リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

グラフの大きさと位置を揃えて並べるには

投稿日:2018年1月20日 更新日:

1つのワークシートに大きさも配置もさまざまなグラフがある場合に、グラフの大きさを統一して、綺麗に配置する方法を紹介します。また、列を挿入したり、列幅を変更した時にグラフの大きさや位置が変わらないように設定しておくと便利です。
サイズと位置が揃ったグラフ

データを元にグラフを作成

以下のデータをもとにさまざまなグラフを作成しました。大きさも位置もばらばらです。
グラフの大きさも位置もばらばらなシート

グラフの高さと幅のサイズを統一

グラフを1個選択している場合と、グラフを複数選択している場合は、設定箇所の名称が変わります。

グラフを1個選択してサイズを確認

グラフ1個を選択して、サイズを確認してみます。この時、必ずグラフエリアを選択します。グラフの外側に〇(サイズ変更ボタン)が現れている状態にします。グラフエリアを選択すると[グラフツール]タブとなります。[書式]タブの[サイズ]グループでグラフエリアの高さと幅を確認します。ポイントすると、[図形の高さ]と[図形の幅]と表示されます。下の画像は、[図形の高さ]をポイントしています。ここでグラフエリアのサイズを確認することができます。
[グラフツール]の[書式]タブ

または、[グラフツール]タブの[書式]タブの[サイズ]グループの[ダイアログボックス起動ツール]ボタンをクリックして、[グラフエリアの書式設定]ダイアログボックスを表示して確認することもできます。参考[グラフエリアの書式設定]ダイアログボックスは、グラフエリアをダブルクリックして表示することもできます。
[サイズ]グループの[ダイアログボックス起動ツール]ボタン

[グラフエリアの書式設定]の[サイズとプロパティ]ボタンをクリックすると表示されます。ここでは、[高さ]と[幅]になっていますね。参考グラフのサイズを統一する場合は、まず1つのグラフを選択して、おおよそのサイズを決めておくといいと思います。
グラフエリアの書式設定

複数グラフの選択とサイズ指定

複数グラフを選択するには、1つのグラフを選択した後に、[Ctrl]キーか[Shift]キーを押しながら、他のグラフを選択していきます。

以下のどちらかのテキストボックスに入力します。どちらか片方入力すると、連動します。

  • 複数のグラフを選択すると、リボンは[描画ツール]タブになります。[書式]タブの[サイズ]グループの[図形の高さ]と[図形の幅]に数値を入力します。
  • [グラフエリアの書式設定]も[図形の書式設定]に変わります。[サイズとプロパティ]の[高さ]と[幅]に数値を入力します。

図形の書式設定

サイズ指定

数値だけ入力すると、[cm]は自動的に表示されます。ここでは[高さ6]、[幅7]にしてみます。
高さと幅の指定

4つのグラフが同じサイズになります。
サイズが統一されたグラフ

グラフの位置揃え

グラフの位置を揃えるには、揃えたいグラフを選択して、[書式]タブの[配置]グループにある[配置]をクリックします。[左揃え]、[左右中央揃え]、[右揃え]、[上揃え]、[上下中央揃え]、[下揃え]がありますから、目的に合ったメニューをクリックします。ここでは、[右揃え]をクリックします。
[書式]タブの[配置]

下のように右端を揃えることができます。
右揃え

他のグラフも同様に複数のグラフを選択して、[配置]ボタンから揃えていきます。
綺麗に位置が揃ったグラフ

セルに合わせて移動やサイズ変更をしない設定

せっかくサイズや位置も揃えたのに、列幅や行の高さなどを変更すると、グラフのサイズも変更されてしまいます。下の画像は、L列の幅を広げてみたところです。グラフの幅も横に広がってしまいます。
列幅を変更したときのグラフ

これは、[グラフエリアの書式設定]の[プロパティ]で[セルに合わせて移動やサイズを変更する]になっているからです。これが既定になっています
[グラフエリアの書式設定]の[プロパティ]

[セルに合わせて移動やサイズ変更をしない]を選択すると、列幅などが変更されてもサイズは変更されなくなります。[セルに合わせて移動するがサイズ変更はしない]を選択してもサイズは変更されません。
セルに合わせて移動やサイズ変更をしない

プロパティの3つのコマンドの違い

プロパティには、3つのコマンドがあります。これは、[図形の書式設定]でも同じです。

  • セルに合わせて移動やサイズ変更をする
  • セルに合わせて移動するがサイズ変更はしない
  • セルに合わせて移動やサイズ変更をしない

下の各図形は、それぞれの設定をしています。分かりやすくするために、図形を使って解説します。
図形でプロパティの各設定

図形の中で列の挿入

C列で右クリックして、ショートカットメニューから[挿入]をクリックします。
C列で右クリックしてショートカットメニューの[挿入]をクリック

列が挿入されると、[セルに合わせて移動やサイズ変更をする]の設定をした図形のみ、幅が広がります。
図形の中で列を挿入後

図形の外で列の挿入

図形の外のA列で列を挿入してみます。同じように、A列で右クリックして、ショートカットメニューから[挿入]をクリックします。
A列で右クリックしてショートカットメニューの[挿入]をクリック

今度は、[セルに合わせて移動やサイズ変更をする]と[セルに合わせて移動するがサイズ変更はしない]の設定をした図形が移動します。
図形の外で列を挿入した後

グラフの場合も目的に合った選択をしてください。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

顔文字が出ない、変換候補一覧に表示される文字が少ない場合の対処方法

Windows10のバージョンアップによってIMEもどんどん進化しています。バージョンアップしたら、顔文字が変換候補一覧に表示されなくなった ...

スライドの背景に画像を挿入する

PowerPoint2013、PowerPoint2016でスライドの背景に画像を挿入する方法です。 [デザイン]タブの[背景の書式設定] ...

同じ数字が複数行に並ぶ連番(1.1.1.2.2.2)を入力するには

Excelで1つのセルに数字を入力して、オートフィルをかけると簡単に連番を入力することができます。オートフィルは元になるセルの■(フィルハン ...

通知アイコンのカスタマイズ

Windows10でタスクバーに表示される通知アイコンのカスタマイズの方法です。 最新のバージョンの場合は、[タスクバーの設定]から設定しま ...

本文の周りを線で囲むには

Wordで本文の周りを線で囲む方法です。ページ罫線を設定するときに[線種とページ罫線と網かけの設定]ダイアログボックスを表示しますが、このダ ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.