リンクユニット

Windows Xp & Office2003 IME2003

IMEの辞書を使う変換モードと使い方

投稿日:2017年1月7日 更新日:

IMEでは、システム辞書を使う変換モードが決められています。

変換モードの確認

IMEのプロパティから、各辞書の変換モードを確認してみます。

IMEツールバーの[ツール]から[プロパティ]をクリックします。
[辞書/学習]タブをクリックします。例として[郵便番号辞書]を選択します。

郵便番号辞書を選択すると、下方に下のように記されています。

この辞書を使う変換モード
人名/地名

IMEスタンダードのプロパティ

変換モード一覧

各辞書を選択して確認すると、下のように表示されます。

  • 郵便番号辞書(人名/地名)
  • 単漢字辞書(人名/地名)
  • 話し言葉・顔文字辞書(話し言葉)
  • 人名地名辞書(人名/地名)

変換モードの使い方

では、実際の使い方です。Wordを起動させましょう。
郵便番号辞書を使いたいと思います。郵便番号辞書は、[人名/地名]ですね。

IMEツールバーの[般]の箇所でクリックします。メニューから[人名/地名]をクリックします。
言語バー 般

IMEツールバーは、[般]から[名]に変わります。
言語バー 名

郵便番号を入力して [スペースキー]か[変換キー]で変換してみましょう。
郵便番号入力

変換できましたね。
住所に変換

注意[カタカナ語英語]辞書などは [変換モード]が表示されません。
このように[変換モード]が表示されないものは チェックボックスを[オン]の状態にしなければ使用できません。

変換モードを切り替えずにシステム辞書を使うには、各システム辞書のチェックボックスをオンにします。

関連IMEのシステム辞書については、以下の記事で解説しています。

言語バーのシステム辞書は便利だぞ!(顔文字も変換)

言語バーのシステム辞書にチェックを入れるだけで、郵便番号から住所に変換したり、顔文字も表示できるようになります。 システム辞書の設定 言語バ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

あと一行追加したい時は【余白の調整】か【行数を追加】

文書を作成したけど、一行だけ次ページに入ってしまったという経験はありませんか? そういうときは、余白で調整するか、ページの行数で調整すること ...

透かしの入れ方

文書の背景に透かしを入れてみましょう。 透かしダイアログボックスの表示 メニューバーの[書式]から[背景]→[透かし]をクリックしてください ...

選択範囲を拡大

プレゼンテーションや、プロジェクターを使って解説するときに便利な機能があります。 ズームボックスの選択範囲 たとえば下のように説明したい個所 ...

背景の挿入

PowerPointでネットから取り込んだ画像を背景に使いたいってことありますよね。 ですが、メニューバーの[書式]→[背景]→[塗りつぶし ...

ファイルが見つからない

ファイルがみつからなくて困ったということはないですか?Windowsの検索機能を使いましょう。 検索結果ウィンドウの表示 スタートメニューか ...

-Windows Xp & Office2003 IME2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.