Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 IME2003

IMEの辞書を使う(変換モードと使い方)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

IMEでは、システム辞書を使う変換モードが決められています。

変換モードの確認

IMEのプロパティから、各辞書の変換モードを確認してみます。

IMEツールバーの[ツール]から[プロパティ]をクリックします。

[辞書/学習]タブをクリックします。例として[郵便番号辞書]を選択します。

郵便番号辞書を選択すると、下方に下のように記されています。

この辞書を使う変換モード

人名/地名

IMEスタンダードのプロパティ

変換モード一覧

各辞書を選択して確認すると、下のように表示されます。

  • 郵便番号辞書(人名/地名)
  • 単漢字辞書(人名/地名)
  • 話し言葉・顔文字辞書(話し言葉)
  • 人名地名辞書(人名/地名)

変換モードの使い方

では、実際の使い方です。Wordを起動させましょう。

郵便番号辞書を使いたいと思います。郵便番号辞書は、[人名/地名]ですね。

IMEツールバーの[般]の箇所でクリックします。メニューから[人名/地名]をクリックします。

言語バー 般

IMEツールバーは、[般]から[名]に変わります。

言語バー 名

郵便番号を入力して [スペースキー]か[変換キー]で変換してみましょう。

郵便番号入力

変換できましたね。

住所に変換

注意[カタカナ語英語]辞書などは [変換モード]が表示されません。

このように[変換モード]が表示されないものは チェックボックスを[オン]の状態にしなければ使用できません。

変換モードを切り替えずにシステム辞書を使うには、各システム辞書のチェックボックスをオンにします。

関連IMEのシステム辞書については、以下の記事で解説しています。

システム辞書は便利!(顔文字や郵便番号の変換も)

言語バーのシステム辞書にチェックを入れるだけで、郵便番号から住所に変換したり、顔文字も表示できるようになります。 システム辞書の設定 言語バ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 IME2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.