Google検索

Mac その他アプリ

テキストエディット(HTMLソースを開く)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

テキストエディットでWebページのソースを表示することができます。

Webページを保存

まず、Webページを保存します。ここでは、デスクトップに保存します。

サイトを起動して、メニューバーの[ファイル]から[別名で保存]をクリックします。

Safariメニューバー

名前を付けて[保存]ボタンをクリックします。

別名で保存

テキストエディットを起動

Dockの[テキストエディット]をクリックして起動します。

Dock

メニューバーの[ファイル]から[開く]をクリックします。

テキストエディットのメニューバー

開きたいHTMLファイルを選択して、[リッチテキストコマンドを無視する]のチェックボックスをオンにします。

[開く]ボタンをクリックします。ここのチェックボックスをオフにしたまま開くと、普通のWebページのように表示されます。

開くウィンドウ

HTMLソースを表示することができます。

HTMLソース

関連以下は、テキストエディット関連の記事です。

テキストエディット(検索と置換)

文字列を検索して置換したい場合は、メニューバーの[編集]→[検索]→[検索]をクリックします。 ショートカットキーは、[command]+ ...

続きを見る

テキストエディット(Wordで保存)

テキストエディットで編集したものを保存する場合、Wordで保存することができます。 メニューバーの[ファイル]から[別名で保存]をクリックし ...

続きを見る

テキストエディット(Word文書を開く)

Microsoft Wordで作成された文書も開くことができます。 ※Word2003までの文書(拡張子.doc)です。 [アプリケーション ...

続きを見る

テキストエディット(画像の貼り付け)

テキストエディットに画像を貼り付ける方法です。 ドラッグで貼り付け 画像をテキストエディットの文書内へドラッグするだけで、カーソルの位置へコ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Mac その他アプリ
-

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.