Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

積み上げ縦棒グラフに合計値を表示

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelで下のような表を元に積み上げ縦棒グラフを作成しました。

その作成した積み上げグラフに合計値を表示する方法です。

グラフの作成はExcel2013ですが、合計値の表示は、テキストボックスを使用しますので他のバージョンも同じです。

グラフを選択した状態でテキストボックスを挿入すると、テキストボックスはグラフと同じ領域に保存されます。

グラフを選択しないでテキストボックスを挿入すると、グラフとテキストボックスが重なった状態になります。

積み上げ縦棒グラフの上部に合計値を表示

グラフの作成

グラフにしたい範囲を選択して[挿入]タブから[おすすめグラフ]をクリックします。

おすすめグラフ

[グラフの挿入]ダイアログボックスの[おすすめグラフ]タブにある[積み上げ縦棒]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

積み上げ縦棒グラフ

スタイルの設定

グラフにラベルを表示したいので、[グラフツール]の[デザイン]タブにある[スタイル4]を選択します。

ここでは、グラフタイトルは削除します。

グラフスタイル

テキストボックスの挿入(グラフを選択した状態)

まず、グラフを選択します。

グラフを選択していると、下のようにグラフのもとのデータ範囲も選択されていますし、名前ボックスにもグラフの名前が表示されます。

グラフ選択

そして、[挿入]タブにある[テキストボックス]から[横書きテキストボックス]をクリックします。

横書きテキストボックス

数式バーにセル参照

テキストボックスを選択したまま数式バーをクリックします。

数式バーでクリック

半角で[=]を入力します。

数式バーに=を入力

リンゴの合計値が入力されているセル[D2]をクリックします。

セルをクリック

[Enter」キーを押して確定します。

数式バーには[=Sheet1$D$2]と入力されています。

Enterキーで確定

テキストボックスの位置を調整して、グラフ以外のセルをクリックします。

グラフ以外のセルをクリック

同じように、テキストボックスを挿入して残りの棒グラフの上部に合計値を挿入します。

テキストボックスなので、ドラッグで自由に移動させることができます。

ポイントこの場合のテキストボックスは、グラフの一部として保存されますので、グラフを移動すると一緒に移動します。

テキストボックスは、[塗りつぶしなし]、[線なし]の設定になっています。

ただし、テキストボックスを印刷しない設定はできません。

テキストボックスのプロパティの違い

グラフを選択した状態で挿入したテキストボックスのプロパティ

以下は、グラフを選択した状態で挿入したテキストボックスのプロパティです。

グラフを選択した状態で挿入したテキストボックスのプロパティ

グラフを選択しないで挿入したテキストボックスのプロパティ

以下は、グラフを選択しないで挿入したテキストボックスのプロパティです。

[オブジェクトを印刷する]という項目があります。

このチェックボックスをオフにすることで、テキストボックスを印刷しないということができます。

グラフを選択しないで挿入したテキストボックスのプロパティ

以下の記事で詳しく解説しています。

印刷したくない文字列はテキストボックスを使うと便利

Wordには、隠し文字という機能があるのですが、Excelには隠し文字の機能はありません。 もし、Excelで印刷したくない文字列があるなら ...

続きを見る

テキストボックスの挿入(グラフを選択しない状態)

グラフの選択を外すため、グラフ以外のセルをクリックします。

[挿入]タブにある[テキストボックス]から[横書きテキストボックス]をクリックします。

横書きテキストボックス

数式バーにセル参照

テキストボックスを選択したまま数式バーをクリックします。

数式バーをクリック

半角で[=]を入力します。

=の入力

リンゴの合計値が入力されているセル[D2]をクリックします。

合計値のセルをクリック

[Enter」キーを押して確定します。

数式バーには[=$D$2]と入力されています。

数式を確定

テキストボックスの[塗りつぶし]を[塗りつぶしなし]に設定

挿入したテキストボックスで右クリックします。

ミニツールバーの[塗りつぶし]をクリックして、[塗りつぶしなし]をクリックします。

ミニツールバーの塗りつぶし

テキストボックスの[枠線]を[線なし]に設定

同じようにミニツールバーの[枠線]をクリックして[線なし]をクリックします。

ミニツールバーの枠線

同じように、テキストボックスを挿入して残りの棒グラフの上部に合計値を挿入します。

テキストボックスにセルをリンク

A店のリンゴの値を変更してみます。

セル[D2]の値と合計値を表示したテキストボックスの値も自動的に変わります。

数値の変更

ポイントこの場合は、グラフとテキストボックスは別物です。

グラフを移動すると、テキストボックスのみが残る状態になります。

グラフと一緒に保存しておいたほうが便利なことが多いと思いますが、テキストボックスを挿入して、どういう利用をするかで判断してください。

グラフを移動

ただ、この場合のテキストボックスは、プロパティの設定で印刷不可にすることができます。ですから、合計値のみを印刷しないということもできます。

以下の記事で解説しています。

印刷したくない文字列はテキストボックスを使うと便利

Wordには、隠し文字という機能があるのですが、Excelには隠し文字の機能はありません。 もし、Excelで印刷したくない文字列があるなら ...

続きを見る

関連Excel2010でも、テキストボックスにセルをリンクする方法を紹介しています。

テキストボックスにセルの内容をリンク

Excel2010に限ったことではありませんが、テキストボックスはセルの内容をリンクさせることができます。 セルに文字を入力 セル[A1]に ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.