Mac その他アプリ

Print Friendly, PDF & Email

テキストエディット(HTMLソースを開く)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

テキストエディットでWebページのソースを表示することができる。

まずデスクトップに私のサイトを保存。
サイトを起動して、メニューバーの[ファイル]から[別名で保存]をクリック。
Safariメニューバー

名前をつけて[保存]ボタンをクリック。
別名で保存

Dockの[テキストエディット]をクリックして起動。
Dock

メニューバーの[ファイル]から[開く]をクリック。
テキストエディットのメニューバー

開きたいHTMLファイルを選択して、[リッチテキストコマンドを無視する]のチェックをオンにする。
[開く]ボタンをクリック。
ここのチェックをオフにしたまま開くと普通のWebページのように表示される。
開くウィンドウ

HTMLソースを表示することができる。
HTMLソース

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

あなたへのおすすめ

関連記事

ファイル名、フォルダ名

ファイル名やフォルダ名は、半角で最大255文字までの名前が付けられる。 名前の変更は アイコンの名前の部分をクリックすると変更可能状態になる ...

毎日同じ時間に起動させるには

毎朝、同じ時間にMacを起動させて、[radiko]をオンにしたいと思って設定しました。 Dockの[システム環境設定]をクリックします。 ...

コンピュータ名の変更

コンピュータ名は変更することができる。 Dockの[システム環境設定]をクリック。 [インターネットとネットワーク]から[共有]をクリック。 ...

Windows共有(1)

Mac側でシステムの環境設定を開く。 共有をクリックする。 [サービス]タブから、Windows共有にチェックを入れる。あるいは、[Wind ...

iPhoto(フォトライブラリの新規作成)

iPhotoを終了させる。 Finderから、今の[iPhoto Library]を選択。 初期設定のままなら、ホームフォルダの中の[ピクチ ...

-Mac その他アプリ
-

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.