Windows 10 & Office 2016 Office 2016

Office操作でのコマンドの実行(作業状況や自分に合った方法で操作)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Microsoft Office(WordやExcelなど)で作業を進めるにはコマンドを実行しなければなりません。

そのコマンドを実行する方法は、Office2007以降のバージョンでは以下のとおりです。

  • リボン
  • ミニツールバー
  • クイックアクセスツールバー
  • バックステージビュー
  • ショートカットメニュー
  • ショートカットキー

作業状況や自分に合った方法で操作してください。

コマンドを実行する前に範囲選択することもありますが、範囲選択は「これからここへコマンドを出しますよ」という準備だと思ってください。

また、コマンドを実行する時のカーソルの位置も重要になることがあります。

画像はすべてWord2016です。

リボン

リボンは、Office2007から登場して、ユーザーインターフェースが大きく変わりました。

Word2016では、以下のタブが既定で表示されています。

  • ファイル
  • ホーム
  • 挿入
  • デザイン
  • レイアウト
  • 参考資料
  • 差し込み文書
  • 校閲
  • 表示
  • ヘルプ

リボン

選択したオブジェクト(画像や表、図形など)を選択すると、そのオブジェクトに対応したタブが表示されるようになっています。

以下は、図形を挿入して選択しているときのリボンです。

図形を選択しているときのリボン

リボンの構成

リボンは、[タブ]と[グループ]と[コマンド]の構成になっています。

リボンの構成

リボンの表示/非表示

リボンは、既定では非表示になっているものもあります。オプションダイアログボックスで表示/非表示ができます。

[開発]タブやは既定ではオフになっています。必要であれば、チェックボックスをオンにして表示します。

[開発]タブの表示とマクロのセキュリティ設定

Office2010から[開発]タブを表示する方法が変わりました。 Office2010以降は[オプション]ダイアログボックスの[リボンのユ ...

続きを見る

Wordでもマクロを作成できます。

Wordの記録マクロの使い方(操作手順をマクロに記録して実行する)

Wordでは、操作手順をマクロに記録することができます。 [マクロの記録]操作を実行するには、まず[開発]タブを表示させます。 [表示]タブ ...

続きを見る

リボンの折りたたみ

リボンを折りたたむ方法は以下の記事で解説しています。

Office2010までは[最小化]という表現でしたが、Office2013から[折りたたむ]という表現に変わりました。

リボンの最小化(Office2007)

リボンの表示と非表示(表示オプションの使い方)

Office2013には、ウィンドウ右上に[リボンの表示オプション]というボタンがあります。 ウィンドウの[最小化]ボタンの左側にあります。 ...

続きを見る

ミニツールバー

ドラッグや、右クリックしたときに表示されます。

リボンまで移動せずに書式設定を行うことができます。

ミニツールバー

表のミニツールバーに[挿入]と[削除]のコマンドが追加

Word2013では、文字列を選択した時や、表内で右クリックして時に表示されるミニツールバーに[挿入]と[削除]のコマンドが追加されました。 ...

続きを見る

ミニツールバーは、非表示にすることもできますが、右クリック時のミニツールバーは非表示にできません。

ミニツールバーの非表示設定(右クリック時は表示される)

ミニツールバーとは、小さいコマンドボタンが集まったもので、文字列を範囲選択したり、右クリックした時に上部に表示されます。 ミニツールバーでは ...

続きを見る

クイックアクセスツールバー

リボンの左上にあって、タブを切り替えずにコマンドを実行することができます。

頻繁に使用するコマンドを登録しておくと便利です。

クイックアクセスツールバー

リボンにはない便利な機能を追加して、使用することができます。

読み取り専用のオン/オフが簡単にできるコマンドボタンの使い方

Excelブックを複数人で使用する場合、誰かがブックを開いていると、読み取り専用で開くことになります。今、編集したいのに使用中のブックを閉じ ...

続きを見る

旧バージョンで使用していた機能もクイックアクセスツールバーに追加して使用できるようになります。

[フォーム]を使用するにはクイックアクセスツールバーに登録

Excel2003のときは、[データ]メニューの[フォーム]から起動できたフォームですが、Excel2010では[データ]タブの中に見つけら ...

続きを見る

旧バージョンの印刷プレビュー(全画面表示)を使うには

Excelで旧スタイルの印刷プレビューを使用したいという場合の方法です。 Backstageビューではなく、全画面に表示される印刷プレビュー ...

続きを見る

バックステージビュー

[ファイル]タブをクリックしたときに表示されます。

[ファイル]タブには、他のタブは表示されません。(Office2010までは表示されます)

ファイルの情報やファイル全体を管理するコマンドがあります。

Backstage View(バックステージビュー)のコマンドと操作

[ファイル]タブをクリックして表示される画面を[Backstage View](バックステージビュー)と呼びます。 ファイルを開く、保存する ...

続きを見る

[開く]タブに表示する[最近使ったアイテム]数などをカスタマイズ

Office2016を起動して、[開く]ボタンをクリックすると、右側に[最近使ったアイテム]が表示されます。 この最近使ったアイテムは、日付 ...

続きを見る

バックステージビュー

ショートカットメニュー

右クリックしたときに表示されるメニューです。

困った時の右クリックですね。

右クリックすると、思わぬメニューに出会って助かることがあります。

ショートカットメニュー

ショートカットメニューの[スマート検索]については、以下で解説しています。

スマート検索(選択した語句で素早く検索結果を表示)

Office2016の新機能です。 [校閲]タブの[インサイト]グループに[スマート検索]というボタンがあります。 ポップヒントには、以下の ...

続きを見る

最新バージョンでは、ショートカットメニューに[メニューの検索]が表示されるようになっています。

最新バージョンでは右クリックのショートカットメニューに[メニューの検索]

ショートカットメニューの[メニューの検索]

ショートカットキー

キーボードから操作します。

キーボード

リボンのコマンドをポイントしたときに表示されることがあります。

下線のショートカットキーは、[Ctrl]+[U]ということですね。

ポップヒント

ヒントのスタイルについては、以下の記事で解説しています。設定によっては、非表示になります。

ヒントの表示/非表示はオプションの[ヒントのスタイル]で変更

コマンドをポイント(マウスを合わせる)すると表示されるヒントですが、便利だと思う方もいれば、邪魔だと思う方もいらっしゃるようです。 このヒン ...

続きを見る

また、3つのキーを操作するようなショートカットキーもありますが、Windowsの設定で1つずつ押して操作を実行できるようにすることもできます。

ショートカットキーを1つずつ押して操作を実行(固定キー機能を使用)

ショートカットキーとは、キーボードから複数のキーを同時に押して操作を実行できる機能のことです。 入力中にマウスに持ち替える必要がなく、効率よ ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

Profile

執筆者/はま

Ad

-Windows 10 & Office 2016 Office 2016

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.