Mac その他アプリ

テキストエディットに画像を貼り付ける

投稿日:2017年1月7日 更新日:

テキストエディットに画像を貼り付ける方法です。

ドラッグで貼り付け

画像をテキストエディットの文書内へドラッグするだけで、カーソルの位置へコピーとして貼り付けることができます。

テキストエディットの文書へドラッグ&ドロップ

ドラッグの取り消し

取り消す場合は、[編集]メニューから[ドラッグの取り消し]をクリックします。

[編集]メニューの[ドラッグの取り消し]

ショートカットキーは、[command]+ [Z] です。

キーボード[command]+[Z]

ドラッグのやり直し

やり直す場合は、メニューバーの[編集]から[ドラッグのやり直し]をクリックします。

再度、画像が表示されます。

[編集]メニューの[ドラッグのやり直し]

ショートカットキーは、[shift] + [command] + [Z]です。

キーボード[shift] + [command] + [Z]

バージョン1.16の場合

macOS Big Surのテキストエディット1.16の場合の操作について追記しておきます。

テキストエディットのバージョン

画像をテキストエディットにドラッグします。

すると、以下のようにメッセージウィンドウが表示されます。

[ファイル]メニューの[開く]から、挿入しても同じです。

この種類をRTFDフォーマットに変換しますか?

この書類にはグラフィックスと添付書類が含まれているため、RTFDフォーマット(グラフィックスを含むRTF)で保存されます。RTFD書類は一部のアプリケーションと互換性がありません。このまま変換しますか?

[この種類をRTFDフォーマットに変換しますか?]のウィンドウ

[変換]ボタンをクリックすると、以下のように拡張子[.rtfd]で保存されます。

[複製]を選択すると、コピーが作成されます。

ここでは、拡張子は表示する設定をしています。

拡張子の表示/非表示設定

Macでは、既定で拡張子は表示されていません。ですが、拡張子は表示しておいたほうがファイルの種類が分かり区別できます。 ファイルの拡張子を表 ...

続きを見る

画像を挿入したRTFDファイル

関連以下は、テキストエディット関連の記事です。

テキストエディットでHTMLソースを開く

テキストエディットでWebページのソースを表示することができます。 開きたいHTMLファイルを選択して、[リッチテキストコマンドを無視する] ...

続きを見る

テキストエディットを開いてWord・PDF・TXTで保存するには

テキストエディットで編集したものを保存する場合、Wordで保存することができます。 [ファイル]メニューの[別名で保存]をクリックします。 ...

続きを見る

テキストエディットでWord文書を開く

テキストエディットでMicrosoft Wordで作成された文書も開くことができます。 Word2003までの文書(拡張子.doc)です。 ...

続きを見る

テキストエディットの検索と置換

テキストエディットで文字列を検索して置換したい場合は、[編集]メニューの[検索]から[検索]をクリックします。 ショートカットキーは、[co ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Profile

執筆者/はま

-Mac その他アプリ
-

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.