Google検索

リンクユニット

Mac Office for Mac

Macでもフラッシュフィルができる!

投稿日:2018年7月9日 更新日:

Excel 2016 for Macでも、フラッシュフィルの機能が追加されました。

検証したバージョンは、[16.14.1(180613)]です。どのバージョンの時に追加されたかは分かりませんが、以下のバージョンでは使用できるようになっています。

バージョン

Windowsでは、早くからフラッシュフィルの機能はありました。Excel2013からの機能です。

文字列を結合したり、抜き出しを自動で行ってくれる機能です。

フラッシュフィル(文字列の結合や抜き出しをワンクリックで)

Excel2013の新機能です。文字列などの編集を自動で行ってくれる機能です。これまで、関数や区切り位置ウィザード使って文字列を結合したり、 ...

続きを見る

フィルハンドルをドラッグ

以下のような表があって、セル[C2]にセル[A2]とセル[B2]の文字列を結合したものを入力します。

フィルハンドルをドラッグ

セル[C2]のフィルハンドルを下へドラッグします。右下に表示される[オートフィルオプション]をクリックします。

その中に[フラッシュフィル]というのがありますので、それをクリックします。

フラッシュフィル

すると、下のようにセル[C2」と同じようにA列とB列の文字列を結合したものが表示されます。

便利ですね!

フラッシュフィルの結果

[データ]タブの[フラッシュフィル]

[データ]タブにも[フラッシュフィル]のボタンがあります。

[データ]タブの[フラッシュフィル]ボタン

同じようにセル[J2]にセル[H2]とセル[I2]を入力します。そして、セル[J2]を選択して、[データ]タブの[フラッシュフィル]ボタンをクリックします。

すると、下のようにメッセージウィンドウが表示されてしまいます。[OK]ボタンをクリックして閉じます。

選択範囲の周囲にあるすべてのデータを確認しましたが、値を埋め込むためのパターンが見つかりませんでした。

フラッシュフィルを使うには、結果として表示したいデータをサンプルとしていくつか入力し、フラッシュフィルを実行する列のセルをアクティブにした状態で、[フラッシュフィル]ボタンをもう一度クリックします。

メッセージウィンドウ

上記のドラッグ後の[オートフィルオプション]ボタンで解説したデータを使っても、[データ]タブの[フラッシュフィル]ボタンではメッセージが表示されてしまいます。

認識されていないということなんですね。しばらく悩んでしまいました。

いくつかのデータを操作していて、分かったことです。

[データ]タブの[フラッシュフィル]ボタンを使用する場合の注意

サンプルセルの上部にセルがあって、上記メッセージが表示された場合は、上部のセルを空白にするとうまくいきます。

※サンプルセルの上部のセルが空白でなくても、対象のデータによってはうまくいく場合もあります。

ドラッグ操作をするときは、サンプルセルの上部のセルは空白でなくても(文字列や数値が入力されていても)OKです。なので、メッセージが表示された場合は、ドラッグ操作に切り替えたほうがいいかもしれませんね。

参考数字などの場合は、列の途中でセルでサンプルセルを作成してもうまくいくことがあります。

サンプルセル上部のセルを空白にして操作

下のようにサンプルセルの上部のセルを空白にします。

サンプルセルの上部を空白に

そして、[データ]タブの[フラッシュフィル]ボタンをクリックします。

フラッシュフィルボタン

すると、H列とI列の文字列を結合したデータが表示されました。

見て分かるかと思いますが、サンプルセルの上部のセルもフラッシュフィルが反映されてしまいます。

フラッシュフィル操作後

サンプルセルの右下に[フラッシュフィル]ボタンが表示されますので、クリックすると、下のようなメニューが表示されます。

フラッシュフィルで表示されたセルの値を元に戻すことも簡単に行うことができます。

[フラッシュフィル]ボタン

[ホーム]タブの[フラッシュフィル]

[ホーム]タブにも[フラッシュフィル]ボタンがあります。[ホーム]タブの右端のほうにある[フィル]ボタンをクリックすると、メニューが表示されます。

一番下に[フラッシュフィル]があります。

[ホーム]タブの[フラッシュフィル]

ハイフンの削除もフラッシュフィルで

郵便番号の[-]を抜きたい場合も、最上部のセルにサンプルを入力して、[データ]タブの[フラッシュフィル]ボタンをクリックすると、簡単に入力することができます。

この場合は、サンプルセルの上部のセルに文字列が入力されていても、うまく表示されました。

フラッシュフィル サンプルセルの上部に文字列あり

以下は、Microsoftの[Excel 2016 for Mac] と [Excel 2013 for Windows] の機能を比較した記事です。以下の記事では、フラッシュフィルはまだ使用できないとなっていますので、フラッシュフィルの機能は最近追加されたのだと思います。

Excel 2016 for Mac と Excel 2013 for Windows を比較する - Excel for Mac

どんどん進化していきますね。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

QuickTimeで画面操作を録画

QuickTime Playerでは、画面操作を録画できる機能があります。シンプルで使いやすいと思います。 画面収録の操作画面の表示 Qui ...

ワークグループの設定(Lion)

WindowsとMacのファイル共有はするする~っと終わりました。 だから、どこをどう設定したのか、もうはっきり覚えていないのですが、おそら ...

テキストエディット(HTMLソースを開く)

テキストエディットでWebページのソースを表示することができます。 Webページを保存 まず、Webページを保存します。ここでは、デスクトッ ...

Finderの環境設定

メニューバーの[Finder]から、[環境設定]をクリックします。 一般 [一般]をクリックします。 デスクトップに表示する項目でチェックが ...

強制終了

レインボーカーソルが回り続けたままのときは、[command]キー + [ピリオド]キーを押します。 それでも、まわり続けるときは、[com ...

-Mac Office for Mac

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.