リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

ピボットテーブルの行や列の並べ替え

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのピボットで、行や列を並べ替えするときに知っておくと便利な機能があります。ユーザー設定リストに登録したリストで並べ替えることもできます。

下のようなピボットテーブルを作成しました。行ラベルは昇順にしています。
ピボットテーブル

行ラベル

行ラベルは常に下のような並びにしなければならないという場合、
並び

手動でドラッグして並び替えることはできますが、面倒ですね。
ドラッグ

ユーザー設定リストに登録

ユーザー設定リストに以下の並びを登録しておくと便利です。
まず、ユーザー設定リストに登録したい並びを作成しておきます。
並び

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。
[Excelのオプション」の[詳細設定]を選択して、[ユーザー設定リストの編集]をクリックします。
詳細設定

インポートの左横にあるボタンをクリックします。
ユーザー設定リスト

先ほどの並びの範囲をドラッグして選択します。
またダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックします。
範囲選択

[インポート]ボタンをクリックします。リストの項目とユーザー設定リストにインポートした並びが追加されます。[OK]ボタンをクリックして閉じます。次も[OK]ボタンをクリック[Excelのオプション]して閉じます。
ユーザー設定リストでインポート

並べ替え

そして、昇順に並べ替えると、ユーザー設定リストに登録した並びになります。
ピボットテーブル

昇順に並べ替え

もし、上記設定で出来ない場合は以下の手順を行ってください。
行ラベルのプルダウンボタンをクリックして、[その他の並べ替えオプション]をクリックします。
並べ替えオプション

[その他のオプション]をクリックします。
並べ替えオプション-その他のオプション

[レポートが更新されるたびに自動的に並べ替える]のチェックボックスをオフにします。
[並べ替えの第1キー]から、登録したユーザーリストを選択して[OK]ボタンをクリックします。
ユーザー設定リストの選択

ユーザー設定リストへの登録はちょっと面倒かもしれませんが、一度設定しておくと後は楽になりますね。

関連以下は、ユーザー設定リストに関する記事です。

ユーザー設定リストの編集

オートフィルとは、連続性のあるデータを複数のセルに一括して入力する機能のことです。オートフィルでは、独自に作成したデータをユーザー設定リスト ...

続きを見る

関連以下は、ピボットテーブルに関するExcel2013で解説している記事です。他バージョンでもピボットテーブルに関する記事をアップしています。

スライサーでフィルター処理をすると列幅が既定に戻ってしまう

ピボットテーブルでは、列幅を調整してもフィルター処理などの操作をすると、また既定の列幅に戻ってしまします。更新しても列幅が自動に調整されない ...

続きを見る

累計はピボットテーブルで簡単に求められる

Excelで下のような表があって、日々の累計を求めるように指示を受けたとします。 下のように関数を使って求める方もいると思います。それでもい ...

続きを見る

おすすめピボットテーブルは簡単便利

Excel2013には、[挿入]タブに[おすすめピボットテーブル]というのがあります。 おすすめグラフと同じようにとても便利なものです。これ ...

続きを見る

ピボットテーブルで日付のグループ化ができない

Excelでピボットテーブルを作成して、日付フィールドで[月]ごとのグループ化をしようとしてもできないことがあります。これは、見た目は日付に ...

続きを見る

ピボットテーブルのフィルタリング

Excelでデータを抽出したり、絞り込みを行うために[データ]タブの[フィルター]をよく利用している方、またはテーブルを作成してフィルターコ ...

続きを見る

ピボットテーブルのレポートの接続とフィルターの接続

Excelのピボットテーブルやピボットグラフでは、スライサーを使用してフィルタリングすると視覚的に分かりやすく、とても便利です。 下の画像は ...

続きを見る

ピボットのアイテムの並べ替えはドラッグで

Excelのピボットデーブルで作成したフィールドのアイテムは、ドラッグで移動することができます。 下は、PowerPivotのテーブルです。 ...

続きを見る

ピボットテーブルで累計を求める

Excel2013のピボットテーブルで累計を求める方法です。 ピボットテーブルのレイアウトは、列に[機種]と[年]、行に[販売日]、値に[売 ...

続きを見る

ピボットテーブルで前年比を求める

Excel2013のピボットテーブルで下のような前年比を求める方法です。商品(A、B、C)ごとの2010年5月と2011年5月の売上を比較し ...

続きを見る

タイムラインの挿入

Excel2013の新機能です。タイムラインを使うと、日付のフィルター処理を対話式に実行することができます。 まず、Excel2013でピボ ...

続きを見る

フィールドのグループ化

Excel2013のピボットテーブルでフィールドのグループ化の操作です。 日付フィールドで[月]や[年]でグループ化するには、日付フィールド ...

続きを見る

おすすめのテキストです。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Excelを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

表の行の高さを詰めたい

Wordで表を作成後、表の行の高さを調整して文書の体裁を整えたいということがあります。でも、行の高さを縮めたいけど、思うように調整できないと ...

イメージコントロールに外部の画像ファイルを表示

Accessのフォームに画像を表示する方法としては、テーブルのデータ型で[添付ファイル]を選択するのが一番簡単ですが、イメージのコントロール ...

データベースをテーブルとその他のファイルに分割

Accessで作成したデータベースをテーブルとその他のファイルに分割する方法です。データベース分割ツールを使って簡単に作成できます。複数人で ...

Wordでグラフを作成

Wordでグラフを作成する方法です。 Word2007からの機能ですが、Word2013で解説します。 グラフの挿入 グラフを挿入したい位置 ...

[Ctrl]+[O]で[ファイルを開く]ダイアログボックスを開くには

Office2013では、開くダイアログボックスを開くためのショートカットキー[Ctrl]+[O]キーを押すと、[ファイルを開く]ダイアログ ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.