Mac その他アプリ

テキストエディットを開いてWord・PDF・TXTで保存するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

テキストエディットで編集したものを保存する場合、Wordで保存することができます。

[ファイル]メニューの[別名で保存]をクリックします。

はじめての保存の場合は、[保存]でもOKです。書類が変更されると、[閉じる]ボタンに[・]がつきます。

以下の画像は、Mac OS X 10.3 です。

[ファイル]メニューの[別名で保存]

下のように保存するファイル形式を指定することができます。

別名で保存ウィンドウ(ファイル形式)

[別名で保存]のテキストボックスに名前を入力して、[Wordフォーマット]を選択します。

[保存]ボタンをクリックします。

別名で保存ウィンドウ

デスクトップに保存できました。

Wordで保存したときのアイコン

バージョン1.16の場合

macOS Big Surのテキストエディット1.16の場合の操作について追記しておきます。

テキストエディットのバージョン

テキストエディットで新規作成して保存する場合は、[ファイル]メニューの[保存]をクリックします。

ショートカットキーは、[command]+[S]です。

[ファイル]メニューの[保存]

以下のようなダイアログボックスが表示されます。

[名前]を入力して[場所]を指定します。

拡張子は表示するように設定しています。

テキストエディットの[保存]ダイアログボックス

フォーマットは、既定は[リッチテキスト書類](拡張子は.rtf)になっていますが、変更することができます。

Wordで開けるようにしたいのであれば、Wordのバージョンを確認して選択してください。

  • リッチテキスト書類
  • 添付データ付きリッチテキスト書類
  • Webページ(.html)
  • Webアーカイブ書類
  • OpenDocumentテキスト(.odt)書類
  • Word 2007(.docx)書類
  • Word 2003(.xml)書類
  • Word 97(.doc)書類

保存ダイアログボックスのファイルの種類

参考テキストエディット1.16では、[別名で保存]というコマンドはありません。

既存のテキストを別のフォーマットで保存したい場合は、[ファイル]メニューから[複製]をクリックして、フォーマットを選択して保存します。

ショートカットキーは、[shift]+[command]+[S]です。

[ファイル]メニューの[複製]

PDFで保存するには

[PDF]で保存するには、[ファイル]メニューから[PDFとして書き出す]をクリックします。

[ファイル]メニューから[PDFとして書き出す]

拡張子は[.pdf]で保存できます。

PDFの[保存]ダイアログボックス

参考[ファイル]メニューの[プリント]からPDFとして保存すると、パスワードを設定できます。

PDFとして保存(セキュリティオプションでパスワード設定)

テキストファイルや画像ファイルをPDFファイルとして保存することができます。 Mac OS X 10.4 以降は、PDF作成時にパスワードを ...

続きを見る

PDFセキュリティオプション

拡張子(.txt)で保存する方法

テキストエディットでも、テキスト(.txt)ファイルで保存することができます。

既存の(.rtf)ファイルでもテキスト(.txt)ファイルに変更できます。

[フォーマット]メニューから[標準テキストにする]をクリックします。

ショートカットキーは、[shift]+[command]+[T]です。

[フォーマット]メニューの[標準テキストにする]

[標準テキストに変換しますか?]というメッセージウィンドウが表示されます。

リッチテキスト書類を標準テキスト書類にすると、保存済み書類ファイルが置き換えられ、すべてのテキストスタイル、イメージ、添付ファイル、および書類のプロパティが失われます。

[OK]ボタンをクリックします。

[標準テキストに変換しますか?]のウィンドウ

ファイルが編集できるようになります。

そして、[ファイル]メニューから[保存]をクリックすると、以下のウィンドウが表示されます。

ショートカットキーは、[command]+[S]です。

[ファイル]メニューの[保存]

名前と保存場所を確認して、[保存]ボタンをクリックします。

[標準テキストで保存]ウィンドウ

標準テキストのエンコーディングを展開すると、以下のようになっています。

標準テキストのエンコーディング

関連以下は、テキストエディット関連の記事です。

テキストエディットでHTMLソースを開く

テキストエディットでWebページのソースを表示することができます。 開きたいHTMLファイルを選択して、[リッチテキストコマンドを無視する] ...

続きを見る

テキストエディットの検索と置換

テキストエディットで文字列を検索して置換したい場合は、[編集]メニューの[検索]から[検索]をクリックします。 ショートカットキーは、[co ...

続きを見る

テキストエディットでWord文書を開く

テキストエディットでMicrosoft Wordで作成された文書も開くことができます。 Word2003までの文書(拡張子.doc)です。 ...

続きを見る

テキストエディットに画像を貼り付ける

テキストエディットに画像を貼り付ける方法です。 ドラッグで貼り付け 画像をテキストエディットの文書内へドラッグするだけで、カーソルの位置へコ ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

Profile

執筆者/はま

Ad

-Mac その他アプリ
-

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.