、数式を入力するセル範囲を短くしたり、長くするだけです。

また、数式を使う方法は他にもあります。例えばセル[A1]からセル[A3]に[1]を入力して、セル[A4]に[=A1+1]と入力して、セル[A4]のフィルハンドルを下方へドラッグして数式をコピーします。

連続データを複数回入力して昇順に並べ替える方法

オートフィルによる連続データを3回入力して、データを並べ替える方法です。ここでは、同じ数字を3個ずつ並べて、数字が6までの連続データにします。

セル[A1]に[1]を入力して、セルの右下にあるフィルハンドルをセル[A6]までドラッグします。
フィルハンドルをドラッグ

そして、[オートフィルオプション]をクリックして、メニューの中から連続データをクリックします。セル[A1]からセル[A6]までに連続データが入力されます。
オートフィルオプションから連続データを選択

これを3回繰り返すか、セル[A1]からセル[A6]までを範囲選択してコピーして貼り付けしても良いですね。

入力している最後のセルへ移動するには、ショートカットキー([Ctrl]+[↓])を使うと便利です。その1つ下のセルからオートフィルで2回目の連番を入力します。ここでは、セル[A19]ですね。これを必要な回数、繰り返します。

また、コピー&ペーストで連番を続けたい場合は、先頭のセルをアクティブにして、ショートカットキー([Ctrl]+[Shift]+[↓])を使うと便利です。どんなに大きい範囲でも範囲選択することができます。データを範囲選択してコピー([Ctrl]+[C])して、データに続くように貼り付け([Ctrl]+[V])していきます。
連続データを3回入力

データの並べ替え

セル範囲を選択して、[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[昇順]をクリックします。
データの並べ替え

下のようになります。簡単ですね。
昇順に並べ替え後

参考もし、[100]や[1000]など大きい範囲の場合は、[ホーム]タブの右端にある[フィル]から[連続データの作成]をクリックして、
連続データの作成

[連続データ]ダイアログボックスから入力すると効率的だと思います。
[連続データ]ダイアログボックス

[連続データ]ダイアログボックスの使い方については、以下の記事で解説しています。

増分を指定して連続データを作成(連続した大量の日付も簡単入力)

一定間隔で増分させる連続データを簡単に入力する方法です。ドラッグ操作でもできますが、停止値が大きい場合は面倒なこともあります。[連続データ] ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

マウスポインターのカスタマイズ

Windows10でマウスポインターをカスタマイズする方法です。 既定のマウスポインターでは、私は既定のマウスポインターでは見辛く、下のよう ...

カレンダーの作成(クイック表作成から)

Wordのクイック表作成からカレンダーを作成する方法です。 クイック表作成からカレンダーを選択 まず、カレンダーを挿入したい位置にカーソルを ...

レポートのレコードを抽出して印刷

Accessのレポートでフィルターをかけて、一部の情報のみを印刷したいことがあると思います。レポートのフィルターを実行するには、レポートビュ ...

表の縞模様を1行3列おきに設定するには(新しい表のスタイルを作成)

Wordの表で縞模様は、[縞模様]ダイアログボックスの設定で列方向や行方向の縞の幅は3行、3列まで設定することができます。たとえば、下のよう ...

知らないと損をするPowerPointの文字入力4つの方法

PowerPointで文字を入力するには、以下の4つの方法があります。 プレースホルダーを使って入力 テキストボックスを使って入力 ワードア ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.