リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

数式バーの数式を非表示にするには

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでセルに入力した数式を非表示にする方法です。
一生懸命考えた複雑数式を盗まれたくない!とか、数式をじっくり見られたら恥ずかしいとか・・・
さまざまな理由があるかもしれませんが、とにかく数式を隠したいと思ったら活用してください。

下のようにセルI2からセルI5に、数式を入力して自動計算ができるようにしています。
数式バー

セルを選択しても、数式バーに数式を表示されないようにする方法です。
数式バーの数式が非表示

セルの書式設定ダイアログボックスを表示

数式を入力しているセルを範囲選択して、右クリックしてショートカットメニューを表示します。
[セルの書式設定]をクリックします。参考[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示するショートカットキーは、[Ctrl]+[1]です。
ショートカットメニュー

[保護]タブから[表示しない]をオン

[セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。[保護]タブをクリックして、[表示しない]のチェックボックスをオンにします。[OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます。
セルの書式設定ダイアログボックス

シートの保護

[校閲]タブの[シートの保護]をクリックします。
校閲タブのシートの保護

[シートの保護]ダイアログボックスが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。
シートの保護ダイアログボックス

数式を入力したセルを選択しても、数式バーに数式は表示されません。
数式バーの数式が非表示

参考セルのロックをしたままシートの保護を設定すると、入力や編集が出来なくなります。もし、シートの保護をしても編集ができるようにしたいのであれば、[セルの書式設定]の[保護]タブからロックを外してください。

シートの保護については、以下の記事で解説しています。

シートの保護

ワークシートを保護しておくと、誤って数式を削除されたり、勝手に書式を変更されたりすることを防ぐ事ができます。 データだけ編集できるように部分 ...

続きを見る

数式を壊されたくない、数式が入力されたセルのみロック(保護)するには

Excelのブックを複数人と共有すると「えっ?」と思うことはよくあります。「せっかく苦労して作成した数式が消えてる!」なんてこともあります。 ...

続きを見る

数式が入ったセルにだけ保護を設定したい

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

円柱や円錐のグラフを作成するには

Excel2013では、[グラフの挿入]から選択できるグラフの種類が大幅に減りました。 下はExcel2010の[グラフの挿入]ダイアログボ ...

発表者ツール

[発表者ツール]とは、発表者用のモニターにスライドの内容やノートペイン、タイマー、次のスライド、スライドの切替などを表示する機能です。 発表 ...

図形を結合して独自の図形を作成

PowerPoint2013では、複数の図形を組み合わせたものを1つの図形として作成することができます。 図形の挿入 [挿入]タブの[図]グ ...

POWERPIVOTの元データの確認

Excel2010からのアドインであるPowerPivotは、便利なのであれこれ活用していますが、時々 このピボットテーブルの元データはどこ ...

ピボットテーブルのフィールドのグループ化

Excel2013のピボットテーブルでフィールドのグループ化の操作です。 [分析]タブの[フィールドのグループ化] 日付フィールドで[月]や ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.