リンクユニット

Mac その他アプリ

テキストエディット(HTMLソースを開く)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

テキストエディットでWebページのソースを表示することができる。

まずデスクトップに私のサイトを保存。
サイトを起動して、メニューバーの[ファイル]から[別名で保存]をクリック。
Safariメニューバー

名前をつけて[保存]ボタンをクリック。
別名で保存

Dockの[テキストエディット]をクリックして起動。
Dock

メニューバーの[ファイル]から[開く]をクリック。
テキストエディットのメニューバー

開きたいHTMLファイルを選択して、[リッチテキストコマンドを無視する]のチェックをオンにする。
[開く]ボタンをクリック。
ここのチェックをオフにしたまま開くと普通のWebページのように表示される。
開くウィンドウ

HTMLソースを表示することができる。
HTMLソース

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

Windows共有(3)

まず、準備として[システム環境設定]から[共有]を開いて、[Windows共有]にチェックを入れる。 参考はWindows共有 (1) そし ...

ワークグループの設定

ワークグループの名前を変更したりするときは、[アプリケーション]フォルダの中の[ユーティリティ]をクリック。 [ユーティリティ]フォルダの中 ...

フォントパネル

文字を入力するアプリでは共通に使用するもの。 テキストエディタなどを起動させておいて、メニューバーの[フォーマット]→[フォント]→[フォン ...

プリンタの設定

プリンタを追加する前に付属のプリンタドライバをインストールする必要があります。システム環境設定から[プリンタとファクス]をクリック。 システ ...

クリップボードに保存

プリントスクリーンするとき、[control]キーを押したまま、画面撮影のショートカットキーを実行すると、撮影画面をクリップボードに保存でき ...

-Mac その他アプリ
-

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.