リンクユニット

Google検索

Windows Xp & Office2003 Excel2003

名前定義の活用

投稿日:2017年1月9日 更新日:

セル範囲に名前を付けると、関数内でセル範囲を参照する時などに利用できるようになります。

また、Excelの入力規則でリストを設定するときも便利です。

同じシートにリストを作成する場合は、セル範囲に名前を付ける必要はないのですが、別のシートのリストを参照したい場合は名前定義を使います。

ここでは、セル範囲に名前を付けて、それを入力規則のリストの元の範囲に利用する方法を解説します。

参考Excel2010以降は、別シートの参照範囲も設定できるようになりました。

データの入力規則(リストの参照範囲の設定)

Excel2010では、[データの入力規則]の設定で、[元の値]を参照する場合、別シートの範囲も設定できるようになりました。 Excel20 ...

続きを見る

範囲に名前を付ける

まず、[リスト]シートから、入力規則のリストにしたい範囲を選択します。

名前ボックスをクリックして名前を入力します。[Enter]キーで確定して、再度[Enter]キーを押します。

注意ここで[Enter]キーを2回押すことを忘れないでくださいね。

名前ボックス

これで名前ボックスの▼をクリックすると[担当者]がメニューに表示されるようになります。

[担当者]をクリックすると担当者の範囲が選択されます。

名前定義の確認

参考Excel2007以降であれば、右クリックのショートカットメニューから行うこともできます。以下の記事では[数式]タブから設定する方法も解説しています。

選択範囲から名前を自動生成

入力規則の設定

[受付]シート見出しをクリックして[受付]シートをアクティブにします。

入力規則を設定したい範囲を選択します。

メニューバーの[データ]から[入力規則]をクリックします。

データメニュー

[データの入力規則]ダイアログボックスが表示されます。設定タブの[入力値の種類]の▼ボタンをクリックして[リスト]を選択します。

[名前の貼り付け]ダイアログボックスを表示

[元の値]のテキストボックス内をクリックして、キーボードから[F3]を押します。

キーボード[F3]

[名前の貼り付け]ダイアログボックスが表示されます。

注意範囲に名前を付けていない場合は、[名前の貼り付け]ダイアログボックスは表示されません。

[名前の貼り付け]から、セル範囲に名前を付けた[担当者]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

名前の貼り付け

[データの入力規則]ダイアログボックスの[元の値]に[=担当者]と表示されます。

[OK]ボタンをクリックします。

参考このダイアログボックスの[空白を無視する]については、Blogの「データの入力規則」(空白を無視する)の意味で解説しています。

データの入力規則ダイアログボックス

これで入力規則は完成です。

設定したセルをアクティブにすると、プルダウンで名前を選択できるようになります。

入力規則の確認

名前を付けた範囲を修正

でも、担当者が増えてリストを増やしたい場合が出てきますね。

そういう場合、[リスト]シートで追加したい担当者の名前を入力します。

そして、メニュバーの[挿入]から[名前]をポイントして、サブメニューの[定義]をクリックします。

参考ショートカットキーは、[Ctrl]+[F3]です。

キーボード[Ctrl]+[F3]

挿入メニュー

[名前の定義]ボックスが表示されますので、範囲を変更したい[担当者]を選択すると参照範囲が表示されます。

参照範囲の右側の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。

名前の定義

セル範囲を修正します。

再度、[ダイアログボックスの拡大/縮小]ボタンをクリックします。

名前の定義 参照範囲

[名前の定義]ダイアログボックスに戻ります。参照範囲を確認します。

間違いがなければ[OK]ボタンをクリックします。

名前の定義 参照範囲の確認

これでリストを変更することができました。

リストの変更

参考名前の定義の参照範囲に数式を入力しておくと、なお便利です。

その方法については、以下のページで解説しています。Excel2007で解説していますが、方法は同じです。

範囲が可変する名前定義

縦横の範囲が可変する名前定義

VLOOKUPの参照範囲が可変する場合

リスト以外の値を入力

一時的にリスト以外の値を入力したい場合もあると思います。

エラー表示を非表示にするには[データの入力規則]ダイアログボックスを表示させて、[エラーメッセージ]タブの[無効なデータが入力されたらエラーメッセージを表示する]のチェックを外します。

そのほかの方法については、以下の記事に記しています。

入力規則(リスト以外のデータを入力したい)

データの入力規則 エラーメッセージ

この入力規則のリスト設定は、入力の手間が省けるのはもちろんですが、タイプミスを防ぐこともできます。

以下の記事では、簡単な方法を解説しています。

ドロップダウンリスト(プルダウンメニュー)は[入力規則]で作成

データの入力を簡単にするために、リストから選択して入力できるようにすることができます。 担当者や部署名など入力するデータが、決まっている場合 ...

続きを見る

関連セル範囲に名前を付けるだけで非常に便利に活用できるようになります。絞り込みを作成するときも便利です。

絞り込みについては、以下の記事で解説しています。

絞り込みリストの作成

Excelでは入力規則と関数を使って、リストの中から一つ選択すると、次のリストは前のリストに該当する内容の中からしか選択できないようにするこ ...

続きを見る

Excelの入力規則で絞込みリストを作成

Excel2010以降の入力規則に関する記事です。

入力規則のコピーと貼り付け

Excelの入力規則は、便利ですね。 ですが、この入力規則はコピー・貼り付けができるということは案外知られていないようです。 データの入力規 ...

続きを見る

入力規則のエラーメッセージと無効データのマーク

Excelの[データ]タブの[データの入力規則]のメニューの中に[無効データのマーク]というのがあります。 これは入力規則に設定した以外の値 ...

続きを見る

データの入力規則(リストの参照範囲の設定)

Excel2010では、[データの入力規則]の設定で、[元の値]を参照する場合、別シートの範囲も設定できるようになりました。 Excel20 ...

続きを見る

重複データの入力を入力規則で禁止するには

Excelで1つの列に重複した値を入力できないように規制する方法を紹介します。 Excel2013で解説しますが、他のバージョンも同じ方法で ...

続きを見る

行と列が交差するセルの値を求める

Excelで下のようなマトリックス表があって、このマトリックス表の行と列が交差する値を、関数を使って自動的に求める方法です。 早見表などでも ...

続きを見る

データの入力規則を使ってIMEの入力モードを自動切り替え

Excelでは、[入力規則]を使って入力時の日本語入力をオンにしたり、オフにしたりすることができます。 この設定を行っておくと、入力時にIM ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.