Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

おすすめピボットテーブルは簡単便利

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013には、[挿入]タブに[おすすめピボットテーブル]というのがあります。
おすすめグラフと同じようにとても便利なものです。これまで、ピボットテーブルにあまり親しんで来なかった方でも、簡単に分析結果を求めることができると思います。

下のように作成した表があります。[挿入]タブの[おすすめピボットテーブル]をポイントします。
ポップヒントには、下のように記されています。

複雑なデータを簡潔にまとめるピボットテーブルのおすすめ候補を見たい場合は、このボタンをクリックします。お使いのデータに適したピボットテーブルが表示されます。

まさにその通りです!(^^)!
[おすすめピボットテーブル]をクリックします。
Excel表

自動的にデータが選択され、おすすめピボットテーブルが10個表示されます。目的にあったものがあれば、選択してクリックするだけです。便利になりましたねぇ!
おすすめピボットテーブル

上から3つ目のピボットテーブルをクリックして、プレビューで確認した後、ダブルクリックするか、[OK]ボタンをクリックします。
ピボットテーブルの選択

スポンサーリンク

すぐに新しいシートにピボットテーブルが作成されます。
行や列、値領域にフィールドを移動したりしなくてよいので効率的ですね。
ピボットテーブル

この後、グラフを作成したり、デザインしたりなどは、多少学習しないといけないかもしれませんが、どうぞ頑張ってください。ピボットテーブルは、分析ツールとしては最強ツールですから。
Excel2013では、PowerPivotというセルフBIツールも使用することができます。

また、ピボットテーブルを作成する際は、データソースにテーブルを適用しておくと、後々 便利です。
ピボットのデータはテーブルを適用しておくと便利

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成することもできます。

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成

Excel2013以降には、ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成できるコマンドがあります。ピボットテーブルの作成に慣れた方なら、グラ ...

続きを見る

お勧めのテキストです。

お勧め記事と広告

関連記事

新規文書が互換モードになる

Word2013で新規文書を開くと、いつも[互換モード]になるようになりました。 (環境はWindows7、Office2010とOffic ...

ページ指定印刷はページ番号で

Word2013でページ指定をして印刷する方法です。 作成した文書にページ番号を挿入します。 [挿入]タブにある[ヘッダーとフッター]グルー ...

PowerView

Excel2013では、[PowerView]という機能が追加されました。 どんなものだろうと何気に触っていたのですが、簡単に地図上にグラフ ...

Do Not Trackの有効/無効

IE10のインターネットオプションには、[常にDo Not Trackヘッダーを送信する]というチェック項目があります。 ウィンドウの右上に ...

PowerPivotウィンドウに数式列を追加する

Excel2013の[POWERPIVOT]タブにある[管理]ボタンをクリックして現れるウィンドウに数式列を追加する方法を紹介します。 下の ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.