Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Office2016

数式を手書きで挿入

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Office2016の新機能です。

Excel2016、PowerPoint2016、Word2016で手書きの数式を挿入することができます。

数式入力コントロール

各アプリケーションの共通の操作方法です。

[数式]の[インク数式]

[挿入]タブの[数式]の▼ボタンをクリックして、[インク数式]をクリックします。

数式コマンド

[数式入力コントロール]ウィンドウ

[数式入力コントロール]ウィンドウが表示されます。

ここへ手書きで入力します。

[数式入力コントロールウィンドウ]の下方には、[書き込み]、[消去]、[選択と修正]、[クリア]ボタンがあります。

これらのボタンを使って、編集します。

また、上部にはプレビュー領域がありますので、間違って認識されていないかを確認することができます。

数式入力コントロール

手書きの入力後に[挿入]

マウスでドラッグして分数を書くと、下のようになります。

プレビューで確認して間違いなければ、[挿入]ボタンをクリックします。

数式を手書き

数式ツール

下のように挿入され、リボンは[数式]ツールに切り替わります

ここでは、Word2016を使っています。

この数式ツールの使い方については、数式の挿入ボタンで少し解説していますので、合わせてご参照ください。

数式の挿入ボタン

Excel2010には、[数式の挿入]ボタンがあります。 人によっては、とっても嬉しい機能のようです。 これまで、数式を入力するには数式エデ ...

続きを見る

数式の挿入後

挿入した数式の右下の▼ボタンをクリックすると、下のようなメニューが表示されます。(Wordの場合)

以下は、[左揃え]にしたところです。

数式のメニュー

注意気がついたことですが、数字の[7]は、右のように書かないと認識されません。

7の入力

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。

以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも長い時間を経て、大きく様変わりしてきました。 トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すと ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Office2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.