Windows10 & Office2016 Office2016

数式を手書きで挿入

投稿日:

Office2016の新機能です。Excel2016、PowerPoint2016、Word2016で手書きの数式を挿入できます。共通の操作方法です。[挿入]タブの[数式]の▼ボタンをクリックして、[インク数式]をクリックします。
数式コマンド

[数式入力コントロール]ウィンドウが表示されます。ここへ手書きで入力します。
数式入力コントロール
スポンサーリンク

マウスでドラッグして分数を書くと、下のようになります。プレビューで確認して間違いなければ、[挿入]ボタンをクリックします。
数式を手書き

下のように挿入され、リボンは[数式]ツールに切り替わります。ここでは、Word2016を使っています。この数式ツールの使い方については、数式の挿入ボタンで少し解説していますので、合わせてご参照ください。
数式の挿入後

挿入した数式の右下の▼ボタンをクリックすると、下のようなメニューが表示されます。下は、左揃えにしたところです。
数式のメニュー

気がついたことですが、7は、右のように書かないと認識されません。
7の入力

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

Excel2016のおすすめグラフ

Excel2013から追加された機能に、「おすすめグラフ」というのがあります。集合縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフも数回のクリックで作成 ...

差し込み印刷用のデータを作成

Excelで住所録を作成される方は多いと思います。しかし、その住所録はExcelにデータとして認識されているでしょうか?例えば、Wordの差 ...

ペイントでサイズ変更

Windows10のペイントを使って、写真のサイズを小さくする方法です。 まず、検索ボックスを使ってペイントを起動します。 タスクバーの[W ...

テキストボックス作成時にラベルを作成したくない

Accessのフォームのデザインビューでテキストボックスを作成すると、自動的にラベルも作成されてしまいます。これは、意外と面倒に思っていらっ ...

マクロビルダーで埋め込みマクロを作成

Accessで作成済みのフォームをボタンをクリックして開くようにする方法です。ここでは、埋め込みマクロで設定する方法を紹介します。 ボタンの ...

-Windows10 & Office2016 Office2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.