リンクユニット

Windows10 & Office2016 IME

IMEの郵便番号辞書の情報(いつのデータなのか)を確認するには

投稿日:2017年8月17日 更新日:

IMEには、郵便番号辞書が標準で組み込まれています。とても便利ですし、重宝しています。ですが、時々変換されないこともあって、いったいこの郵便番号のデータはいつの頃のかしらと思うことがあります。

IMEの郵便番号辞書の情報を確認する方法です。

IMEのショートカットメニューを表示

タスクバーのIME([あ]か[A])になっている箇所で右クリックします。

[追加辞書サービス]から[辞書の設定]をクリック

[追加辞書サービス]から[辞書の設定]をクリックします。
IMEで右クリック

参考もし、タスクバーのIMEが下のようになっていたら、メモ帳などの入力ができるアプリケーションを起動させてください。
IMEが無効

[Microsoft IMEの詳細設定]の[郵便番号辞書]を選択

[Microsoft IMEの詳細設定]ダイアログボックスが表示されます。[辞書/学習]タブの[システム辞書]から[郵便番号辞書]を選択します。

[辞書の情報]ボタンをクリック

そのまま[辞書の情報]ボタンをクリックします。
[Microsoft IMEの詳細設定]ダイアログボックス

[辞書の情報]で確認

下のように[辞書の情報]ウィンドウが表示されます。説明には、以下のように記されています。(2017/08/17 現在)
1年に1度は更新されているのかもしれません。

この辞書は、Microsoft(R) IMEの郵便番号辞書です。日本郵便株式会社から公開された平成28年9月30日更新版のデータをもとに作成されています。

[辞書の情報]ウィンドウ

注意郵便番号から住所に変換するときは、必ず日本語入力がオンの状態[あ]で入力します。直接入力[A]では、変換できませんからね。

また、IMEの郵便番号辞書は、Wordだけでなく、Excelなど他のアプリケーションでも変換することができます。
郵便番号に変換

もし、変換できない郵便番号があれば、日本郵便の郵便番号データダウンロードで確認してみてください。

関連Excelでは、郵便番号変換ウィザードという機能があります。以下のページで解説しています。IMEの郵便番号変換は1つずつですが、Excelの郵便番号変換ウィザードでは、まとめて一気に変換(生成)することができます。

郵便番号変換ウィザードアドインのインストールと設定方法

Excel2010用の郵便番号変換ウィザードですが、Excel2013、Excel2016でもインストールして使用することができます。郵便番 ...

続きを見る

Accessにも郵便番号から住所を自動入力する機能があります。

住所入力支援ウィザードを使って、郵便番号から住所を自動入力

Accessの住所入力支援機能を使うと、郵便番号を入力して、自動的に住所を入力することができます。郵便番号で変換できる住所までですが、入力の ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ウィザードによるボタン作成後の埋め込みマクロ

Accessでは、ウィザードを使用して簡単にボタンを作成することができます。これについては、ウィザードを使ったコマンドボタンの作成で解説して ...

最近使用したファイルに日付分類

Office2016を起動すると、まず左側に[最近使ったファイル]が表示されています。この最近使ったファイルが日付で分類されるようになりまし ...

名前を付けて保存を元の大きさに戻す

名前を付けて保存ダイアログボックスが画面いっぱいに広がってしまった時に、元の大きさに戻す方法を解説します。 Windows10のメモ帳をサン ...

透かしの挿入

Wordで下のような透かし文字や透かし画像を挿入する方法です。 [デザイン]タブの[透かし] 透かしを挿入したい文書を開いて、[デザイン]タ ...

出典元を引用文献として登録して、引用文献一覧を作成

論文や報告書を作成するときは、他人の著作物の内容の一部を引用したり、Webページから文献を引用したりすることがありますが、他人の著作物を引用 ...

-Windows10 & Office2016 IME

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.