Google検索

Windows Xp & Office2003 Excel2003

オートフォーマット(表に簡単書式設定)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelには簡単に表に書式を設定できる機能があります。

下の表にオートフォーマットを使って、書式を設定します。

表

オートフォーマットの表示

表内のセルをどこでもいいですから、クリックします。

メニューバーの[書式]から[オートフォーマット]をクリックします。

書式メニュー

[オートフォーマット]ダイアログボックスが表示されます。

サンプルの中から、好みの表の上でクリックして選択します。

[OK]ボタンをクリックします。

オートフォーマット

あっという間にできました。完成です。いろいろ試してみてくださいね。

表に書式設定

表に隣接しているデータがある場合

表に隣接しているデータがある場合、そのデータまでが表とみなされてしまいます。

表に隣接したセル

その場合は、あらかじめ表の部分(データ)のみを範囲選択してから行ってくださいね。

表の範囲選択

オートフォーマットのオプション

また、[オプション]ボタンをクリックすると、より細かい設定ができます。

[オプション]ボタンをクリックします。設定する書式の一覧が表示されます。

たとえば、元の表の[幅と高さ]はそのままにしておきたければ、[幅と高さ]のチェックを外して[OK]ボタンをクリックします。

オートフォーマット

オートフォーマットの解除

オートフォーマットの解除は、ダイアログボックスのサンプルの一覧から[書式削除]をクリックして[OK]ボタンをクリックします。

一番下にあります。

注意オートフォーマットの[書式削除]では、設定する前の書式も削除されますので気をつけてくださいね。

初めに書式を設定していて、その書式に戻りたい場合は、標準ツールバーの[元に戻す]ボタンで戻ったほうがいいですね。

書式削除

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.