Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

フラッシュフィル

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013の新機能です。文字列などの編集を自動で行ってくれる機能です。

これまで、関数を使って文字列を結合したり、抜き出したりしていたことが、ボタン1つで可能になりました。
いくつか方法があるようです。以下は、試した結果です。

①E列にB列、C列、D列のセルの値を接合したい場合、セルE2に結合した値を入力します。
セルに入力

スポンサーリンク

確定した後、セルE2を選択した状態で[データ]タブの[データツール]グループにある[フラッシュフィル]をクリックします。

フラッシュフィルのポップヒントには以下のように記されています。 
[値を自動的に埋め込みます。結果として使いたいサンプルをいくつか入力したら、値を埋め込みたい列のセルをアクティブにした状態にしておきます。]

データタブ

クリックしただけで、一瞬で隣のD列の最終行まで表示されます。ビックリです!!
結果

入力後には[フラッシュフィルオプション]ボタンが現れます。[フラッシュフィルオプション]をクリックした状態です。
ここで、元に戻したり、確定したりすることができます。
フラッシュフィルオプション

面白くて、いろいろやっていたら、下のようなメッセージが表示されるようになりました。何が原因なのかはわかりません。
メッセージウィンドウ

②セルE2とセルE3に入力したあと、フィルハンドルをダブルクリックすると、
フィルハンドルをダブルクリック

[オートフィルオプション]ボタンが表示されます。クリックして[フラッシュフィル]をクリックします。
フラッシュフィル

①と同じようにB列、C列、D列の結合された値が表示されました。
結果

③郵便番号を[-]なしの番号にすることもできるのかしらと、セルE2にセルA2の郵便番号から数字のみを入力しました。
セルE3に先頭の1文字[8]を入力した時点で、下のように最後のセルまでプレビューが表示されました。
数字の入力

[Enter]キーを押すと確定されました。
結果

[フラッシュフィル]は[ホーム]タブの[編集]グループの[フィル]ボタンのメニューの中にもあります。
ホームタブ

また、[ファイル]タブの[Excelのオプション]にある[詳細設定]に[フラッシュフィルを自動的に行う]という項目があります。
これがオンになっていないと実行できません。
Excelのオプション

フラッシュフィルが使用できないバージョンでは、以下の記事が参考になると思います。

複数の文字列を結合してひとつの文字列にするには

Excelで1つのセルに他のセルの文字列を結合した文字列を表示する方法を紹介します。3つの方法を紹介しますので、ご自分に合った方法で操作して ...

続きを見る

お勧め記事と広告

関連記事

前回のセッションのタブから開始する

IE10のインターネットオプションには、[前回のセッションのタブから開始する]という設定があります。 ウィンドウの右上にある[ツール]ボタン ...

ハイパーリンクの下線を消す裏ワザ

PowerPointでハイパーリンクの下線を非表示にするには、ExcelやWordのように簡単にはいきません。 設定したハイパーリンクを削除 ...

便箋のような罫線を引いた用紙を作成したい

Wordで下のように便箋のような罫線を引いた用紙を作る方法です。 新規文書でEnterキーを連打して、段落記号を罫線を引きたい範囲に表示しま ...

データベースをテーブルとその他のファイルに分割

Accessで作成したデータベースをテーブルとその他のファイルに分割する方法です。データベース分割ツールを使って簡単に作成できます。複数人で ...

スクリーンショットにハイパーリンク

Office2010からの機能のひとつにスクリーンショットがあります。 スクリーンショット(Office2010) Excelでは、[挿入] ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.