Mac その他アプリ

Print Friendly, PDF & Email

テキストエディット(HTMLソースを開く)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

テキストエディットでWebページのソースを表示することができる。

まずデスクトップに私のサイトを保存。
サイトを起動して、メニューバーの[ファイル]から[別名で保存]をクリック。
Safariメニューバー

名前をつけて[保存]ボタンをクリック。
別名で保存

Dockの[テキストエディット]をクリックして起動。
Dock

メニューバーの[ファイル]から[開く]をクリック。
テキストエディットのメニューバー

開きたいHTMLファイルを選択して、[リッチテキストコマンドを無視する]のチェックをオンにする。
[開く]ボタンをクリック。
ここのチェックをオフにしたまま開くと普通のWebページのように表示される。
開くウィンドウ

HTMLソースを表示することができる。
HTMLソース

あなたへのおすすめ

関連記事

AppleWorks

txtファイルをダブルクリックしても、開けなかったから、 右クリックして、AppleWorksを選択してみたら…EXCELのようなもので開く ...

ツールバーとブックマークバー

インターネットを楽しむためには、ブックマークバーを表示させておいたほうが便利かもメニューバーの[表示]から[ブックマークバー]をクリック ま ...

画像の保存

Webサイトの画像を取り込むときは、取り込みたい画像で右クリック。 ショートカットメニューの中から[イメージをデスクトップに保存]をクリック ...

メニューエクストラ

commandキーを押しながら、ドラッグすると位置を変更できる。 commandキーを押しながら、メニューバーの外へドラッグ&ドロップすると ...

拡張子の表示

[情報を見る]ウィンドウの操作で各ファイルの拡張子を表示できる。 ファイルの情報 ファイルを作成した時に、すべてのファイルに拡張子を表示する ...

-Mac その他アプリ
-

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.