リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

おすすめピボットテーブルは簡単便利

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013には、[挿入]タブに[おすすめピボットテーブル]というのがあります。
おすすめグラフと同じようにとても便利なものです。これまで、ピボットテーブルにあまり親しんで来なかった方でも、簡単に分析結果を求めることができると思います。

おすすめピボットテーブル

下のように作成した表があります。[挿入]タブの[おすすめピボットテーブル]をポイントします。
ポップヒントには、下のように記されています。

複雑なデータを簡潔にまとめるピボットテーブルのおすすめ候補を見たい場合は、このボタンをクリックします。お使いのデータに適したピボットテーブルが表示されます。

まさにその通りです!(^^)!
ピボットテーブルの元データとなるデータ内のセルをアクティブにします。そして、[おすすめピボットテーブル]をクリックします。
Excel表

自動的にデータが選択され、おすすめピボットテーブルが10個表示されます。目的にあったものがあれば、選択してクリックするだけです。便利になりましたねぇ!
おすすめピボットテーブル

プレビューで確認後ダブルクリック

上から3つ目のピボットテーブルをクリックして、プレビューで確認した後、ダブルクリックするか、[OK]ボタンをクリックします。
ピボットテーブルの選択

すぐに新しいシートにピボットテーブルが作成されます。
行や列、値領域にフィールドを移動したりしなくてよいので効率的ですね。
ピボットテーブル

この後、ピボットグラフを作成したり、レイアウトを変更するには、多少学習しないと思い描くような完成形はできないかもしれません。ピボットテーブルは、分析ツールとしては最強ツールですから、少しずつでも学習して身に着けていってください。

参考もし、ピボットテーブルが思うように作成できない場合は、元となっているデータ(表)に問題があるかもしれません。以下の記事を参考に原因を探ってみてください。ヒントになるものがあるかもしれません。

テーブルやピボットテーブルに変換する時の注意点

Excelのテーブルやピボットテーブルは、データベースとしての管理が簡単にできるようになる、とても便利な機能です。でも、既存の表をテーブルや ...

続きを見る

Excel2013では、PowerPivotというセルフBIツールも使用することができます。

また、ピボットテーブルを作成する際は、データソースにテーブルを適用しておくと、後々 便利です。

ピボットテーブルの元データにはテーブルを適用すると便利

ピボットテーブルを作成した後、ピボットテーブルの元データの範囲が変わると、その度に[オプション]タブの[データソースの変更]をクリックしてダ ...

続きを見る

ピボットテーブルのデータはテーブルを適用しておくと便利(Excel2013)

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成することもできます。

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成

Excel2013以降には、ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成できるコマンドがあります。ピボットテーブルの作成に慣れた方なら、グラ ...

続きを見る

アンケートもピボットテーブルを使うと、簡単に集計することができます。

アンケート結果はピボットテーブルで簡単集計

アンケートをとって、顧客満足度などの調査をすることがあると思います。アンケートをとった後は、集計しますね。その時、テーブルやピボットテーブル ...

続きを見る

関連以下は、Excel2013で解説しているピボットテーブルに関する記事です。

スライサーでフィルター処理をすると列幅が既定に戻ってしまう

ピボットテーブルでは、列幅を調整してもフィルター処理などの操作をすると、また既定の列幅に戻ってしまします。更新しても列幅が自動に調整されない ...

続きを見る

累計はピボットテーブルで簡単に求められる

Excelで下のような表があって、日々の累計を求めるように指示を受けたとします。 下のように関数を使って求める方もいると思います。それでもい ...

続きを見る

ピボットテーブルの行や列の並べ替え

Excelのピボットテーブルで、行や列を並べ替えするときに知っておくと便利な機能があります。ユーザー設定リストに登録したリストで並べ替えるこ ...

続きを見る

ピボットテーブルで日付のグループ化ができない

Excelでピボットテーブルを作成して、日付フィールドで[月]ごとのグループ化をしようとしてもできないことがあります。これは、見た目は日付に ...

続きを見る

ピボットテーブルのフィルタリング

Excelでデータを抽出したり、絞り込みを行うために[データ]タブの[フィルター]をよく利用している方、またはテーブルを作成してフィルターコ ...

続きを見る

ピボットテーブルのレポートの接続とフィルターの接続

Excelのピボットテーブルやピボットグラフでは、スライサーを使用してフィルタリングすると視覚的に分かりやすく、とても便利です。 下の画像は ...

続きを見る

ピボットテーブルのアイテムの並べ替えはドラッグで

Excelのピボットデーブルで作成したフィールドのアイテムは、ドラッグで移動することができます。 以下の画像は、PowerPivotのテーブ ...

続きを見る

ピボットテーブルで累計を求める

Excel2013のピボットテーブルで累計を求める方法です。 ピボットテーブルのレイアウトは、列に[機種]と[年]、行に[販売日]、値に[売 ...

続きを見る

ピボットテーブルで前年比を求める

Excel2013のピボットテーブルで下のような前年比を求める方法です。商品(A、B、C)ごとの2010年5月と2011年5月の売上を比較し ...

続きを見る

タイムラインの挿入

Excel2013の新機能です。タイムラインを使うと、日付のフィルター処理を対話式に実行することができます。 まず、Excel2013でピボ ...

続きを見る

ピボットテーブルのフィールドのグループ化

Excel2013のピボットテーブルでフィールドのグループ化の操作です。 [分析]タブの[フィールドのグループ化] 日付フィールドで[月]や ...

続きを見る

ピボットテーブルを学習するなら、お勧めのテキストです。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る


管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

A列の文字列からB列の文字列を省くには

Excelで下のようにA列とB列に文字列が入力されていて、A列のセルからB列の文字列を抜いた文字列をC列のセルへ表示する方法です。SUBST ...

PowerPivotの更新はピボットテーブルの更新ボタンをクリックするだけ

PowerPivotからデータを取り込んでピボットテーブルを作成した場合、データを更新するには、Excel2010では[PowerPivot ...

値によってテキストボックスの使用可と不可を切り替える

Accessのフォームで1つ目のコンボボックスで選択した値によって、次のテキストボックスの使用を有効にしたり、無効にしたりする方法です。 た ...

罫線なし罫線は便利

Wordの表には、[罫線なし]罫線というのがあります。これは知っておくと便利です。 たとえば、Word2013で下のような表を作成しました。 ...

2つのテーブルから数式フィールドを作成

Excelでデータモデルに追加したテーブルを使って数式フィールドを作成する方法です。 作成した3つの表があります。 下は4月の売上表です。 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.