Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

印刷したくない文字列はテキストボックスを使うと便利

投稿日:2017年7月1日 更新日:

Wordには、隠し文字という機能があるのですが、Excelには隠し文字の機能はありません。

もし、Excelで印刷したくない文字列があるならば、セル内に入力せずにテキストボックスを使用すると、印刷しない設定をすることができます。

下のような表とグラフがあり、グラフの中にテキストボックスを挿入して書き込んでいます。

印刷時に、このテキストボックスのみを印刷しない方法です。

テキストボックス

図形の書式設定作業ウィンドウの表示

テキストボックスで右クリックして、ショートカットメニューを表示します。

参考右クリックでショートカットメニューを表示することが難しい場合は、テキストボックスを選択した状態で、キーボードから[Shift]キーと[F10]キーを押してください。

ショートカットメニューの中から、[図形の書式設定]をクリックします。

右クリックのショートカットメニュー

右側に[図形の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。

[サイズとプロパティ]タブをクリックします。

そして、[プロパティ]をクリックして展開します。

[図形の書式設定]作業ウィンドウ

プロパティの[オブジェクトを印刷する]をオフに

[プロパティ]の中にある[オブジェクトを印刷する]のチェックボックスをクリックしてオフにします。

[オブジェクトを印刷する]のチェックボックスをオフ

これで、テキストボックスは印刷されなくなります。

下は、ワークシートを印刷プレビューで表示したところです。

印刷プレビュー

折れ線グラフの横に系列名を表示する方法については、以下の記事で解説しています。

折れ線グラフに系列名をつける

Excelで下のような折れ線グラフを作成しました。 凡例に系列名が表示されていますが、 下のように各折れ線グラフの横に系列名を表示した方が分 ...

続きを見る

[サイズとプロパティ]をクリックしても設定可

テキストボックスを右クリックして、ショートカットメニューから[サイズとプロパティ]をクリックしても同様の設定をすることができます。

ショートカットメニューの[サイズとプロパティ]

[図形の書式設定]作業ウィンドウの[サイズとプロパティ]タブが表示されるので、ショートカットメニューの[図形の書式設定]をクリックするより、[サイズとプロパティ]をクリックして表示したほうが早いですね。

参考どちらをクリックしても設定できます。

図形の書式設定の[サイズとプロパティ]タブ

上記は、Excel2016の設定です。Excel2013も同じです。

以下は、Excelのバージョンによる[オブジェクトを印刷する]設定の表示方法の違いを解説しています。

Excel2007は[サイズとプロパティ]から

[オブジェクトを印刷する]の設定ですが、Excelのバージョンによって違いがあるので注意してください。

Excel2003

Excel2003では書式設定ダイアログボックスの[プロパティ]にあります。

画像は、[グラフエリアの書式設定]ですが、テキストボックスであれば[テキストボックスの書式設定]になります。

Excel2003

Excel2007

Excel2007の場合は、テキストボックスで右クリックして、ショートカットメニューから[サイズとプロパティ]をクリックします。

注意[図形の書式設定]をクリックしても設定できませんので注意してください。

Excel2007のショートカットメニュー

Excel2007の[サイズとプロパティ]ダイアログボックスです。

[プロパティ]タブに[オブジェクトを印刷する]の設定項目があります。

サイズとプロパティ

参考ウィンドウの左上に丸いキャンディのようなボタンがある場合は、Excel2007です。

Excel2007のOfficeボタン

Excel2010

Excel2010では、テキストボックスを右クリックして、ショートカットメニューから[図形の書式設定]をクリックします。

excel2010のショートカットメニュー

[図形の書式設定]ダイアログボックスが表示されます。

[プロパティ]に[オブジェクトを印刷する]の設定項目があります。

参考ショートカットメニューの[サイズとプロパティ]をクリックしても、同じ[図形の書式設定]ダイアログボックスが表示されますので問題ありません。

Excel2010の[図形の書式設定]ダイアログボックス

Officeのバージョンが分からない場合は、以下の記事を参照してください。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。 トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

記事を更新しました

コマンドが無効になっていて使用できない

Outlookで下のようにコマンドが無効になっていて、使用できないという質問を受けることがあります。 画像はOutlook2016です。 メ ...

クリアアニメでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointで下のようなカウントダウンタイマーを作成する方法です。 レイアウトの選択 PowerPoint2016で解説します。 1 ...

モザイク(ぼかし)をかけるならペイントで

写真にモザイクをかけるためには、Windows標準アプリであるペイントを使うと便利です。 モザイクのためにソフトを購入したり、ダウンロードし ...

先頭の1文字が同じセルを集計するには

Excelで顧客番号や商品番号の先頭の1文字が同じセルの合計をしたいという場合の方法です。 サンプル表の確認 下のような表があります。 商品 ...

コピーした行の挿入を効率的に行なうには

Excelの表でコピーした行を複数の行に挿入したいということがありますね。 Excelには、[コピーしたセルの挿入]という機能があって、とて ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.