Windows Xp & Office2003 Excel2003

Print Friendly

ウィンドウ枠の固定

投稿日:

大きな表の場合、ワークシートをスクロールすると、上部や左の項目が見えなくなり分かりづらくなりますね。
こういうとき、[ウィンドウ枠の固定]のコマンドを使うと、項目など常に表示されるようになり便利です。

固定したい行の下の行のセル(あるいは行番号)、列なら固定したい右側の列のセル(あるいは列番号)を選択します。

下の表の場合、セルA4を選択します。
表
メニューバーの[ウィンドウ]から[ウィンドウ枠の固定]をクリックします。
ウィンドウメニュー
ワークシートをスクロールしても、項目の行は常に表示されるようになりました。
ウィンドウ枠の固定

スポンサーリンク

解除する場合は、再び メニューバーの[ウィンドウ]をクリックして、[ウィンドウ枠の解除]をクリックします。
ウインドウ枠固定の解除


Blogのウィンドウ枠の固定では、もっと詳しく解説しています。
注意点なども記載していますので、ぜひご参照ください。

お勧め記事と広告

関連記事

データの統合

複数の同じレイアウトの表の合計は串刺し計算が便利ですが、複数のブックやシートの表で、項目の数や位置が一致しない場合でも 1つのワークシートに ...

行と列の覚え方

Excelのワークシートは行と列でなりたっています。 行番号は1行~65,536行までです。 列番号はA列~IV列までの256列です。 Ex ...

言語バーのショートカットキー

キーボード106の場合です。 同時に押すキー 言語バーの状態 元(あ)に戻すには どちらかのキーを押す Shift 無変換 全角英数と半角英 ...

バージョンって?

[バージョンは何ですか?]と聞かれたことはないですか。 ちゃんと答えられるようにしておきましょう。 今 InternetExplorerを起 ...

重複したデータを削除してリスト作成

大きなリストの中から、重複データを探し出し削除する方法です。 下のような表があります。この中から重複するデータを一気に削除したいと思います。 ...

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.