Mac 基本

ひな形の作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

ファイルの情報ウィンドウからひな型を作成することができます。

ひな形にしたファイルは上書き保存ができなくなります。ひな形にしたファイルを編集した後、保存しようとすると別のファイルとして保存されます。

同じ書式のファイルをよく作成する場合は、決まった形式の部分だけ作成して、ひな形として保存しておくと、簡単に同じ形式のファイルを作成できるようになります。

ひな形の作成

ひな型にしたいファイルを選択します。

そして、右クリックしてコンテキストメニューから[情報をみる]を選択します。

ショートカットキーは、[command] + [I]です。

コンテキストメニューの[情報を見る ]

情報ウィンドウの[ひな形]のチェックボックスをオンにします。

情報ウィンドウの[ひな形]

ひな形となったファイルをダブルクリックで開くと、コピーが作成されて開きます。

ひな形としたファイルは上書きされません。

コピーされたファイル

参考[情報]ウィンドウの[ロック]については、以下の記事で解説しています。

ファイルのロックは情報ウィンドウで設定

重要なファイルなどは簡単に内容を変更したり、削除されないようにロックしたほうがいいですね。 ファイルにロックをかけると、ほかの場所に移動した ...

続きを見る

macOS Big Surで[ひな形]を作成

macOS Big Surでひな形を作成する方法も同じです。

ファイルを右クリックして、コンテキストメニューから[情報を見る]をクリックします。

macOS Big Surのコンテキストメニュー[情報を見る]

情報ウィンドウの[一般情報]にある[ひな形]のチェックボックスをオンにします。

[ロック]がオンの場合は、無効になっていますので、ロックはオフにして操作してください。

情報ウィンドウの[ひな形]

ひな形に設定しても、見た目は何も変わりません。

ただ、ダブルクリックして開こうとするおt、コピーが作成されます。

ファイルのコピー

コピーファイルの情報ウィンドウです。ひな形はオフです。

コピーファイルの情報ウィンドウ

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

Profile

執筆者/はま

Ad

-Mac 基本

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.