Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

増分を指定して連続データを作成(連続した大量の日付も簡単入力)

投稿日:2017年12月3日 更新日:

一定間隔で増分させる連続データを簡単に入力する方法です。

ドラッグ操作でもできますが、停止値が大きい場合は面倒なこともあります。

[連続データ]ダイアログボックスを使用して入力すると簡単です。

連続データを列方向にするか、行方向にするかの指定や、日付の単位なども指定することができます。

[連続データ]ダイアログボックス

[連続データ]ダイアログボックスの表示

[連続データ]ダイアログボックスを表示するには、まず先頭のセルに数値を入力します。

ここでは、数値1から8ずつ増加する連続データをA列に入力します。

停止値は、100とします。

セルA1に[1]と入力します。

確定後、入力したセルをアクティブにします。

ここでは、セル[A1]です。

必ず[Enter]キーで確定して、セル[A1]をクリックします。

セルA1に入力

そして、[ホーム]タブの右端にある[フィル]から[連続データの作成]をクリックします。

連続データの作成

[連続データ]ダイアログボックスの設定

[連続データ]ダイアログボックスが表示されます。

  • 範囲・・・列
  • 種類・・・加算
  • 増分値・・・8
  • 停止値・・・100

以下のように設定できたら、[OK]ボタンをクリックします。

[連続データ]ダイアログボックスで設定

A列には、以下のように連続データ入力されます。あっという間です。

連続データの作成

参考あらかじめ連続データの入力範囲を範囲選択して、[連続データ]ダイアログボックスを表示した場合は、[停止値]を設定しなくても入力することができます

範囲選択内のセルに連続データが入力されます。

範囲選択して設定した場合は、[停止値]を設定しても、範囲選択内のほうが優先され、範囲選択内を超えて入力されることはありません。

減分の場合

入力した数値から減分する場合は、以下のように設定します。

先頭セル[A1]には、[100]と入力しています。

ここでは、数値100から50ずつ減分する連続データをA列に入力します。

停止値は[-200]とします。

  • 範囲・・・列
  • 種類・・・加算
  • 増分値・・・-50
  • 停止値・・・-200

[連続データ]ダイアログボックスで設定

結果、A列には以下のように連続データが入力されます。

連続データの結果

フィルハンドルでドラッグ

ドラッグ操作で連続データを入力するには、先頭セル[A1]に数値を入力して、セル[A2]には増減分を加味した値を入力します。

そして、セル[A1]とセル[A2]を範囲選択して、フィルハンドルを下へドラッグします。

フィルハンドル

これで、連続データを入力することもできます。

連続データの入力

上記のドラッグ操作も便利ですが、停止値が大きい場合は、その操作も大変だと思います。ケースバイケースで[連続データ]ダイアログボックスで設定するのと、ドラッグ操作とどちらが効率的かを判断してください。

連続した日付の入力

日付を大量に入力する場合も、[連続データ]ダイアログボックスを使用すると便利です。

セル[A1]に開始の日付を入力します。

参考日付を入力するには、セル[A1]に[1/10]、または[1-10]と入力して[Enter]キーを押します。[月]や[日]は入力する必要はありません。

セル[A1]をアクティブにして、[ホーム]タブの右端にある[フィル]から[連続データの作成]をクリックします。

[連続データ]ダイアログボックスを表示します。

以下のように設定して、[OK]ボタンをクリックします。

参考[増加単位]は、[種類]で[日付]を選択すると、有効になります。

日付の入力

以下のようにA列に1月10日から6月30日までの日付を入力することができます。

日付の連続データ入力

また、年も表示したい場合は、セル[A1]で日付を入力した後、セル[A1]を選択して[ホーム]タブの[数値]グループにある[ユーザー定義]の▼ボタンをクリックします。

書式設定

メニューの中から、[長い日付形式]をクリックします。

長い日付形式

セル[A1]の日付は、以下のようになります。

セルA1の書式が変更された

この書式で[連続データ]ダイアログボックスを表示して設定すると、同じ書式で連続データを入力できます。

同じ書式で連続データを入力

[セルの書式設定]ダイアログボックスから設定

日付の表示形式などは、[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示しても設定することができます。

[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示するショートカットキーは、[Ctrl]+[1]です。

右クリックのショートカットメニューから、[セルの書式設定]をクリックしても同じです。

ショートカットメニューの[セルの書式設定]

[セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されたら、[表示形式]タブの[日付]を選択します。

[種類]の中に多くの形式が表示されますので、この中から目的にあったものを選択してください。

[サンプル]に表示される表示形式を見ながら、選択するといいと思います。

[セルの書式設定]ダイアログボックスの日付

曜日の表示

また、曜日を表示したい場合は、[セルの書式設定]ダイアログボックスの[ユーザー定義]を選択して、[種類]から[yyyy"年"m"月"d"日"]を選択します。

末尾に半角で[(aaa)]と入力すると曜日も表示することができます。

参考[(aaaa)]と入力すると、[火曜日]となります。

この曜日の表示については、以下の記事でも解説しています。

曜日の表示

[セルの書式設定ダイアログボックス]の[ユーザー定義]

また、土日のセルの背景に色を付けるには、条件付き書式を使うと便利です。

土日のセルに色をつけるで解説しています。

土日のセルに色付け

関連Excel2003の記事ですが、連続データの入力方法は以下の記事でも解説しています。

連続した日付を簡単入力

Excelなら、連続した日付も簡単に入力できます。 セルA1に[4/1]と半角で入力してみましょう。 [Enter]キーを押すと、[4月1日 ...

続きを見る

連続データの簡単入力

Excelで連続データを簡単に入力する方法です。いくつかの方法がありますので、目的にあった方法で入力してください。 フィルハンドルをドラッグ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.