リンクユニット

Google検索

Windows8 & Office2013 Office2013

個人情報や隠し情報のチェックは【ドキュメント検査】で

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2013にも、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。Excelであれば、非表示の行や列、ワークシート、Wordなら変更履歴や隠し文字、PowerPointはノートの内容などをチェックして削除することができます。ドキュメント検査は、Office2007からの機能です。

ドキュメント検査

ここでは例として、Wordで解説します。[ファイル]タブをクリックして、[情報]内容を表示します。

Backstageビューですね。

[問題のチェック]ボタンをクリックして、[ドキュメント検査]をクリックします。

ドキュメント検査

ドキュメント検査の実行

[ドキュメント検査]が表示されます。[検査]ボタンをクリックします。

ドキュメント検査

ドキュメント検査の内容

ドキュメント検査の内容は、アプリケーションによって異なります。

PowerPointのドキュメント検査では、プレゼンテーションの全てのスライドのノートの内容を削除することができます。

PowerPointのノート(発表者用メモ)をドキュメント検査で全て削除

PowerPointのスライドには、発表者用のメモを入力する領域があります。 ノートと呼ばれる領域です。 活用している方も多いと思います。 ...

続きを見る

Wordでは、変更履歴や隠し文字などもチェックして削除することができます。

変更履歴の削除(Word2007)

隠し文字の印刷と表示/非表示

Wordには、[隠し文字]という機能があります。 隠し文字の設定 隠したい文字を選択して、[ホーム]タブの[フォント]グループにあるダイアロ ...

続きを見る

Excelでは、非表示の行や列、非表示のワークシートなどをチェックすることができます。

Excel2013ドキュメント検査

すべて削除

検査結果を確認して、下のようになって、ドキュメントのプロパティと個人情報を削除したい場合は、[すべて削除]ボタンをクリックします。

すべて削除

ドキュメントのプロパティと個人情報が削除され、下のようになります。

プロパティなどを開いて確認してみてください。

情報は消えていると思います。

ドキュメントのプロパティと個人情報が削除されました

情報を入力したい時

再度情報を書き込みたい場合は、作成者など必要事項を入力後、閉じる前に

作成者

[ドキュメント検査]の[これらの情報をファイルに保存できるようにする]をクリックします。

これらの情報をファイルに保存できるようにする

関連Office2010でも解説しています。Windowsのプロパティについても記しています。

ドキュメント検査

Office2010には、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。 Office2007からの機能で ...

続きを見る

Accessでの個人情報を削除する方法は以下の記事で解説しています。

データベースのプロパティから個人情報を削除

Accessのプロパティには、作成者、管理者、会社名などの個人情報を入力して登録しておくことができます。 [プロパティ]は一般に[属性]と呼 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Office2013

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.