Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 IME

IMEの郵便番号辞書の情報(いつのデータなのか)を確認するには

投稿日:2017年8月17日 更新日:

IMEには、郵便番号辞書が標準で組み込まれています。

とても便利ですし、重宝しています。

ですが、時々変換されないこともあって、いったいこの郵便番号のデータはいつの頃のかしらと思うことがあります。

IMEの郵便番号辞書の情報を確認する方法です。

IMEのショートカットメニューを表示

タスクバーのIME([あ]か[A])になっている箇所で右クリックします。

[追加辞書サービス]から[辞書の設定]をクリック

[追加辞書サービス]から[辞書の設定]をクリックします。

IMEで右クリック

参考もし、タスクバーのIMEが下のようになっていたら、メモ帳などの入力ができるアプリケーションを起動させてください。

IMEが無効

[Microsoft IMEの詳細設定]の[郵便番号辞書]を選択

[Microsoft IMEの詳細設定]ダイアログボックスが表示されます。

[辞書/学習]タブの[システム辞書]から[郵便番号辞書]を選択します。

[辞書の情報]ボタンをクリック

そのまま[辞書の情報]ボタンをクリックします。

[Microsoft IMEの詳細設定]ダイアログボックス

[辞書の情報]で確認

下のように[辞書の情報]ウィンドウが表示されます。

説明には、以下のように記されています。

(2017/08/17 現在)

1年に1度は更新されているのかもしれません。

この辞書は、Microsoft(R) IMEの郵便番号辞書です。

日本郵便株式会社から公開された平成28年9月30日更新版のデータをもとに作成されています。

[辞書の情報]ウィンドウ

注意郵便番号から住所に変換するときは、必ず日本語入力がオンの状態[あ]で入力します。

直接入力[A]では、変換できませんからね。

また、IMEの郵便番号辞書は、Wordだけでなく、Excelなど他のアプリケーションでも変換することができます。

郵便番号に変換

もし、変換できない郵便番号があれば、日本郵便の郵便番号データダウンロードで確認してみてください。

関連Excelでは、郵便番号変換ウィザードという機能があります。

以下のページで解説しています。

IMEの郵便番号変換は1つずつですが、Excelの郵便番号変換ウィザードでは、まとめて一気に変換(生成)することができます。

郵便番号変換ウィザードアドインのインストールと設定方法

Excel2010用の郵便番号変換ウィザードですが、Excel2013、Excel2016でもインストールして使用することができます。 郵便 ...

続きを見る

Accessにも郵便番号から住所を自動入力する機能があります。

住所入力支援ウィザードを使って、郵便番号から住所を自動入力

Accessの住所入力支援機能を使うと、郵便番号を入力して、自動的に住所を入力することができます。 郵便番号で変換できる住所までですが、入力 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 IME

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.