Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

ピボットテーブルの行や列の並べ替え

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのピボットで、行や列を並べ替えするときに知っておくと便利な機能があります。

下のようなピボットテーブルを作成しました。行ラベルは昇順にしています。
ピボットテーブル

行ラベル

行ラベルは常に下のような並びにしなければならないという場合、
並び

スポンサーリンク

手動でドラッグして並び替えることはできますが、面倒ですね。
ドラッグ

ユーザー設定リストに登録

ユーザー設定リストに以下の並びを登録しておくと便利です。
まず、ユーザー設定リストに登録したい並びを作成しておきます。
並び

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。
[Excelのオプション」の[詳細設定]を選択して、[ユーザー設定リストの編集]をクリックします。
詳細設定

インポートの左横にあるボタンをクリックします。
ユーザー設定リスト

先ほどの並びの範囲をドラッグして選択します。
またダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックします。
範囲選択

[インポート]ボタンをクリックします。リストの項目とユーザー設定リストにインポートした並びが追加されます。[OK]ボタンをクリックして閉じます。次も[OK]ボタンをクリック[Excelのオプション]して閉じます。
ユーザー設定リストでインポート

並べ替え

そして、昇順に並べ替えると、ユーザー設定リストに登録した並びになります。
ピボットテーブル

昇順に並べ替え

もし、上記設定で出来ない場合は以下の手順を行ってください。
行ラベルのプルダウンボタンをクリックして、[その他の並べ替えオプション]をクリックします。
並べ替えオプション

[その他のオプション]をクリックします。
並べ替えオプション-その他のオプション

[レポートが更新されるたびに自動的に並べ替える]のチェックボックスをオフにします。
[並べ替えの第1キー]から、登録したユーザーリストを選択して[OK]ボタンをクリックします。
ユーザー設定リストの選択

ユーザー設定リストへの登録はちょっと面倒かもしれませんが、一度設定しておくと後は楽になりますね。

おすすめの記事です。

お勧め記事と広告

関連記事

Wikipediaで検索

Word2013(SP1)では、[Wikipedia]で情報を検索できるようになっています。 下はSP1をインストールする前の[挿入]タブで ...

Wordの表で計算

Wordでも表のセルに簡単な数式や関数を入力して計算をすることができます。 [売上件数]の合計を求めたいと思います。 合計の隣のセルにカーソ ...

A列の文字列からB列の文字列を省くには

Excelで下のようにA列とB列に文字列が入力されていて、A列のセルからB列の文字列を抜いた文字列をC列のセルへ表示する方法です。SUBST ...

グループ化ができない

Wordで画像を挿入した後、図形を重ねて、それをグループ化しようとしてもグループ化ができないことがあります。下のように挿入した画像を選択して ...

削除済みアイテムフォルダーを空にする

Outlook2013で削除済みアイテムフォルダーを空にする方法です。 Outlookを終了するときに、空にするには、以下の手順を行います。 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.