Windows8 & Office2013 Excel2013

個人用マクロブックの作成

投稿日:

Excelでマクロを作成するときは、通常 作業中のブックに保存しますが、個人用マクロブックを作成すると、Excel起動時に常に起動されるので、どのブックでも使用できるようになります。個人用マクロブックは、Excel起動時に起動されますが、非表示となっているので意識することはありません。

[開発]タブの[マクロの記録]をクリックします。開発タブが表示されていない場合は、開発タブの表示を参照されてください。
マクロの記録

マクロの記録を使って保存する場合は、[マクロの保存先]で[個人用マクロブック]に切り替えます。[マクロ名]は、わかりやすい名前を付けておきます。
マクロの記録ダイアログボックス

ここでは、[Ctrl]+[Shift]+[*](テンキーの*を使用する場合は、Shiftキーは不要です)を押して、表全体を(アクティブセル領域)を選択した後、、Deleteキーを押して範囲選択を削除する動作を記録しました。
[記録終了]ボタンをクリックします。
記録終了

スポンサーリンク

[Alt]+[F11]を押してVBEを表示します。または、[Visual Basic]をクリックします。Visual Basic

下のようにPERSONAL.XLBが作成されて、コードが記録されているのがわかります。ここで編集することも可能です。右上の閉じるボタンでVBEを閉じます。
VBE

個人用マクロブックを保存する場合は、作成するために使用したブックは保存しなくていいですが、[個人用マクロブックの変更を保存しますか?]という以下のメッセージウィンドウでは、必ず[保存]をクリックします。
メッセージウィンドウ

新規ワークブックを起動して、 [開発]タブのマクロをクリックすると、
マクロ

下のようにマクロが表示されるので、実行ボタンを押すとマクロが動作します。便利になりました。
マクロダイアログボックス

それでも、もっとスマートに操作するために、クイックアクセスツールバーにマクロを登録しておくといいです。クイックアクセスツールバーの▼ボタンをクリックして、[その他のコマンド]をクリックします。
クイックアクセスツールバー

[Excelのオプション]の[クイックアクセスツールバー]が表示されます。[コマンドの選択]で[マクロ]を選択すると、個人用マクロブックが現れますので、選択して中央の[追加]ボタンをクリックします。右側にマクロが表示されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
Excelのオプション

クイックアクセスツールバーにマクロが追加されています。
※マクロをタブに表示することもできます。マクロをタブに登録するにはを参照してください。
クイックアクセスツールバー

また、PERSONAL.XLSBを表示したい場合は、[表示]タブから[再表示]をクリックします。
表示タブ

[ウィンドウの再表示]が表示されるので、[PERSONAL.XLSB]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
ウィンドウの再表示

[PERSONAL.XLSB]が表示されます。ここで編集することもできます。
PERSONAL.XLSB

閉じる前には、必ず[表示しない]をクリックしておいてください。そうしないと、次回から常にPERSONAL.XLSBが表示されるようになりますので、気を付けてください。
表示しない設定

マクロの記録ダイアログボックスも一度、[個人用マクロブック]を選択すると、以降はそのまま継承されますので、[作業中のブック]を選択し直しておいたほうがいいと思います。
マクロの記録ダイアログボックス

既存のマクロを個人用マクロブックとして保存する場合は、[名前を付けて保存]ダイアログボックスで、[ファイルの種類]から[Excelバイナリブック(*.xlsb)]を選択します。
そして、保存先は、以下を指定します。ファイル名は[PERSONAL]とします。
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\XLSTART
名前を付けて保存ダイアログボックス

マクロを他のブックで使用できるようにするには、アドインとして保存する方法もあります。
マクロをアドインにして他のブックで使用する

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

PowerPivotの更新はピボットテーブルの更新ボタンをクリックするだけ

PowerPivotからデータを取り込んで、ピボットテーブルを作成した場合、 データを更新するには、Excel2010では[PowerPiv ...

スライドにページ番号と総ページ数を挿入

PowerPointで各スライドに下のようにページ番号(スライド番号)と総ページ数(総スライド数)を挿入する方法です。 [表示]タブから[ス ...

数式の結果のみ貼り付け

Excelで下のような表があって、C列にはA列とB列の合計値を求める関数が入力されています。 数式で求めた値をそのまま保存したいということが ...

段組みの境界線

長い文章は段組みにすると、ページ数を少なくすることができます。 段組みにしたい範囲を選択して、[ページレイアウト]タブにある[段組み]から[ ...

送受信の間隔を設定する

Outlook2013で送受信の間隔を設定する方法です。 [送受信]タブの[送受信]グループにある[送受信グループ]から[送受信グループの定 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.