リンクユニット

Mac Office for Mac

Print Friendly, PDF & Email

SmartArtグラフィックの挿入とデザインの変更

投稿日:

SmartArtを使うと簡単に情報を図解することができます。SmartArtグラフィックには、豊富なレイアウトがあり簡単にハイセンスな図表を作成することができます。

PowerPoint 2016 for Macで解説しますが、ExcelやWordでも同じように操作することができます。

SmartArtの種類

[挿入]タブの[SmartArt]をクリックします。8個のレイアウトの種類が表示されます。
SmartArtボタン

サブメニューをポイントすると、下のように多くのレイアウトが用意されています。
SmartArtの一覧のレイアウト

レイアウトの種類

8個のレイアウトの種類の中から目的にあったものを選択します。各サブメニューをポイントして、どういうレイアウトがあるか確認してみてください。

レイアウトの種類 目的
一覧 単独の連続性のない情報を並べて表示する。
手順  ステップを順を追って表示する。
循環  繰り返す、連続的なコンテンツを表示する。
階層構造  組織図などを作成する。
集合関係  関係性の図解に向いている。
マトリックス  全体と各部分の関係を表示する。
ピラミッド  三角形の図を表示して関係を表示する。
 図(画像)を使って内容を伝えたり、より分かりやすい図にする。

SmartArtグラフィックの挿入

ここでは、[循環]の中の[基本の循環]を選択します。サブメニューにある[基本の循環]をクリックします。
[循環]の[基本の循環]

下のように[SmartArtグラフィック]が挿入されます。
挿入されたSmartArtグラフィック

もし、グラフィックの左側に表示されるテキストウィンドウが表示されていない場合は、グラフィックの左上にある▶ボタンをクリックするか、または、リボンの[テキスト ウィンドウ]をクリックします。
テキストウィンドウの表示

テキストの入力

[SmartArtテキストウィンドウ]で各項目のテキストを入力します。項目が不要な場合は、その項目を選択した状態で[削除]ボタンをクリックします。[Delete]キーでも構いません。反対に、項目の追加が必要な場合は、[追加]ボタンをクリックします。
テキストの入力

項目のレベルを変更するには、[レベル上げ]、[レベル下げ]をクリックします。項目の順序を変更するには、[下へ移動]、[上へ移動]ボタンをクリックします。
矢印ボタンの名称

[テキストウィンドウ]での入力と編集が完了したら、[SmartArtグラフィック]以外の部分をクリックして、作成したSmartArtグラフィックを確定します。
SmartArtグラフィックの完成

SmartArtグラフィックのデザインの変更

デザインを変更するには、SmartArtグラフィックを選択して[SmartArtのデザイン]タブをクリックします。

色の変更

[SmartArtのデザイン]タブの[色の変更]ボタンをクリックします。さまざまな色のパターンが表示されますので、この中から選択してクリックします。スクロールバーで下へスクロールすると、もっと多くのパターンを確認することができます。
ここでは、[カラフル - 全アクセント]を選択します。
色の変更

スタイルの変更

[SmartArtのデザイン]タブの[スタイル]ボックスの下部中央にある▼ボタンをクリックします。スタイルの一覧が表示されます。ここでは、[細黒枠]を選択します。
スタイルの変更

レイアウトの変更

レイアウトを変更する場合は、[レイアウトの変更]ボタンをクリックして一覧を表示して、目的のレイアウトを選択します。ここでは、[ボックス循環]を選択します。
レイアウトの変更

下のように[SmartArtグラフィック]を簡単に変更することができます。
スタイルの変更後のSmartArtグラフィック

グラフィックのリセット

変更したデザインを元に戻したい場合は、グラフィックのリセットボタンをクリックします。
SmartArtグラフィックのリセット

注意以下の操作は、PowerPointのみの操作になります。

変換

作成した[SmartArtグラフィック]は、[図形]や[テキスト]に変換することができます。

図形に変換

[SmartArtのデザイン]タブの[変換]ボタンをクリックします。メニューの中の[図形に変換]をクリックします。参考[図形に変換]はExcelにもあります。
図形に変換

SmartArtグラフィックが、1つの図形になります。
図形に変換後

図形に変換すると、右クリックのショートカットメニューから[図として保存]することもできます。注意必ず、枠線上(図を選択した状態)で右クリックしてください。
図として保存

テキストに変換

[変換]ボタンの[テキストに変換]をクリックすると、
テキストに変換

箇条書きのテキストになります。
テキストに変換後

箇条書きをSmartArtに変換

また、PowerPointでは、箇条書きをボタン一つでSmartArtグラフィックに変換することができます。箇条書きのプレースホルダを選択して、[ホーム]タブの[SmartArtに変換]ボタンをクリックします。一覧の中から、目的のレイアウトをクリックします。
参考テキストボックスの箇条書きでも[SmartArtグラフィック]に変換することができます。
SmartArtに変換

容易に[SmartArtグラフィック]に変換することができます。
SmartArtに変換

関連Windows版でも、PowerPointのみが箇条書きをSmartArtグラフィックに変換することができます。

箇条書きをSmartArtに変換

PowerPoint独自の機能です。 WordやExcelでは、SmartArtを挿入して入力しますが、 PowerPointではプレースホ ...

続きを見る

管理人お勧めのテキストです。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

地図をスクリーンショットで簡単挿入

Office 2016 for Macには、スクリーンショットという機能があります。その機能を使って、PowerPointのスライドに簡単に ...

このMacについて

Lionのバージョンを確認する方法です。 ウィンドウの上右端にあるリンゴのボタンをクリックします。 アップルメニューが表示されます。 [この ...

インスペクタを開く

[option]キーを押しながら、メニューバーの[ファイル]をクリック。 そうすると、[インスペクタを表示]というメニューがある。 インスペ ...

メールの保存

受信したメールは、デスクトップなどへ保存することができる。 保存したい受信メールを選択する。 メニューバーの[ファイル]から、[別名で保存] ...

iCal(表示の変更)

iCalを起動 [日]表示 [日]表示に変更。 ウィンドウの下にある表示ボタンの[日]をクリック。 メニュバーの[表示]からでも変更できる。 ...

-Mac Office for Mac

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.