Mac その他アプリ

Print Friendly

テキストエディット(HTMLソースを開く)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

テキストエディットでWebページのソースを表示することができる。

まずデスクトップに私のサイトを保存。
サイトを起動して、メニューバーの[ファイル]から[別名で保存]をクリック。
Safariメニューバー

名前をつけて[保存]ボタンをクリック。
別名で保存

Dockの[テキストエディット]をクリックして起動。
Dock

スポンサーリンク

メニューバーの[ファイル]から[開く]をクリック。
テキストエディットのメニューバー

開きたいHTMLファイルを選択して、[リッチテキストコマンドを無視する]のチェックをオンにする。
[開く]ボタンをクリック。
ここのチェックをオフにしたまま開くと普通のWebページのように表示される。
開くウィンドウ

HTMLソースを表示することができる。
HTMLソース

お勧め記事と広告

関連記事

iTunes(トラックを統合)

曲と曲の間の無音状態をなくして連続して聞きたい場合は、統合したい曲を[shift]キーを押しながら選択して、 メニューバーの[詳細設定]から ...

このMacについて

Lionのバージョンを確認する方法です。 ウィンドウの上右端にあるリンゴのボタンをクリックします。 アップルメニューが表示されます。 [この ...

受信確認

新規メールを受信すると、Dockのアイコンに未開封のメールの数が表示される。 Dockの[Mail]のアイコンを長押しするか、右クリックする ...

ゴミ箱について

不要になったファイルをゴミ箱へ入れるときは、ファイルをDockのゴミ箱のアイコンにドラッグ&ドロップ。ゴミ箱にファイルが入ると、下のようにな ...

ひな形の作成

情報ウィンドウからひな型を作成しておくことができる。 ひな型にしたいファイルを選択。 右クリックしてコンテキストメニューから[情報をみる]を ...

-Mac その他アプリ
-

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.