リンクユニット

Windows7 & Office2010 Office2010

Backstage View

投稿日:2017年1月7日 更新日:

[ファイル]タブをクリックして表示される画面を[Backstage View]と呼びます。
ファイルを開く、保存する、印刷する、保存と送信などのファイル操作とオプションの設定ができます。

新規作成

[新規作成]です。テンプレートがたくさん並んでいます。画像はWord2010です。
backstageビュー

情報

[情報]です。ファイル名の下にファイルの保存場所が表示されています。右クリックするとショートカットメニューに[切り取り、コピー、貼り付け]があります。メールでファイルのパスを教える場合などに便利です。
情報

保存と送信

[保存と送信]です。[Webに保存]、[SharePointに保存]などがあります。
保存と送信

印刷

[印刷]です。画像はExcel2010です。非常に見やすいと思います。
Backstageビューの印刷画面はよく使う設定項目がまとめられれています。印刷設定、ページ設定、印刷プレビューの領域に別れています。
これまでは、各ダイアログボックスを別々に開いて設定しなければなりませんでした。
[ページ設定]ダイアログボックスや[プリンターのプロパティ]もここから表示することができるので、何かと便利です。
印刷

参考Backstage ビューを閉じる場合は、再度[ファイル]タブをクリックします。Backstage ビューを開く前に表示していたタブに切り替わります。

関連記事です。
Backstageビューとは

no image
Backstageビューとは

Office2010では、よく[バックステージビュー]という言葉を耳にされると思います。 [バックステージビューを開いて・・]と言われても、 ...

続きを見る

ExcelのBackstageビュー

Excel 2010 BackstageビューについてのMicrosoftの紹介ページです。 Backstageビューでは、ファイルを開く、 ...

続きを見る

開く時にBackstageを表示したくない

Office2013では、クイックアクセスツールバーの[開く]や[上書き保存]ボタンをクリックした時に、Backstageビューを表示しない ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

印刷設定はBackstageビューで

[ファイル]タブをクリックしてBackstageビューを表示します。左のメニューから[印刷]をクリックします。 右側に印刷プレビューが表示さ ...

古いアイテムの整理

古いアイテムの整理を行うと、アイテムは元の場所から保存フォルダーに移動されます。 古いアイテムの整理は既定で有効になっていて、古いアイテムの ...

ピボットテーブルのフィルター項目を各シートに分割(レポートフィルター ページの表示)

Excel2010のピボットテーブルで、Excel2003のときに使用していた[ページの表示]はどこだろうと探してしまいました。 [ページの ...

コネクタの再接続とは最短距離のポイントに自動的に再接続する機能

図形をコネクタで接続すると、コネクタのショートカットメニューに[コネクタの再接続]というコマンドがあります。これは、[図形間の最短距離にある ...

単語の登録の短縮よみ

IMEの単語の登録には、品詞を選択できるようになっています。 以前のIMEと同じですが その中に[短縮よみ]というのがあります。 この[短縮 ...

-Windows7 & Office2010 Office2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.