Windows Xp & Office2003 Excel2003

ウィンドウ枠の固定

投稿日:

大きな表の場合、ワークシートをスクロールすると、上部や左の項目が見えなくなり分かりづらくなりますね。
こういうとき、[ウィンドウ枠の固定]のコマンドを使うと、項目など常に表示されるようになり便利です。

固定したい行の下の行のセル(あるいは行番号)、列なら固定したい右側の列のセル(あるいは列番号)を選択します。

下の表の場合、セルA4を選択します。
表
メニューバーの[ウィンドウ]から[ウィンドウ枠の固定]をクリックします。
ウィンドウメニュー
ワークシートをスクロールしても、項目の行は常に表示されるようになりました。
ウィンドウ枠の固定

スポンサーリンク

解除する場合は、再び メニューバーの[ウィンドウ]をクリックして、[ウィンドウ枠の解除]をクリックします。
ウインドウ枠固定の解除


Blogのウィンドウ枠の固定では、もっと詳しく解説しています。
注意点なども記載していますので、ぜひご参照ください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

マクロの作成

マクロって難しいそうだなぁと思っていませんか? 高度なマクロではなく、簡単にできるものから始めてみませんか? マクロの作成の方法です。 マク ...

印刷タイトルと改ページ

下のような小遣い帳があります。64行目まで続いています。 [印刷プレビュー]ボタンをクリックして印刷した時の状態を確認してみます。 印刷プレ ...

お気に入りのバックアップ

インターネットエクスプロラーの[お気に入り]は便利ですね。 でも 突然の障害で[お気に入り]に登録しておいたページを失くしてしまったというこ ...

拡張子の表示

ファイル名の後ろについている3文字の英数字のことです。 Windowsの初期設定では 拡張子を表示しないように設定されています。 ファイルを ...

部首アプレット

IMEツールバーには、読めない漢字を入力するためのツールがいろいろありますね。 部首アプレットもその中の一つです。 部首の画数をもとに漢字を ...

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.