Windows8 & Office2013 Excel2013

ピボットテーブルで累計を求める

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013のピボットテーブルで累計を求める方法です。
ピボットテーブルのレイアウトは、列に[機種]と[年]、行に[販売日]、値に[売上額]となっています。

累計フィールド(売上額)の追加

累計フィールドを追加するために、[売上額]を[値]へドラッグします。
ピボットテーブル

ショートカットメニューから[累計]をクリック

追加した[合計/売上額2]のセルを選択して、右クリックします。ショートカットメニューから[計算の種類]-[累計]をクリックします。
計算の種類

[計算の種類(累計)]の[基準フィールド]で[販売日]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
[販売日]はグループ化をして月単位にしています。
計算の種類(累計)

スポンサーリンク

フィールド名の変更

フィールド名を[合計/売上額2]から[累計]に変更します。
フィールド名変更

右クリックで表示される[計算の種類]については、Microsoftの下のページを参照されてください。
求めたい計算が便利に求められるかもしれません。
ピボットテーブルの値フィールドにさまざまな計算を表示する - Excel


※以下はおまけの解説です。必要であれば、ご参照ください。

前年比の求め方

ピボットテーブルで前年比を求めるで紹介している方法で、前年比フィールドも追加できます。

前年比フィールド(売上額)の追加

前年比フィールドとなる[売上額]を[値]エリアへドラッグします。
※上記設定で値エリアにドラッグしたフィールド名は、[合計][累計]に変更しています。

ピボットテーブル

ショートカットメニューから[基準値に対する比率]をクリック

上記の累計を求めた方法と同じ手順です。新しく追加したフィールドで右クリックして、ショートカットメニューの[計算の種類]から[基準値に対する比率]を選択します。
※下の画像では、すでに「フィールド名」が「前年比」となっていますが、変更前は「合計/売上額」になっています。「累計」フィールドの右側のフィールドで右クリックです。
計算の種類

[基準フィールド]は[年]を選択します。[基準アイテム]は[(前の値)]にします。
基準フィールドの選択

フィールド名の変更

フィールド名「合計/売上額」は[前年比]に変更します。
ピボットテーブルに前年比を追加

前年比[100.00%]フィールドを非表示設定

前年比の[100.00%]のフィールドは不要なので、列を非表示にします。
ピボットテーブル完成

100%積み上げ縦棒(横棒)グラフにパーセンテージを表示する場合も、ピボットテーブルであれば簡単です。

100%積み上げグラフにパーセンテージを表示

Excelで100%積み上げ縦棒(横棒)グラフを作成したけど、データラベルにパーセンテージを表示できなくて困ったという経験がある方は多いと思 ...

続きを見る

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

選択した部分のみ印刷する

Internet Explorerで、印刷プレビューを表示すると、ウィンドウ上部のメニューは下のようになっています。(IE9、IE10、IE ...

ハイパーリンクの下線を消す

Excelで文字列にハイパーリンクの設定をすると、文字列に青い下線が表示されます。 ハイパーリンクの設定はそのままで、下線のみ表示しないよう ...

分類項目の設定

Office2013でメッセージの分類項目に色をつけて割り当てる方法です。 分類項目で色分けをしておくと、目的のメールを探しやすくなりますし ...

罫線なし罫線は便利

Wordの表には、[罫線なし]罫線というのがあります。これは知っておくと便利です。 たとえば、Word2013で下のような表を作成しました。 ...

条件付き書式で複数条件を結び付ける

Accessのフォームやレポートでは条件付き書式を設定することができます。 この条件付き書式で、複数の条件を満たされているかどうかを判定する ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.