リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

ピボットテーブルのフィールドリストに検索ボックス

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2016では、ピボット テーブルのフィールドに[検索ボックス]が追加されました。フィールドが多数がある場合は、該当のフィールド名を探すにも時間がかかっていましたが、検索ボックスがあると便利です。

ピボットテーブルのフィールドの検索ボックス

ピボットテーブルのフィールドリストの最上部にフィールドの[検索ボックス]があります。
ピボットテーブルの検索ボックス

検索ボックスにキーワードを入力した結果

検索ボックスにキーワードを入力すると、下のように絞り込まれます
検索結果

参考この検索ボックス、実はExcel2010のPowerPivotにはありました。データモデルを使用したピボットテーブルには存在していました。不思議なことにExcel2013のPowerPivotでは消えていたんですよ。

Excel2016の検索ボックスは、Excel2010のPowerPivotの検索ボックスより使いやすいですね。Excel2010のときは、絞り込みではなく上から順に該当フィールドが選択されていく仕様でした。
Excel2010のPowerPivot

ピボットテーブルの[検索ボックス]は以前からずっと欲しいと思っていたので、かなり嬉しいです。できれば、オプションダイアログボックスのコマンドの選択にも検索ボックスが欲しいのですが。

関連以下は、Excel2016で解説しているピボットテーブルに関する記事です。他バージョンでもピボットテーブルに関する記事をアップしています。

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成

Excel2013以降には、ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成できるコマンドがあります。ピボットテーブルの作成に慣れた方なら、グラ ...

続きを見る

データモデルのデータを使ってピボットテーブルを作成する方法

Excel2013以降にはPowerPivotというビッグデータを分析できるアドイン機能が標準で搭載されています。ただし、既定では有効になっ ...

続きを見る

ピボットグラフに展開/折りたたみボタン

Excel2016では、ピボットグラフに[フィールド全体の展開ボタン]と[フィールド全体の折りたたみボタン]が追加されました。 フィールド全 ...

続きを見る

テーブルやピボットテーブルに変換する時の注意点

Excelのテーブルやピボットテーブルは、データベースとしての管理が簡単にできるようになる、とても便利な機能です。でも、既存の表をテーブルや ...

続きを見る

ピボットテーブルの日付のグループ化が自動に

Excel2016では、ピボットテーブルを作成した時に日付のグループ化が自動で設定されるようになりました。 例えば下のような売上数一覧の表か ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

アウトラインの自動作成とグループ化

データをグループ化すると、アウトラインを作成することができます。アウトラインが設定された表は、目的にあったレベルの詳細を表示したり、または部 ...

予定表からすべての予定を削除するには

Outlookの予定表のスケジュールを1つずつ削除するには、削除したいアイテムで右クリックして、ショートカットメニューから[削除]をクリック ...

PowerPointのノート(発表者用メモ)をドキュメント検査で全て削除

PowerPointのスライドには、発表者用のメモを入力する領域があります。ノートと呼ばれる領域です。活用している方も多いと思います。発表者 ...

IMEのプライベートモードはEdgeやIEのInPrivateブラウズでもオンに

Windows10のIMEには、プライベートモードというのがあります。Anniversary Updateで搭載された機能です。既定では、オ ...

透かしの挿入

Wordで下のような透かし文字や透かし画像を挿入する方法です。 [デザイン]タブの[透かし] 透かしを挿入したい文書を開いて、[デザイン]タ ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.