Windows8 & Office2013 Excel2013

チェックボックスを使って自動集計

投稿日:

Excelで下のようにチェックボックスを使用してチェックした個数と価格の合計を求める方法を紹介します。
エクセルの表

事前準備として、まず開発タブが表示されているか確認します。もし、表示されていない場合は、開発タブの表示の記事を参考に表示させてください。
開発タブ

もう1つ、操作を楽にするために[オブジェクトの選択]ボタンをクイックアクセスツールバーに登録します。
[ホーム]タブの右端にある[検索と選択]をクリックして[オブジェクトの選択]で右クリックして、そして、[クイックアクセスツールバーに追加]をクリックします。追加登録している方は読み飛ばしてください。
検索と選択

追加すると、クイックアクセスツールバーに[オブジェクトの選択]ボタンが表示されます。
オブジェクトの選択

スポンサーリンク

チェックボックスを作成します。 [開発]タブをクリックして[挿入]から[チェックボックス(フォームコントロール)]をクリックします。
チェックボックス(フォームコントロール)

シート内でクリックすると、下のようにチェックボックスが挿入されます。
チェックボックスの挿入

[チェック1]のテキストを削除します。チェックボックスで右クリックして、ショートカットメニューから[テキストの編集]をクリックします。そして、[チェック1]の文字を削除します。
テキストの編集

そして、任意の大きさにします。[Alt]キーを押したままドラッグすると微調整しやすいです。
大きさの調整
チェックボックスをセル内へ移動した後、右クリックしてショートカットメニューから[コントロールの書式設定]をクリックします。
コントロールの書式設定

[コントロールの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。[コントロール]タブにある[リンクするセル]のダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックします。
コントロールの書式設定ダイアログボックス

セルE2をクリックして、再度 ダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックします。ここでは、セルE2にしましたが、任意のセルで構いません。
リンクするセルを選択

下のようにリンクするセルに[$E$2]と表示されていることを確認して[OK]ボタンをクリックします。
オブジェクトの書式設定ダイアログボックス

チェックボックスをクリックしてオンにすると、セルE2の値は[TRUE]となり、
チェックボックスオン

チェックボックスがオフになると、セルE2の値は[FALSE]となります。
チェックボックスオフ

このチェックボックスを下のセルへコピーします。その時、同間隔で貼り付けていく方法です。
チェックボックスを選択しますが、選択しにくい場合は、クイックアクセスツールバーの[オブジェクトの選択]ボタンをクリックすると、選択しやすくなります。
チェックボックスを選択して、[Ctrl]キーと[D]キーを押します。
Ctrl+Dで貼り付け

チェックボックスがコピーされ貼り付けられます。貼り付けられたチェックボックスをセルC3の中央になるよう配置します。Altキーを使用すると微調整しやすいですね。
あとは、[Ctrl]キーと[D]キーを押してセルC11までチェックボックスを貼り付けます。[Ctrl]+[D]は同間隔にコピー&ペーストする複製のショートカットキーです。複製(動画)
チェックボックスの貼り付け

もし、下のように斜めになってしまった場合は、オブジェクトをすべて選択して[左揃え]や[右揃え]ににするといいです。クイックアクセスツールバーに登録した[オブジェクトの選択]ボタンをクリックしてチェックボックスを上から囲むようにドラッグして全部を選択します。
チェックボックスをすべて選択

そして、[書式]タブの右端にある[配置]から[右揃え]をクリックします。
[書式]タブの右端にある[配置]から[右揃え]をクリック

この場合は[右揃え]ですが、ケースに合わせて選択してください。
※オブジェクトの選択ボタンを使用しない場合は、再度 クイックアクセスツールバーからクリックしてオフにしてください。オフにしないと、セルの選択ができません。
チェックボックスの整列

この後、少し面倒ですが、貼り付けたチェックボックスのリンクするセルを変更していきます。
セルC2に配置したチェックボックスは、リンクするセルをセルE3にします。
リンクするセルの編集

C列の全てのチェックボックスの編集が済んだら、各チェックボックスがE列のセルの値とリンクしていることを確認してください。
チェックボックスの完成

後は、数式です。チェックボックスがオンの個数を求めるため、COUNTIF関数を使用します。セルC13に[=COUNTIF($E$2:$E$11,TRUE)]と入力します。関数の引数ダイアログボックスを表示すると、下のようになります。範囲セルE2からセルE11までのTRUEの数を返します。
COUNTIF関数

価格合計を求めるには、SUMIF関数を使用します。セルC13に、[=SUMIF($E$2:$E$11,TRUE,$B$2:$B$11)]と入力します。この時合計範囲は、セルB2からセルB11までにします。
SUMIF関数

チェックボックスをオンにしたり、オフにしたりして、個数と合計が変化するかを確認してください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

ファイルのパスをコピーする

Office2013では、ファイルのパスを簡単にコピーしたり、その保存場所を開くことができます。Office2010も、バックステージビュー ...

別フォームのサブフォームを更新する

Accessで現在開いているフォームを閉じる時に、別フォームのサブフォームを更新したい場合の方法です。 サブフォームの作成については、サブフ ...

削除できない名前がある

Excelのワークシートで使用していない名前があるので、削除したいと思い[数式]タブにある[名前の管理]をクリックして、[名前の管理]ダイア ...

累計はピボットで

Excelで下のような表があって、日々の累計を求めるように指示を受けたとします。 下のように関数を使って求める方もいると思います。それでもい ...

透かしの挿入と設定

Wordでは、下のように文書の背景に透かし文字や画像を挿入することができます。 Word2013では、コマンドの位置が変更になっています。[ ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.