リンクユニット

Mac その他アプリ

Print Friendly, PDF & Email

テキストエディット(HTMLソースを開く)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

テキストエディットでWebページのソースを表示することができる。

まずデスクトップに私のサイトを保存。
サイトを起動して、メニューバーの[ファイル]から[別名で保存]をクリック。
Safariメニューバー

名前をつけて[保存]ボタンをクリック。
別名で保存

Dockの[テキストエディット]をクリックして起動。
Dock

メニューバーの[ファイル]から[開く]をクリック。
テキストエディットのメニューバー

開きたいHTMLファイルを選択して、[リッチテキストコマンドを無視する]のチェックをオンにする。
[開く]ボタンをクリック。
ここのチェックをオフにしたまま開くと普通のWebページのように表示される。
開くウィンドウ

HTMLソースを表示することができる。
HTMLソース

解決できないことは【teratail】で質問してみましょう。

お勧めのテキストです。

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

新規フォルダの作成

デスクトップに新規フォルダを作成する方法。 ファイルメニューから メニューバーの[ファイル]をクリックして、新規フォルダをクリック。 右クリ ...

メールの接続設定

インターネット接続が完了している状態での設定。 Dockの[Mail]をクリック。 すぐ、下の画面が表示される。プロバイダから提供されたもの ...

新しいメールボックスの作成

新しいメールボックスを作成するには、メニューバーの[メールボックス]をクリック。[新規]をクリック。 [新規メール]ウィンドウが表示されるの ...

階層構造

デスクトップの右上にあるのが[起動ディスク]。[起動ディスク]をダブルクリック。 これは、USBにフラッシュメモリを挿しこんでいる状態。 ル ...

iPod shuffleにファイルを保存

iPod shuffleをパソコンのUSBに接続する。 オプションの表示 [iTune]のリストから、iPod shuffleを選択して[オ ...

-Mac その他アプリ
-

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.