Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

Excelのテキストボックスでのタブ設定

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでテキストボックスを挿入した後、そのテキストボックス内の文字列にタブ設定をする方法です。

テキストボックスの挿入

[挿入]タブの[テキストボックス]の[横書きテキストボックス]をクリックして、
横書きテキストボックスの選択

下のようにテキストボックスを挿入しました。そして、4行の文字列を入力しています。この4行の文字列にタブの設定をします。
テキストボックスの挿入

[段落]ダイアログボックスの表示

文字列を選択して、右クリックします。そして、ショートカットメニューから[段落]をクリックします。
ショートカットメニューの段落

[段落]ダイアログボックスが表示されます。左下にある[タブとリーダー]ボタンをクリックします。
注意[タブとリーダー]となっていますが、リーダーの設定はできません。PowerPointも同じです。
PowerPoint2013もリーダーはない

PowerPoint2013もリーダーはない

PowerPointでは、前バージョンからリーダーの設定はできませんでした。 PowerPointでリーダーの設定はできない(PowerPo ...

続きを見る

段落ダイアログボックス

[タブ]ダイアログボックスで設定

[タブ]ダイアログボックスが表示されます。[タブ位置]に数値を入力します。数値の範囲は、0~142.24です。
タブダイアログボックス

ここでは、3㎝とします。そして、[設定]ボタンをクリックした後、[OK]ボタンをクリックします。配置は、既定の[左]のままにしています。
タブの設定

Tabキーでタブ設定

タブを設定したい位置にカーソルを置いて、キーボードから[Tab]キーを押します。続けて下の3行も同じようにTabキーでタブを設定します。
タブの設定

下のように左揃えのタブを設定できました。
左揃えタブの設定

右揃えの設定

一度設定した左揃えタブを右揃えに変更する方法です。文字列選択後、右クリックして、ショートカットメニューから[段落]をクリックします。[タブとリーダー]ボタンをクリックします。
段落ダイアログボックス

[タブ]ダイアログボックスが表示されます。先に設定したタブ位置の[3㎝]を選択して、今度は[配置]から[右]を選択して、[設定]ボタンをクリックします。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
配置で右を選択

右揃えに変更することができます。
右揃えタブに変更

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

分類項目の設定

Office2013でメッセージの分類項目に色をつけて割り当てる方法です。 分類項目で色分けをしておくと、目的のメールを探しやすくなりますし ...

ピボットテーブルで前年比を求める

Excel2013のピボットテーブルで下のような前年比を求める方法です。商品(A、B、C)ごとの2010年5月と2011年5月の売上を比較し ...

65000行以上のエクスポート

Access2013で7万行以上あるテーブルをExcelへエクスポートするマクロを作成しようとしました。 [作成]タブの[マクロ]から、[書 ...

累計はピボットテーブルで簡単に求められる

Excelで下のような表があって、日々の累計を求めるように指示を受けたとします。 下のように関数を使って求める方もいると思います。それでもい ...

ヒントのスタイル

コマンドをポイント(マウスを合わせる)すると表示されるヒントですが、便利だと思う方もいれば、邪魔だと思う方もいらっしゃるようです。 このヒン ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.