Windows 8 & Office 2013 Office 2013

個人情報や隠し情報のチェックは【ドキュメント検査】で

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Officeには、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。

Excelであれば、非表示の行や列、ワークシート、Wordなら変更履歴や隠し文字、PowerPointはノートの内容などをチェックして削除できます。

ドキュメント検査は、Office2007からの機能です。

ドキュメント、プレゼンテーション、ブックを検査して非表示のデータと個人情報を削除する - Office サポート(Microsoft)

参考Office2007以降、作成したファイルは簡単にPDF化できますが、その時も外へ出すファイルの場合は、[ドキュメント検査]で個人情報などはしっかりチェックされることをお勧めします。

ファイルをPDF形式で保存するには[名前を付けて保存]から

Word、Excel、PowerPointなどでは、名前を付けて保存する時にPDFファイルを作成することができます。 これは、Office2 ...

続きを見る

ドキュメント検査


ここでは例として、Wordで解説します。[ファイル]タブをクリックして、[情報]内容を表示します。

Backstageビューですね。

[問題のチェック]ボタンをクリックして、[ドキュメント検査]をクリックします。

ドキュメント検査

参考[問題のチェック]の中にある[アクセシビリティチェック]と[互換性チェック]については、以下の記事で解説しています。

アクセシビリティチェックの実行とエラーと警告の解決

Word、Excel、PowerPointにはファイルのアクセシビリティの問題を検出して解決するためのアクセシビリティチェック機能があります ...

続きを見る

新拡張子なのに[互換モード]と表示される(互換性チェックも解説)

Word2013で文書を開いてタイトルバーを見ると、拡張子は[.docx]なのに[互換モード]と表示されていることがあります。 これは、以前 ...

続きを見る

ドキュメント検査の実行

[ドキュメント検査]が表示されます。[検査]ボタンをクリックします。

ドキュメント検査

ドキュメント検査の内容

ドキュメント検査の内容は、アプリケーションによって異なります。

項目が多いので、一番下までスクロールして確認してください。

また、検査不要なものは、チェックをオフにします。

Word

Wordでは、変更履歴や隠し文字、ヘッダー、フッターなどの情報もチェックして削除できます。

一番下までスクロールして確認してください。

Word2013のドキュメント検査

隠し文字の印刷と表示/非表示

Wordには、[隠し文字]という機能があります。隠し文字の設定をすると、状態によって隠し文字列が非表示になります。また、設定によって、隠し文 ...

続きを見る

文の加筆・削除・訂正などの履歴を記録して校閲する[変更履歴の記録]

Wordには[変更履歴の記録]という文の加筆や削除、または訂正などの履歴を記録する[変更履歴の記録]という機能があります。 自分で推敲する場 ...

続きを見る

Excel

Excelでは、非表示の行や列、非表示のワークシートなどをチェックできます。

Excel2013ドキュメント検査

PowerPoint

PowerPointのドキュメント検査では、プレゼンテーションの全てのスライドのノートの内容を削除できます。

PowerPoint2013のドキュメント検査

ドキュメント検査でPowerPointのノート(発表者用メモ)を全て削除

PowerPointのスライドには、発表者用のメモを入力する[ノート]と呼ばれる領域があります。 活用している方も多いと思います。 発表者に ...

続きを見る

すべて削除

検査結果を確認して、下のようになって、ドキュメントのプロパティと個人情報を削除したい場合は、[すべて削除]ボタンをクリックします。

すべて削除

ドキュメントのプロパティと個人情報が削除され、下のようになります。

プロパティなどを開いて確認してみてください。

情報は消えていると思います。

ドキュメントのプロパティと個人情報が削除されました

情報を入力したい時

再度情報を書き込みたい場合は、作成者など必要事項を入力後、閉じる前に

作成者

[ドキュメント検査]の[これらの情報をファイルに保存できるようにする]をクリックします。

これらの情報をファイルに保存できるようにする

関連Office2010でも解説しています。Windowsのプロパティについても記しています。

非表示のデータや個人情報はドキュメント検査でチェックして一括削除

Office2010には、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。 Office2007からの機能で ...

続きを見る

Accessでの個人情報を削除する方法は以下の記事で解説しています。

データベースのプロパティから個人情報を削除

Accessのプロパティには、作成者、管理者、会社名などの個人情報を入力して登録しておくことができます。 [プロパティ]は一般に[属性]と呼 ...

続きを見る

プロパティのチェックについては、以下で記しています。

ファイルのプロパティ情報を削除する

ファイルのプロパティの情報を削除する方法がWindows 7から、ちょっと便利になっています。 プロパティの表示 ファイルで右クリックして、 ...

続きを見る

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Office 2013

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.