Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

ピボットテーブルの行や列の並べ替え

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのピボットで、行や列を並べ替えするときに知っておくと便利な機能があります。ユーザー設定リストに登録したリストで並べ替えることもできます。

下のようなピボットテーブルを作成しました。行ラベルは昇順にしています。
ピボットテーブル

行ラベル

行ラベルは常に下のような並びにしなければならないという場合、
並び

手動でドラッグして並び替えることはできますが、面倒ですね。
ドラッグ

ユーザー設定リストに登録

ユーザー設定リストに以下の並びを登録しておくと便利です。
まず、ユーザー設定リストに登録したい並びを作成しておきます。
並び

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。
[Excelのオプション」の[詳細設定]を選択して、[ユーザー設定リストの編集]をクリックします。
詳細設定

インポートの左横にあるボタンをクリックします。
ユーザー設定リスト

先ほどの並びの範囲をドラッグして選択します。
またダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックします。
範囲選択

[インポート]ボタンをクリックします。リストの項目とユーザー設定リストにインポートした並びが追加されます。[OK]ボタンをクリックして閉じます。次も[OK]ボタンをクリック[Excelのオプション]して閉じます。
ユーザー設定リストでインポート

並べ替え

そして、昇順に並べ替えると、ユーザー設定リストに登録した並びになります。
ピボットテーブル

昇順に並べ替え

もし、上記設定で出来ない場合は以下の手順を行ってください。
行ラベルのプルダウンボタンをクリックして、[その他の並べ替えオプション]をクリックします。
並べ替えオプション

[その他のオプション]をクリックします。
並べ替えオプション-その他のオプション

[レポートが更新されるたびに自動的に並べ替える]のチェックボックスをオフにします。
[並べ替えの第1キー]から、登録したユーザーリストを選択して[OK]ボタンをクリックします。
ユーザー設定リストの選択

ユーザー設定リストへの登録はちょっと面倒かもしれませんが、一度設定しておくと後は楽になりますね。

関連以下は、ユーザー設定リストに関する記事です。

ユーザー設定リストの編集

オートフィルとは、連続性のあるデータを複数のセルに一括して入力する機能のことです。オートフィルでは、独自に作成したデータをユーザー設定リスト ...

続きを見る

関連以下は、ピボットテーブルに関するExcel2013で解説している記事です。他バージョンでもピボットテーブルに関する記事をアップしています。

ピボットテーブルの列幅を固定するには

ピボットテーブルでは、列幅を調整してもフィルター処理などの操作をすると、また既定の列幅に戻ってしまします。更新しても列幅が自動に調整されない ...

続きを見る

累計はピボットテーブルで簡単に求められる

Excelで下のような表があって、日々の累計を求めるように指示を受けたとします。 下のように関数を使って求める方もいると思います。それでもい ...

続きを見る

おすすめピボットテーブルは簡単便利

Excel2013には、[挿入]タブに[おすすめピボットテーブル]というのがあります。 おすすめグラフと同じようにとても便利なものです。これ ...

続きを見る

ピボットテーブルで日付のグループ化ができない

Excelでピボットテーブルを作成して、日付フィールドで[月]ごとのグループ化をしようとしてもできないことがあります。これは、見た目は日付に ...

続きを見る

ピボットテーブルのフィルタリング

Excelでデータを抽出したり、絞り込みを行うために[データ]タブの[フィルター]をよく利用している方、またはテーブルを作成してフィルターコ ...

続きを見る

ピボットのレポートの接続とフィルターの接続

Excelのピボットテーブルやピボットグラフでスライサーを使用してフィルタリングすると便利です。 下の画像は、二つのピボットテーブルとピボッ ...

続きを見る

ピボットのアイテムの並べ替えはドラッグで

Excelのピボットデーブルで作成したフィールドのアイテムは、ドラッグで移動することができます。 下は、PowerPivotのテーブルです。 ...

続きを見る

ピボットテーブルで累計を求める

Excel2013のピボットテーブルで累計を求める方法です。 ピボットテーブルのレイアウトは、列に[機種]と[年]、行に[販売日]、値に[売 ...

続きを見る

ピボットテーブルで前年比を求める

Excel2013のピボットテーブルで下のような前年比を求める方法です。商品(A、B、C)ごとの2010年5月と2011年5月の売上を比較し ...

続きを見る

タイムラインの挿入

Excel2013の新機能です。タイムラインを使うと、日付のフィルター処理を対話式に実行することができます。 まず、Excel2013でピボ ...

続きを見る

フィールドのグループ化

Excel2013のピボットテーブルでフィールドのグループ化の操作です。 日付フィールドで[月]や[年]でグループ化するには、日付フィールド ...

続きを見る

おすすめのテキストです。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

アドセンス記事内広告1個

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

コンボボックスでレコードの抽出

Accessの分割フォームのデータシートビューには、Excelのフィルターと同じようにフィルタボタンがあり、Excelの操作と同じように様々 ...

フォームのフィルター実行後のデータをレポートへ

Accessのフォームでフィルターを実行した後、そのフィルターのデータをそのままレポートへ出力する方法です。 分割フォームの作成 テーブルや ...

A4用紙に大きな2文字を印刷

WordでA4用紙に大きな縦書き2文字を印刷して、貼り紙を作成したい時に役立つ方法です。 ページ設定 まず、ページ設定ををするため、「ページ ...

グラフのデータラベルの大きさを変更

Excel2013では、グラフのデータラベルの大きさをマウス操作で変更することができます。 ラベルの周りにある○(サイズハンドルボタン)にマ ...

シートからデータモデルへ追加

Excel2013には、POWERPIVOTというアドインが標準で組み込まれています。 POWERPIVOTタブを表示させよう このPOWE ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.