リンクユニット

Google検索

Office2019 Excel2019

ヒストグラムの作成(Excel2016以降は区分ごとの集計は不要)

投稿日:2020年4月19日 更新日:

ヒストグラムとは、データの分布を区間ごとに分け、それぞれの区間に含まれるデータ(個数)をグループ化して現したグラフのことです。

これまで(Excel2013まで)は、データから度数分布表を作成して、それを元に縦棒グラフを作成して書式設定で調整する方法が一般的でしたが、Excel2016では[ヒストグラム]というグラフの種類が追加され、区分ごとの集計をする必要がなく、データから直接ヒストグラムを作成できます。

ここでは、Excel2019で解説します。

ヒストグラム

ヒストグラムの元データ


ここでは、簡単なサンプルデータをもとに作成していきます。

以下は、20人の方が投票された時の年齢一覧です。

セル[C3]からセル[C22]に年齢が入力されています。

年代別の投票者数は求めません。

ヒストグラムの元データ

ヒストグラムの作成

サンプルデータの年齢列のデータ(セル[C3]からセル[C22])を範囲選択します。

タイトル(セル[C3])は選択しても、しなくても構いません。

年齢列のデータを範囲選択

[挿入]タブの[グラフ]グループにある[統計グラフの挿入]ボタンをクリックします。

統計グラフの挿入

データの統計分析の表示に、この種類のグラフを使います。

矢印をクリックすると、別の種類の統計グラフが表示されます。アイコンの上にポインターを置くと、ドキュメントにプレビューが表示されます。

[挿入]タブの[グラフ]グループにある[統計グラフの挿入]

[ヒストグラム]をクリックします。

ヒストグラム

この種類のグラフの使用目的:
・データの分布を区間にグループ化して表示します。

[ヒストグラム]のボタンとポップヒント

以下のようなグラフが作成されます。

ヒストグラム(既定のまま)

ヒストグラムのビン(区間)を修正

ヒストグラムの区間を修正します。

項目軸(横軸)でダブルクリックして、[軸の書式設定]作業ウィンドウを表示します。

参考[軸のオプション]に[ビン]とありますが、これは[区間]のことです。

横軸でダブルクリックして[軸の書式設定]作業ウィンドウを表示

[軸のオプション]の[ビン]は、既定では[自動]が選択されていますが、これを[ビンの幅]にします。

そして、テキストボックスに[10.0]と入力します。

[軸のオプション]の[ビン]で[ビンの幅]を選択

ビンのオーバーフロー

そして、[ビンのオーバーフロー]のチェックボックスをオンにして、テキストボックスには、ヒストグラムの最後の区間の下限値を入力します。

ここでは、[69.0]と入力します。

[ビンのオーバーフロー]の設定

ビンのアンダーフロー

[ビンのアンダーフロー]のチェックボックスをオンにして、テキストボックスには、ヒストグラムの最初の区間の上限値を入力します。

ここでは、[29.0]と入力します。

[ビンのアンダーフロー]の設定

ヒストグラムの項目軸(横軸)が変化したことを確認します。

項目軸の見方は、最初の範囲は[29以下]、次からは[29より大きくて39以下]、[39より大きくて49以下]、[59より大きくて69以下]となり、最後は[69より大きい]となります。

ヒストグラムの横軸の修正

分類項目がある表の場合

もし、データ元が以下のように、すでに分類項目があって集計してであれば、以下のように設定できます。

分類項目がある表

データ範囲を選択して、ヒストグラムを作成します。

項目軸をダブルクリックして、[軸の書式設定]作業ウィンドウを表示します。

そして、[軸の書式設定]の[軸のオプション]で[分類項目別]を選択します。

[軸のオプション]の[ビン]で[分類項目]を選択

参考セルの数値の前に[~]を表示したい場合は、[セルの書式設定]の[ユーザー定義]で以下のように設定します。

[セルの書式設定]の[ユーザー定義]

ヒストグラムのデザインの修正

[グラフタイトル]を入力したり、[デザイン]タブの[グラフスタイル]でスタイルを変更したりします。

ヒストグラムのスタイル変更

データを表示したい場合は、[クイックレイアウト]などを使用すると早いと思います。

[デザイン]タブのクイックレイアウト

他のグラフと同じように、グラフの右上に表示される[グラフ要素]などで設定することもできます。

[グラフ要素]で[データラベル]を表示

項目ごとの集計グラフを簡単作成

ヒストグラムは、項目のグループごとに集計してくれるので、以下のような表であれば、簡単に集計グラフを作成できます。

売上一覧表

[商品ID]ごとの数量の合計を求めようと思います。

[商品ID]と[数量]のデータを範囲選択して、[挿入]タブの[グラフ]グループの[ヒストグラム]をクリックします。

[挿入]タブの[グラフ]グループの[ヒストグラム]

項目軸(横軸)をダブルクリックして、[軸の書式設定]作業ウィンドウを表示します。

[軸のオプション]から[分類項目別]を選択します。

[商品ID]ごとの集計グラフを作成できます。

[軸のオプション]から[分類項目別]を選択

データラベルを表示したいのであれば、[デザイン]タブの[クイックレイアウト]で[レイアウト2]などを選択すると表示できます。

[クイックレイアウト]で[レイアウト2]を選択

集計値が合っているかどうかは、ピボットテーブルを作成してみると分かりますね。

ピボットテーブル

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Office2019 Excel2019

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.