Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

フラッシュフィル(文字列の結合や抜き出しをワンクリックで)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013の新機能です。

文字列などの編集を自動で行ってくれる機能です。

これまで、関数区切り位置ウィザード使って文字列を結合したり、抜き出したりしていたことが、ボタン1つで可能になりました。

いくつか方法があるようです。

以下は、試した結果です。

3つのセルの値を接合した値を入力

①E列にB列、C列、D列のセルの値を接合したい場合、セル[E2]に結合した値を入力します。

セルに入力

確定した後、セルE2を選択した状態で[データ]タブの[データツール]グループにある[フラッシュフィル]をクリックします。

フラッシュフィルのポップヒントには以下のように記されています。

値を自動的に埋め込みます。

結果として使いたいサンプルをいくつか入力したら、値を埋め込みたい列のセルをアクティブにした状態にしておきます。

データタブ

クリックしただけで、一瞬で隣のD列の最終行まで表示されます。

ビックリです!!

結果

入力後には[フラッシュフィルオプション]ボタンが現れます。

[フラッシュフィルオプション]をクリックした状態です。

ここで、元に戻したり、確定したりすることができます。

フラッシュフィルオプション

面白くていろいろやっていたら、下のようなメッセージが表示されるようになりました。

何が原因なのかはわかりませんが、たまたま正しく認識されなかったのだと思います。

選択範囲の周囲にあるすべてのデータを確認しましたが、値を埋め込むためのパターンが見つかりませんでした。

フラッシュフィルを使うには、結果として表示したいデータをサンプルとしていくつか入力し、フラッシュフィルを実行する列のセルをアクティブにした状態で、[フラッシュフィル]ボタンをもう一度クリックします。

メッセージウィンドウ

フィルハンドルをダブルクリック

②セル[E2]とセル[E3]に入力したあと、フィルハンドルをダブルクリックすると、

フィルハンドルをダブルクリック

[オートフィルオプション]ボタンが表示されます。

クリックして[フラッシュフィル]をクリックします。

フラッシュフィル

①と同じようにB列、C列、D列の結合された値が表示されました。

結果

郵便番号から-を削除

③郵便番号を[-]なしの番号にすることもできるのかしらと、セル[E2]にセル[A2]の郵便番号から数字のみを入力しました。

セル[E3]に先頭の1文字[8]を入力した時点で、下のように最後のセルまでプレビューが表示されました。

オートコンプリートが機能したんですね。

この機能は設定でオフにすることができます。

Excelのオプションで解説しています。

数字の入力

[Enter]キーを押すと確定されました。

結果

参考[フラッシュフィル]は[ホーム]タブの[編集]グループの[フィル]ボタンのメニューの中にもあります。

ホームタブ

氏名を姓と名に分割

下のように1つのセルに氏名を入力した表があります。

姓と名の間は空白スペースで分けています。

空白スペースで分けた氏名

これを姓と名にセルを分ける場合もフラッシュフィルが便利です。

セル[B2]に[本田]と入力して確定した後、セル[B2]でフィルハンドルをダブルクリックして、[オートフィルオプション]で[フラッシュフィル]をクリックしています。

[オートフィルオプション]の[フラッシュフィル]

同じようにセル[C2]に[空太郎]と入力して確定した後、セル[C2]でフィルハンドルをダブルクリックして、[オートフィルオプション]で[フラッシュフィル]をクリックしています。

[オートフィルオプション]の[フラッシュフィル]

参考氏名を姓と名に分ける方法は、区切り位置ウィザードを使用する方法もあります。

フラッシュフィルが使用できないバージョンでは、以下の記事が参考になると思います。

フラッシュフィルは、Excel2013からの機能です。

氏名の列を姓と名の列に分割

Excel2013で氏名セルを姓と名の別々のセルに分ける操作をしていたら、Excel2013のポップヒントに思わずほっこりしました。 下のよ ...

続きを見る

Excelのオプションでの設定

[ファイル]タブの[Excelのオプション]にある[詳細設定]に[フラッシュフィルを自動的に行う]という項目があります。

オートコンプリートでのフラッシュフィルを実行したくない場合は、このチェックボックスをオフにします。

参考オートコンプリートとは、セルに先頭の何文字かを入力した時に、自動的に入力される機能です。

郵便番号から-を削除で解説しているような機能です。

Excelのオプション

フラッシュフィルが使用できないバージョンで、文字列を結合してひとつの文字列にする方法は、以下の記事で解説しています。

複数の文字列を結合してひとつの文字列にするには

Excelで1つのセルに他のセルの文字列を結合した文字列を表示する方法を紹介します。 3つの方法を紹介しますので、ご自分に合った方法で操作し ...

続きを見る

参考Excel 2016 for Macでもフラッシュフィルの機能が使えるようになりました。

Macでもフラッシュフィルができる!

Excel 2016 for Macでも、フラッシュフィルの機能が追加されました。 検証したバージョンは、[16.14.1(180613)] ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.