Mac Office for Mac

開発タブを表示する

投稿日:2017年8月23日 更新日:

Office 2016 for Macで[開発]タブを表示する方法です。ここでは、Excel 2016 for Macで解説します。

[環境設定]の[表示]から[開発者タブ]のチェックボックスをオンにします。

[開発]タブを表示しておくと、[アドインの追加]や[マクロの記録]もすぐ行うことができます。

mac[開発]タブ

[環境設定]ダイアログボックスの表示

アプリケーションメニューから[環境設定]をクリックします。

[Excel]メニューの[環境設定]

ショートカットキーは、[command]+[,](カンマ)です。

macキーボード[command]+[,](カンマ)

[表示]から設定

環境設定の[表示]をクリックします。

環境設定の[表示]

[開発者タブ]のチェックボックスをオン

[リボンに表示]にある[開発者タブ]のチェックボックスをオンにします。

[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。

開発者タブのチェックをオンにする

注意Word 2019 for Macの場合は、[[開発]タブの表示]になっています。

[開発]タブの表示

[開発]タブ

[開発]タブが表示されます。

開発タブ

Excelアドインの追加

[開発]タブを表示しておくと、アドインの追加もすぐ行うことができます。以下の画像は、[Excelアドイン]をクリックしたところです。

[Solver Add-in]と[分析ツール]があります。チェックボックスをオンにするだけで、有効になります。

[開発]タブの[Excelアドイン]

マクロの記録

また、[マクロの記録]ボタンをクリックして、操作手順を記録してマクロを作成することができます。

操作手順は、VBAで記録されるので、後で修正することができます。

参考PowerPoint 2016 for Macでは、マクロの記録機能はありません。VBAを記述してマクロを作成して実行することはできます。

[開発]タブの[マクロの記録]

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Profile

執筆者/はま

-Mac Office for Mac

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.