Mac 基本

【しまう】と【閉じる】と【終了】

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Macで[しまう]、[閉じる]、[終了]の操作の違いを解説します。

Macの場合、[閉じる]をクリックしても、アプリケーションを終了できるわけではありません。

iTunesを起動している状態での解説です。(操作と画像はMac OS X 10.3(Panther)です)

しまう

[しまう]方法は、4つあります。

また、複数のウィンドウを一度に[しまう]こともできます。

ウィンドウの[しまう]ボタンから

ウィンドウ左上の[しまう](-)ボタンをクリックします。

しまうボタン

Dockにしまわれます。再度、ウィンドウを開きたいときは、Dockのアイコンをクリックします。

Windowsでいう最小化ですね。

Dock

タイトルバーをダブルクリック

Dockにしまうには、ウィンドウのタイトルバーをダブルクリックしてもいいです。

タイトルバー

このダブルクリックでしまう操作は、[システム環境設定]の[アピアランス]からオン、オフの切り替えができます。

macOS 11.0(Big Sur)では、システム環境設定の[Dockとメニューバー]で設定します。

アピアランスで外観に適用される色を設定

システム環境設定から、[アピアランス]をクリックします。 アピアランスの設定は、一度は開いて確認されることをおすすめします。 [システム環境 ...

続きを見る

Blogのタイトルバーをダブルクリックしてウィンドウをしまうを参照してください。

[ウィンドウ]メニューの[ウィンドウをしまう]

または、メニューバーの[ウィンドウ]から[しまう]または[ウィンドウをしまう]をクリックします。

メニューバー

ショートカットキーで[しまう]

ショートカットキーは、[command]+[M]です。

macキーボード[command]+[M]

一度にしまう

同じアプリケーションウィンドウを一度にしまうには、[option]キーを押しながら、[しまう]ボタン(-)をクリックします。

しまうボタン

一度にDockにしまわれます。

Dock

または、[option]キーを押しながらタイトルバーをダブルクリックします。

Mac OS X 10.6 (Snow Leopard) 以降は、ダブルクリックでしまう機能は既定でオフになっています。[アピアランス]で設定する必要があります。

参考Macには、[隠す]という機能もあります。

[しまう]の機能に似ていますが、[隠す]の場合は、同じアプリケーションのすべてのウィンドウが非表示になります。

以下の記事で解説しています。

アプリケーションウィンドウを隠す(非表示にする)

複数のアプリケーションを起動していると、デスクトップに多くのウィンドウが表示されて、操作がやりにくくなることがあります。 必要のないアプリケ ...

続きを見る

閉じる

ウィンドウ左上の[閉じる](×)ボタンをクリックします。

閉じるボタン

ウィンドウは消えます。でも、アプリケーションは終了していません。

ここがWindowsと異なるところです。

Dockの[iTunes]のアイコンの下には、▲のマークがついています。音も消えていません。

Dockのアイコンをクリックすると、開いていたときと同じウィンドウが表示されます。

Dock

終了

アプリケーションを終了させたい場合は、メニューバーの[iTunes]をクリックして、メニューの中から[iTunesを終了]をクリックします。

メニューバー

ショートカットキーは、[command]+[Q]です。アクティブアプリケーションを終了します。

macキーボード[command]+[Q]

または、Dockのアイコンで右クリックしてコンテキストメニューから[終了]をクリックします。

Dockのアイコンをみると、▲のマークは消えています。

Dock

参考macOS Catalina以降は、ウィンドウ2個を左右に分割表示ができます。

緑のボタンをクリックすると、フルスクリーン表示になります。

2つのウィンドウを分割表示(Split View)

緑のボタンのメニュー

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Mac 基本

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.