Google検索

Windows Xp & Office2003 Excel2003

串刺し計算

投稿日:2017年1月9日 更新日:

同じレイアウトの表であれば異なるシート間でも簡単に集計することができます。

串刺し計算

各シートの確認

1つのブックの中に下のような4枚のワークシートがあります。

シート名は、[北海道]、[山形]、[福岡]、[集計]シートとなっています。

[集計]シートに[北海道]、[山形]、[福岡]の3枚のシートの同じセルの値をまとめて集計することができます。

1枚目のシート

2枚目のシート

3枚目のシート

集計シート

[集計]シートの[合計]列には、合計を求める数式が入力されています。

参考上記のような同じ形式の表を作成する場合は、作業グループの設定を行うと効率的です。

複数のワークシートに同時に書式設定(グループ設定の活用)

Excelでは、同じ形式のワークシートを複数作成することはよくあると思います。月別や県別、支店別などに分けて管理されることは多いですね。 そ ...

続きを見る

集計シートで範囲選択

まず、集計シートの合計を求めたい範囲を選択します。

セル[C5]から、セル[F16]を選択します。

範囲選択

オートSUMボタン

[標準]ツールバーの[オートSUM]ボタンをクリックします。

オートSUMボタン

下のようになったと思います。

セルに数式

一番左端のシートを選択してセル選択

次にシート見出し[北海道]をクリックします。

集計したいセルを選択

セル[C5]をクリックします。

1枚目のシート

[Shift]キーを押したまま集計したい最後のシート見出しを選択

そして、[Shift]キーを押したまま、シート見出し[福岡]をクリックします。

数式バーの表示が変わりましたね。

Shiftキーを押したまま3枚目のシート見出しをクリック

オートSUMボタン

再度、[オートSUM]ボタンをクリックします。

あるいは、[Ctrl]キーと[Enter]キーを同時に押します。

キーボード[Ctrl]+[Enter]

[Enter]キーだけを押すと、セル[C5]のみの集計になりますので気を付けてください。

オートSUMボタンをクリック

[集計]シートに[北海道]から[福岡]までの合計値が表示されました。

方向キーを押して、範囲選択を解除しておきましょう。

集計シート

参考串刺し計算は、以下の記事でも解説しています。

複数シートのデータ集計

Excelでは、異なる複数のシートの合計を簡単に求めることができます。 3つの方法を紹介します。 集計シートの合計値を求めたい範囲を選択して ...

続きを見る

複数のブックやシートの表で、項目の数や位置が一致しない場合でも、1つのワークシートに集計することができます。

データの統合

複数の同じレイアウトの表の合計は串刺し計算が便利ですが、複数のブックやシートの表で、項目の数や位置が一致しない場合でも 1つのワークシートに ...

続きを見る

ピボットテーブルウィザードを使って、複数シートを1つのテーブルにまとめることもできます。

ピボットテーブルを複数シートから作成 (Excel2003)

複数のマトリックス表(クロス集計)をピボットテーブルウィザードで統合

複数のマトリックス表(クロス表)をピボットテーブルウィザードで統合する方法です。[データの統合]という機能を使って、合計を求めたりすることも ...

続きを見る

また、Excel2010以降であればPowerQueryを使って、1つのテーブルにすることもできます。

複数のマトリックス表をPower Queryでピボットテーブルに変換

Power Queryを使って、複数のマトリックス表を結合して1つのピボットテーブルに変換することができます。一度、ピボットテーブルを作成す ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.