Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

マクロをアドインにして他のブックで使用する

投稿日:2017年1月7日 更新日:

面倒な作業であっても、少しでも効率よくミスがないように行いたいですね。作業を自動化するマクロを作成しても、マクロはそのブックでしか動作しません。そのマクロをアドインにすると、Excelに組み込むことができますし、他の人にも使ってもらえるようになります。

マクロの作成

Excelで表全体を選択するときによく使うショートカットキーが、[Ctrl]+[Shift]+[*](アクティブセル領域の選択)ですね。注意テンキーの[*]を使用する場合は、[Shift]キーは不要です。
表

ですが、業務の中で項目行はそのまま残して、項目行以外のデータのみの範囲を選択して、削除したりコピーしたりする作業が発生しました。それも、とても大きな範囲です。項目名はあっても、その列のすべてが空白であったりと面倒な表です。なので、項目行を除いた範囲を選択できるマクロを作成しました。
項目行を除いた範囲を選択

マクロの内容は以下の通りです。

Range("A1").CurrentRegion.Select
Selection.Offset(1).Select
Selection.Resize(Selection.Rows.Count - 1).Select
VBA

スポンサーリンク

マクロを実行すると、動作することを確認しました。でも、マクロは そのブックに依存しますね。毎回、そのマクロブックを開いてデータ貼り付けて・・・なんて作業はしたくないです。
マクロの実行

アドインの作成

作成したマクロを他のどのブックでも使用できるようにする方法です。アドインとして保存すると便利です。
[F12]キーを押して、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示します。
そして、[ファイルの種類]で[Excelアドイン(*.xlam)]を選択します。そうすると、自動的にMicrosoftのAddinsフォルダが保存先として開きます。
ファイル名は、マクロ名と同じ[項目行を除いて選択]として、[保存]ボタンをクリックします。
名前を付けて保存ダイアログボックス

その後、マクロを作成したブックは保存しないで閉じます。参考保存してもいいですが、保存しなくてOKです。

アドインの登録

新規ブックを起動します。[開発]タブの[アドイン]グループの[アドイン]をクリックします。[開発]タブが表示されていない場合は、開発タブの表示を参照してください。
開発タブのアドイン

[アドイン]の中に先ほど保存したアドイン[項目行を除いて選択]がありますので、チェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。
有効なアドイン一覧

クイックアクセスツールバーに登録

そして、クイックアクセスツールバーに、アドインを表示します。[クイックアクセスツールバーの設定]から[その他のコマンド]をクリックします。
クイックアクセスツールバー

[Excelのオプション]の[クイックアクセスツールバー]が表示されますので、[コマンドの選択]のプルダウンメニューから[マクロ]を選択します。そうすると、保存したアドインが表示されますので、[項目行を除いて選択]を選択して、中央の[追加]ボタンをクリックします。右側にボタンが追加されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
Excelのオプション

クイックアクセスツールバーにボタンが追加されています。ポイントすると、[項目行を除いて選択]と表示されます。
※マクロは、タブに登録することもできます。
クイックアクセスツールバーのマクロボタン

マクロをタブに登録するにはを参照してください。

マクロをタブに登録するには

Office2010では、タブのカスタマイズ(動画)できるようになりました。 非常に便利ですね。 Excelのマクロやアドインは、クイックア ...

続きを見る

これで、どのブックを開いても、項目行を除いて選択することができます。
参考どのブックでもマクロを使用するには、個人用マクロブックを作成する方法もあります。
個人用マクロブックの作成を参照してください。

個人用マクロブックの作成

Excelでマクロを作成するときは、通常 作業中のブックに保存しますが、個人用マクロブックを作成すると、Excel起動時に常に起動されるので ...

続きを見る

アドインの実行

アドインの配布

アドインは、マクロを配布する場合も便利です。共有フォルダにアドインを保存しておいて、各自のアドインフォルダへコピーしてもらうことで、他の人も使用することができるようになります。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\AddIns\

アドインの削除

アドインを削除する場合は、[開発]タブの[アドイン]グループの[アドイン]をクリックし一覧から削除したいアドインのチェックボックスをオフにします。そして、Excelを閉じて上記Addinsフォルダ内から削除します。
また、機能として無効にするだけであれば、[開発]タブの[アドイン]グループの[アドイン]をクリックし一覧からチェックボックスをオフにします。

お勧め記事と広告

関連記事

PowerView(パワービュー)

Excel2013では、[PowerView]という機能が追加されました。 どんなものだろうと何気に触っていたのですが、簡単に地図上にグラフ ...

Wordの表で計算

Wordでも表のセルに簡単な数式や関数を入力して計算をすることができます。 [売上件数]の合計を求めたいと思います。 合計の隣のセルにカーソ ...

個人情報のチェックはドキュメント検査で

Office2013にも、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。 [ファイル]タブをクリックして、 ...

PowerPointで画面を録画して編集や保存も可能

PowerPoint2013には、画面を録画する機能があります。録画した動画の編集や、動画のみを保存することもできます。 画面録画の方法 [ ...

表の行の高さを詰めたい

Wordで表を作成後、表の行の高さを調整して文書の体裁を整えたいということがあります。でも、行の高さを縮めたいけど、思うように調整できないと ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.