Windows10 & Office2016 Excel2016

Print Friendly

印刷したくない文字列はテキストボックスを使うと便利

投稿日:2017年7月1日 更新日:

Wordには、隠し文字という機能があるのですが、Excelには隠し文字の機能はありません。もし、Excelで印刷したくない文字列があるならば、セル内に入力せずにテキストボックスを使用すると、印刷しない設定をすることができます。

下のような表とグラフがあり、グラフの中にテキストボックスを挿入して書き込んでいます。印刷時に、このテキストボックスのみを印刷しない方法です。
テキストボックス

図形の書式設定作業ウィンドウの表示

テキストボックスで右クリックして、ショートカットメニューを表示します。
参考右クリックでショートカットメニューを表示することが難しい場合は、テキストボックスを選択した状態で、キーボードから[Shift]キーと[F10]キーを押してください。
ショートカットメニューの中から、[図形の書式設定]をクリックします。
右クリックのショートカットメニュー

右側に[図形の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。[サイズとプロパティ]タブをクリックします。そして、[プロパティ]をクリックして展開します。
[図形の書式設定]作業ウィンドウ

プロパティの[オブジェクトを印刷する]をオフに

[プロパティ]の中にある[オブジェクトを印刷する]のチェックボックスをクリックしてオフにします。
[オブジェクトを印刷する]のチェックボックスをオフ

これで、テキストボックスは印刷されなくなります。下は、ワークシートを印刷プレビューで表示したところです。
印刷プレビュー

折れ線グラフの横に系列名を表示する方法については、以下の記事で解説しています。

折れ線グラフに系列名をつける

Excelで下のような折れ線グラフを作成しました。 凡例に系列名が表示されていますが、 下のように各折れ線グラフの横に系列名を表示した方が分 ...

続きを見る

[サイズとプロパティ]をクリックしても設定可

テキストボックスを右クリックして、ショートカットメニューから[サイズとプロパティ]をクリックしても同様の設定をすることができます。
ショートカットメニューの[サイズとプロパティ]

[図形の書式設定]作業ウィンドウの[サイズとプロパティ]タブが表示されるので、ショートカットメニューの[図形の書式設定]をクリックするより、[サイズとプロパティ]をクリックして表示したほうが早いですね。参考どちらをクリックしても設定できます。
図形の書式設定の[サイズとプロパティ]タブ

上記は、Excel2016の設定です。Excel2013も同じです。

以下は、Excelのバージョンによる[オブジェクトを印刷する]設定の表示方法の違いを解説しています。

Excel2007は[サイズとプロパティ]から

[オブジェクトを印刷する]の設定ですが、Excelのバージョンによって違いがあるので注意してください。

Excel2003

Excel2003では書式設定ダイアログボックスの[プロパティ]にあります。画像は、[グラフエリアの書式設定]ですが、テキストボックスであれば[テキストボックスの書式設定]になります。
Excel2003

Excel2007

Excel2007の場合は、テキストボックスで右クリックして、ショートカットメニューから[サイズとプロパティ]をクリックします。
注意[図形の書式設定]をクリックしても設定できませんので注意してください。
Excel2007のショートカットメニュー

Excel2007の[サイズとプロパティ]ダイアログボックスです。[プロパティ]タブに[オブジェクトを印刷する]の設定項目があります。
サイズとプロパティ

参考ウィンドウの左上に丸いキャンディのようなボタンがある場合は、Excel2007です。
Excel2007のOfficeボタン

Excel2010

Excel2010では、テキストボックスを右クリックして、ショートカットメニューから[図形の書式設定]をクリックします。
excel2010のショートカットメニュー

[図形の書式設定]ダイアログボックスが表示されます。[プロパティ]に[オブジェクトを印刷する]の設定項目があります。
参考ショートカットメニューの[サイズとプロパティ]をクリックしても、同じ[図形の書式設定]ダイアログボックスが表示されますので問題ありません。
Excel2010の[図形の書式設定]ダイアログボックス

Officeのバージョンが分からない場合は、以下の記事を参照してください。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

ゴールシークを使って目標を達成するための値を求める

Excelのゴールシークという機能を使うと、目標値を設定して特定のセルの値を変化させて、目標達成に必要な値を求めることができます。ここでは、 ...

段落の背景に色をつける

Wordで 段落の背景に塗りつぶしの色を設定する方法です。段落というと大きな文字列の固まりを想像される方が多いですが、Wordでは、段落記号 ...

グラフの代替テキストの設定

Excelで作成したグラフに代替テキストを設定する方法です。 代替テキストとは何?と言う方は、代替テキストからお読みください。 グラフエリア ...

先頭の1文字が同じセルを集計するには

Excelで顧客番号や商品番号の先頭の1文字が同じセルの合計をしたいという場合の方法です。 下のような表があります。商品番号の先頭が1の売上 ...

Windows10のバージョン確認方法

Windows10で バージョンを確認する方法です。画像は、Anniversary Updateを実施した後の画像です。 スタートメニューの ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.