リンクユニット

Windows 10 & Office 2016 Excel 2016

ピボットテーブルの日付のグループ化が自動に(無効設定も可能)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2016では、ピボットテーブルを作成した時に日付のグループ化が自動で設定されるようになりました。

ピボットテーブルの行ラベルで展開

例えば下のような売上数一覧の表からピボットテーブルを作成します。

日付は、[2010/04/01]から[2015/12/31]までです。

売上個数一覧

ピボットテーブルの作成


ピボットテーブルを作成するため、表内のセルをアクティブにした状態で、[挿入]タブの[ピボットテーブル]をクリックします。

ピボットテーブル

複雑なデータをピボットテーブルに簡単に配置し、集計します。

参考:値をダブルクリックすると、どの値が合計に含まれるかを確認することができます。

挿入タブ

[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスが表示されますので、範囲を確認して、そのまま[OK]ボタンをクリックします。

ピボットテーブルの作成

新規シートにピボットテーブルが作成されます。

ピボットテーブル

[値]ボックスに[売上数]フィールドをドラッグします。

[売上数]フィールドのチェックボックスをクリックしてもいいです。

自動的に[値]ボックスに入ります。

売上数を値へ

日付の自動グループ化

そして、[年月日]フィールドを[行]ボックスへドラッグします。

これもクリックしただけで自動的に[行]ボックスへ入ります。

[行]ボックスをみると、びっくりですね。

[年]と[四半期]が自動的に追加されています!

ピボットテーブルの行ボックスへ年月日を追加

ピボットテーブルの展開ボタンをクリックすると、下のようになります。

これまでは、日付のグループ化は手動で行わないと年月や四半期別のデータは求めることができなかったのですが、Excel2016では自動化されています。

ピボットテーブルの行ラベルで展開

自動グループ化を無効にする設定

この日付の自動グループ化の機能は、Excelのオプションで無効にすることもできます。

[Excelのオプション]の[詳細設定]カテゴリーの[データ]内にある[ピボットテーブルで日付/時刻の自動グループ化を無効にする]のチェックをオンにします。

[Excelのオプション]の[ピボットテーブルで日付/時刻の自動グループ化を無効にする]

注意Office365のExcel2016では、[Excelのオプション]の[データ]タブの[データオプション]にあるとの情報をいただきました。(2018/07/08 追記)

Excel2019(永続ライセンス)も同じです。

Excel2019[Excelのオプション]の[ピボットテーブルで日付/時刻の自動グループ化を無効にする]

自動グループ化を無効にする設定については、以下の記事でも解説しています。

ピボットテーブルの日付のグループ化を無効にするには

日付のグループ化の詳細

ピボットテーブルの行ラベルで右クリックして、[グループ化]をクリックしてみると、

行ラベルで右クリック

下のようになっています。

不要なグループ化は、ここで削除したりすることができます。

グループ化ダイアログボックス

グループ化の一部削除

例えば、四半期単位を削除したい場合は、[四半期]をクリックします。

[グループ化]ダイアログボックスが下のようになったら、[OK]ボタンをクリックします。

四半期を削除

結果、ピボットテーブルは下のようになります。

ピボットテーブルの結果

[グループ化]ダイアログボックスから、[四半期]を削除すると、フィールドの一覧からも削除されます。

フィールドリスト

フィールドリストから設定

列ラベルなどで使用したい場合は、[グループ化]ダイアログボックスで削除せずに、[フィールドリスト]からチェックボックスをオフにしておいた方がいいです。

フィールドリストから操作

この自動的に追加された[年]と[四半期]は、列ラベルでも使用することができます。

ピボットテーブルの列ラベルへ日付を表示

参考ただ、ピボットテーブルで日付が自動的にグループ化されるには、日付がExcelに日付だと認識してもらわなければなりません。

「選択対象をグループ化できません」というメッセージが表示されてがっかり!ということも多いですね。

日付に見えても日付ではないということもあります。

以下の記事を参照してください。

ピボットテーブルで日付のグループ化ができない

Excelでピボットテーブルを作成して、日付フィールドで[月]ごとのグループ化をしようとしてもできないことがあります。 これは、見た目は日付 ...

続きを見る

また、Excelでは、四半期は1月から3月までが第1四半期となっています。

日本では4月から6月までを第1四半期としているケースが多いと思います。

以下の記事では、ピボットテーブル作成の前に関数で四半期を求める方法を紹介しています。

ピボットテーブルでの四半期

Excel2019(Excel2016の一部)では、新関数[IFS関数]を使うと四半期も簡単に求めることができます。

日付から月・四半期・上期下期を求める(MONTH/IFS/SWITCH関数)

Excel2019では、複数の条件や値を検索して結果を求める[IFS(イフエス)関数]と[SWITCH(スイッチ)関数]が追加されています。 ...

続きを見る

また、年度別にしたい場合の方法も解説しています。

ピボットテーブルの月グループを4月から並べたい

日付のグループ化は、週単位にすることもできます。

ピボットテーブルの日付フィールドで【月単位】【週単位】のグループ化

ピボットテーブルで日付を月単位や週単位にグループ化する方法です。 下のようなピボットテーブルを作成しました。 ピボットテーブルの作成について ...

続きを見る

週ごとの合計を簡単に求めたい

ピボットテーブルはデータベース管理機能に優れた機能ですが、ピボットを作成する元のデータが綺麗でなければ、思い通りにレイアウトができない場合があります。

以下の記事で解説しています。

テーブルやピボットテーブル作成がうまくいかない場合の見直し点

Excelのテーブルやピボットテーブルは、データベースとしての管理や分析が簡単にできるようになる、とても便利な機能です。 でも、既存の表をテ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 10 & Office 2016 Excel 2016

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.