Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

円柱や円錐のグラフを作成するには

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013で、円柱や円錐グラフを挿入する方法です。

円錐グラフ

[グラフの挿入]ダイアログボックスの違い

Excel2013では、[グラフの挿入]から選択できるグラフの種類が大幅に減りました。

下はExcel2010の[グラフの挿入]ダイアログボックスです。

[縦棒]のカテゴリーでも19種類の中から選択することができました。

Excel2010のグラフの挿入ダイアログボックス

Excel2013では、[縦棒]の種類は7種類です。

困ったな、円柱や円錐のグラフはどうするのだろうと思ったのですが。

Excel2013のグラフの挿入

3-D集合縦棒を選択

Excel2013でも、円柱や円錐の集合縦棒グラフは作成することができます。

まず、グラフは、[すべてのグラフ]タブの[縦棒]から[3-D集合縦棒]を選択します。

3-D集合縦棒

データ系列の書式設定を表示

作成されたグラフの系列で右クリックして、ショートカットメニューから[データ系列の書式設定]をクリックします。

[データ系列の書式設定]は、系列をダブルクリックして表示させることもできます。

系列で右クリック

円柱や円錐を選択

[データ系列の書式設定]の[系列のオプション]にある[棒の形状]から[円柱]や[円錐]を選択します。

リアルタイムプレビューなので確定前に確認することができます。

リアルタイムプレビューとは、一覧の選択肢をポイントして、設定後の結果を確認できる機能のことです。

確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。

データ系列の書式設定

関連Excel2013では、グラフをプレビューして確定できるようになりました。

グラフをプレビューして確定、ポイントして拡大

Excel2013では、グラフの種類を決定する際、プレビューで確認しながら確定できるようになりました。 Excel2010の場合 Excel ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.