リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

積み上げ縦棒グラフに合計値を表示

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelで下のような表を元に積み上げ縦棒グラフを作成しました。その作成した積み上げグラフに合計値を表示する方法です。グラフの作成はExcel2013ですが、合計値の表示は、テキストボックスを使用しますので他のバージョンも同じです。
積み上げ縦棒グラフの上部に合計値を表示

グラフの作成

グラフにしたい範囲を選択して[挿入]タブから[おすすめグラフ]をクリックします。
おすすめグラフ

[グラフの挿入]ダイアログボックスの[おすすめグラフ]タブにある[積み上げ縦棒]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
積み上げ縦棒グラフ

スタイルの設定

グラフにラベルを表示したいので、[グラフツール]の[デザイン]タブにある[スタイル4]を選択します。ここでは、グラフタイトルは削除します。
グラフスタイル

テキストボックスの挿入

[挿入]タブにある[テキストボックス]から[横書きテキストボックス]をクリックします。
横書きテキストボックス

数式バーにセル参照

テキストボックスを選択したまま数式バーをクリックします。
数式バーをクリック

半角で[=]を入力します。
=の入力

リンゴの合計値が入力されているセルD2をクリックします。
合計値のセルをクリック

[Enter」キーを押して確定します。数式バーには[=$D$2]と入力されています。
数式を確定

テキストボックスを塗りつぶしなしに設定

挿入したテキストボックスで右クリックします。ミニツールバーの[塗りつぶし]をクリックして、[塗りつぶしなし]をクリックします。
ミニツールバーの塗りつぶし

テキストボックスを枠線なしに設定

同じようにミニツールバーの[枠線]をクリックして[枠なし]をクリックします。
ミニツールバーの枠線

同じように、テキストボックスを挿入して残りの棒グラフの上部に合計値を挿入します。テキストボックスなので、ドラッグで自由に移動させることができます。
テキストボックスにセルをリンク

A店のリンゴの値を変更してみます。セルD2の値と合計値を表示したテキストボックスの値も自動的に変わります。
数値の変更

Excel2010でも、テキストボックスにセルをリンクする方法を紹介しています。
テキストボックスにセルをリンク

テキストボックスにセルの内容をリンク

Excel2010に限ったことではありませんが、テキストボックスはセルの内容をリンクさせることができます。 セルに文字を入力 セル[A1]に ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

記事を更新しました

削除できない名前がある

Excelのワークシートで使用していない名前があるので、削除したいと思い[数式]タブにある[名前の管理]をクリックして、[名前の管理]ダイア ...

複数のテキストボックスのリンク

Wordでは、下のようにテキストボックス内の文字列を他のテキストボックスへ流し込んでリンクさせることができます。 テキストボックスの挿入 テ ...

オプションボタンの挿入

Excelでオプションボタンを挿入する方法です。オプションボタンは、複数の選択肢の中から1つを選択するときに使用します。 また、ワークシート ...

表を削除して文字列だけ残すには

表は削除したいけど、セル内の文字列は残したいということがあります。 こういう場合は、[表の解除]ボタンを使います。 表の解除 まず、表内でク ...

フォームのフィルター実行後のデータをレポートへ

Accessのフォームでフィルターを実行した後、そのフィルターのデータをそのままレポートへ出力する方法です。 分割フォームの作成 テーブルや ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.