リンクユニット

Mac その他アプリ

テキストエディット(HTMLソースを開く)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

テキストエディットでWebページのソースを表示することができます。

Webページを保存

まず、Webページを保存します。ここでは、デスクトップに保存します。

サイトを起動して、メニューバーの[ファイル]から[別名で保存]をクリックします。
Safariメニューバー

名前を付けて[保存]ボタンをクリックします。
別名で保存

テキストエディットを起動

Dockの[テキストエディット]をクリックして起動します。
Dock

メニューバーの[ファイル]から[開く]をクリックします。
テキストエディットのメニューバー

開きたいHTMLファイルを選択して、[リッチテキストコマンドを無視する]のチェックボックスをオンにします。
[開く]ボタンをクリックします。
ここのチェックボックスをオフにしたまま開くと、普通のWebページのように表示されます。
開くウィンドウ

HTMLソースを表示することができます。
HTMLソース

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

サーバーへ接続

システム環境の[共有]を表示して、[FTPサービス]のチェックボックスをオンにします。 Finderのメニューバーが表示されている状態で、メ ...

ラベルをつける

ファイルやフォルダにラベルをつけておくと、識別しやすくなります。 まず、ラベルをつけたいファイルやフォルダを選択します。 ファイルメニューか ...

iPhoto(フォトライブラリの新規作成)

iPhotoを終了させます。 Finderから、今の[iPhoto Library]を選択します。 初期設定のままなら、ホームフォルダの中の ...

開発タブを表示する

Office 2016 for Macで[開発]タブを表示する方法です。ここでは、Excel 2016 for Macで解説します。 環境設 ...

iTunes(コンパクト表示)

iTunesの左上の緑のボタンを押すと、コンパクト表示になります。 ウィンドウの右下をドラッグするとさらに小さくなります。 再度、緑のボタン ...

-Mac その他アプリ
-

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.