リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

Print Friendly, PDF & Email

増分を指定して連続データを作成(連続した大量の日付も簡単入力)

投稿日:2017年12月3日 更新日:

一定間隔で増分させる連続データを簡単に入力する方法です。ドラッグ操作でもできますが、停止値が大きい場合は面倒なこともあります。[連続データ]ダイアログボックスを使用して入力すると簡単です。連続データを列方向にするか、行方向にするかの指定や、日付の単位なども指定することができます。
[連続データ]ダイアログボックス

[連続データ]ダイアログボックスの表示

[連続データ]ダイアログボックスを表示するには、まず先頭のセルに数値を入力します。ここでは、数値1から8ずつ増加する連続データをA列に入力します。停止値は、100とします。セルA1に[1]と入力します。確定後、入力したセルをアクティブにします。ここでは、セル[A1]です。必ず[Enter]キーで確定して、セル[A1]をクリックします。
セルA1に入力

そして、[ホーム]タブの右端にある[フィル]から[連続データの作成]をクリックします。
連続データの作成

[連続データ]ダイアログボックスの設定

[連続データ]ダイアログボックスが表示されます。

  • 範囲・・・列
  • 種類・・・加算
  • 増分値・・・8
  • 停止値・・・100

以下のように設定できたら、[OK]ボタンをクリックします。
[連続データ]ダイアログボックスで設定

A列には、以下のように連続データ入力されます。あっという間です。
連続データの作成

参考あらかじめ連続データの入力範囲を範囲選択して、[連続データ]ダイアログボックスを表示した場合は、[停止値]を設定しなくても入力することができます。範囲選択内のセルに連続データが入力されます。範囲選択して設定した場合は、[停止値]を設定しても、範囲選択内のほうが優先され、範囲選択内を超えて入力されることはありません。

減分の場合

入力した数値から減分する場合は、以下のように設定します。先頭セル[A1]には、[100]と入力しています。ここでは、数値100から50ずつ減分する連続データをA列に入力します。停止値は[-200]とします。

  • 範囲・・・列
  • 種類・・・加算
  • 増分値・・・-50
  • 停止値・・・-200

[連続データ]ダイアログボックスで設定

結果、A列には以下のように連続データが入力されます。
連続データの結果

フィルハンドルでドラッグ

ドラッグ操作で連続データを入力するには、先頭セル[A1]に数値を入力して、セル[A2]には増減分を加味した値を入力します。そして、セル[A1]とセル[A2]を範囲選択して、フィルハンドルを下へドラッグします。
フィルハンドル

これで、連続データを入力することもできます。
連続データの入力

上記のドラッグ操作も便利ですが、停止値が大きい場合は、その操作も大変だと思います。ケースバイケースで[連続データ]ダイアログボックスで設定するのと、ドラッグ操作とどちらが効率的かを判断してください。

連続した日付の入力

日付を大量に入力する場合も、[連続データ]ダイアログボックスを使用すると便利です。セル[A1]に開始の日付を入力します。

参考日付を入力するには、セル[A1]に[1/10]、または[1-10]と入力して[Enter]キーを押します。[月]や[日]は入力する必要はありません。

セル[A1]をアクティブにして、[ホーム]タブの右端にある[フィル]から[連続データの作成]をクリックします。[連続データ]ダイアログボックスを表示します。以下のように設定して、[OK]ボタンをクリックします。参考[増加単位]は、[種類]で[日付]を選択すると、有効になります。
日付の入力

以下のようにA列に1月10日から6月30日までの日付を入力することができます。
日付の連続データ入力

また、年も表示したい場合は、セル[A1]で日付を入力した後、セル[A1]を選択して[ホーム]タブの[数値]グループにある[ユーザー定義]の▼ボタンをクリックします。
書式設定

メニューの中から、[長い日付形式]をクリックします。
長い日付形式

セル[A1]の日付は、以下のようになります。
セルA1の書式が変更された

この書式で[連続データ]ダイアログボックスを表示して設定すると、同じ書式で連続データを入力することができます。
同じ書式で連続データを入力

[セルの書式設定]ダイアログボックスから設定

日付の表示形式などは、[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示しても設定することができます。[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示するショートカットキーは、[Ctrl]+[1]です。
右クリックのショートカットメニューから、[セルの書式設定]をクリックしても同じです。
ショートカットメニューの[セルの書式設定]

[セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されたら、[表示形式]タブの[日付]を選択します。[種類]の中に多くの形式が表示されますので、この中から目的にあったものを選択してください。[サンプル]に表示される表示形式を見ながら、選択するといいと思います。
[セルの書式設定]ダイアログボックスの日付

曜日の表示

また、曜日を表示したい場合は、[セルの書式設定]ダイアログボックスの[ユーザー定義]を選択して、[種類]から[yyyy"年"m"月"d"日"]を選択します。末尾に半角で[(aaa)]と入力すると曜日も表示することができます。
参考[(aaaa)]と入力すると、[火曜日]となります。

この曜日の表示については、以下の記事でも解説しています。
曜日の表示

[セルの書式設定ダイアログボックス]の[ユーザー定義]

また、土日のセルの背景に色を付けるには、条件付き書式を使うと便利です。土日のセルに色をつけるで解説しています。
土日のセルに色付け

関連Excel2003の記事ですが、連続データの入力方法は以下の記事でも解説しています。

連続した日付を簡単入力

Excelなら、連続した日付も簡単に入力できます。 セルA1に[4/1]と半角で入力してみましょう。[Enter]キーを押すと、[4月1日] ...

続きを見る

連続データの簡単入力

Excelで連続データを簡単に入力する方法です。いくつかの方法がありますので、目的にあった方法で入力してください。 フィルハンドルをドラッグ ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】で質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

エクセルを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

Wordの表の各部の名称と表の機能

表の各部の正確な名称を知っておくと、操作が分からないときやトラブルが発生したときに検索しやすくなります。また、Wordの表でできる内容を把握 ...

メールリンクをクリックしてOutlookを起動するには

Windows10で Webページのメールアドレスや、お問い合わせ(メールアドレスをリンクされたもの)をクリックした時にOutlookを起動 ...

ホイールアニメでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointでカウントダウンタイマーを作成する方法をクリアアニメでカウントダウンタイマーを作成で紹介しています。 ここでは、先のアニ ...

データの統合(表の項目名の数と並び順が一致している場合)

Excelには複数の表を統合してくれるデータの統合という機能があります。各店舗や各支店の異なるブックのデータをまとめたり、複数シートのデータ ...

単語登録のエクスポートとインポート

Windows10 のIMEで単語登録した一覧をエクスポートする方法です。新しいパソコンへ単語登録したものをインポートしたいとか、またバック ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.