リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

横棒グラフに平均値を追加するには

投稿日:2018年1月15日 更新日:

横棒グラフに平均値のラインを表示しようとすると、少し工夫しないと作成できません。折れ線グラフは、縦方向には作成できないので、代わりに散布図を使って作成します。
横棒グラフと平均値のグラフ

関連縦棒グラフに平均値の折れ線グラフを追加したり、折れ線グラフに平均値を追加する方法は、以下の記事で解説します。

縦棒グラフや折れ線グラフに平均値を追加するには

Excelで支店別の売上を棒グラフや折れ線グラフで作成した後に、平均値のラインを追加したいなと思われることもあると思います。その場合の方法を ...

続きを見る

データの確認

グラフを作成するデータは、以下のようになっています。
グラフのデータ

平均値を求める列を追加後、数式を入力して平均値を求めます。その方法については、以下の記事を参照してください。

平均値を求める列を追加

平均値を追加したデータです。このままでは、作成できません。こにダミーの列を追加します。
平均値の列を追加した表

下のように平均のよこに[ダミー]列を追加して0から連続した整数を入力しておきます。これで準備完了です。
ダミー列の追加

横棒グラフの作成

データ範囲を選択して横棒グラフを作成します。このときダミーの列まで選択します。[挿入]タブの[グラフ]グループにある[縦棒/横棒グラフの挿入]をクリックして、[集合横棒]をクリックします。

注意おすすめグラフや、組み合わせグラフでは作成できませんので、必ず集合横棒グラフから作成します。

集合横棒のポップヒントには以下のように記されています。ポップヒントは、できるだけ読まれることをお勧めします。思わぬ発見があるかもしれません。

この種類のグラフの使用目的:・小数の項目の値を比較します。
使用ケース:・グラフが期間を表す場合に使います。・項目の文字列が長い場合に使います。

横棒グラフの選択下のような横棒グラフが挿入されます。
横棒グラフ

グラフの種類の変更

平均の系列を選択して、右クリックしてショートカットメニューから[系列グラフの種類の変更]をクリックします。
右クリックしてショートカットメニューから[系列グラフの種類の変更]をクリック

[グラフの種類の変更]ダイアログボックスが表示されます。[平均]の▼ボタンをクリックします。
グラフの種類を変更

グラフの一覧の中から[散布図](直線)をクリックします。
散布図の選択

[平均]が[散布図(直線)]になっていることを確認して、[OK]ボタンをクリックします。プレビューのグラフは、この段階では気にしないでください。
設定の確認

グラフは下のようになっています。
設定したグラフ

データ系列の編集

[デザイン]タブの[データ]グループにある[データの選択]をクリックします。
[デザイン]タブの[データの選択]

[データソースの選択]ダイアログボックスが表示されます。[平均]を選択して、[編集]をクリックします。
平均の編集

系列の編集ダイアログボックスが表示されます。[系列Xの値]のダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックします。

[系列Xの値]のダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリック

平均のデータを範囲選択します。ここでは、セル[C4]からセル[C9]までですね。
データの範囲選択

同じようにして、[系列Yの値]のダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックして、今度はダミーの列を範囲選択します。ここでは、セル[D4]からセル[D9]までですね。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
データの編集

グラフは下のようになります。
途中経過のグラフ

第2軸の最大値の変更

平均のグラフの長さが短いので、調整します。第2軸をダブルクリックして、書式設定ダイアログボックスを表示させます。
第2軸をダブルクリック

[軸の書式設定]が表示されます。[軸のオプション]の[最大値]を[5.0]に変更します。単位が自動的に変わりますが、気にしないでください。
[軸のオプション]から[最大値]の変更

[平均]の系列の長さが調整されて、ちょうど良くなります。
調整された平均のデータ系列

グラフからダミーのデータを非表示に設定

グラフには、ダミーのデータは不要なので、非表示にします。[デザイン]タブの[データ]グループにある[データの選択]をクリックします。[データソースの選択]ダイアログボックスが表示されますので、[ダミー]のチェックボックスをオフにして、[OK]ボタンをクリックします。
ダミーデータを非表示に設定

グラフは下のようになります。
途中経過のグラフ

軸を反転する

[縦(項目)軸]を反転させたいので、[縦(項目)軸]でダブルクリックして、[軸の書式設定]を表示します。[軸のオプション]にある[軸を反転する]のチェックボックスをオンにします。
軸を反転する

下のように4月が上に来ます。
軸を反転したグラフ

ラベルの位置

横軸も上になってしまいます。横軸の調整は、軸を選択して、[ラベルの位置]で選択します。[上端/右端]を選択すると、下になります。
ラベルの位置

グラフタイトル

グラフタイトルは、セル参照で表示させています。その方法については、グラフタイトルはセル参照でで解説しています。
セル参照のグラフタイトル

ダミーの非表示設定

データのダミーは非表示にしておくといいと思います。フォントの色を白にして見た目には分からないようしておくといいと思います。
完成グラフ

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

折れ線グラフに縦の目盛線や降下線を表示する

Excel2016で折れ線グラフを作成したとき、折れ線グラフと横軸の目盛の対応をはっきりさせるために下のように縦の目盛線を表示したい場合の方 ...

ウィザードを使ったコマンドボタンの作成

Accessで起動時にメニューフォームを表示した後、ボタンをクリックして目的のフォームを開くようにしたいという要望はよくあります。コマンドボ ...

自動的に更新される日付や時刻を挿入

Wordでは、日付と時刻を自動的に更新してくれる機能があります。 [挿入]タブの[日付と時刻]から挿入 日付を入力したい箇所にカーソルを移動 ...

文字数制限付きのテキストボックス

Wordでテキストボックスを挿入して、そのテキストボックスに文字数制限をつける方法です。 [ActiveXコントロール]にある[テキストボッ ...

郵便番号変換ウィザードアドインのインストールと設定方法

Excel2010用の郵便番号変換ウィザードですが、Excel2013、Excel2016でもインストールして使用することができます。郵便番 ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.